数多くのバラエティー番組のMCを務める明石家さんまさん。70年代お笑いブームから40年以上もの間、日本のお笑い界を盛り上げ続けてきた国民的お笑いスターのひとりとして老若男女問わず人気を博しています。

昨年めでたく還暦を迎え、60歳を過ぎてもトークは衰えることなく、合コンで出会った20代美女とパパラッチされるなど、何かと話題の絶えない”さんま”さん。

11月26日放送の誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!」(日本テレビ系)で、さんまさんの知られざる素顔が明かされました。

番組は「共演NGと噂される人物」のひとりとして、元アイドルの田村英里子さんがスタジオに登場したり、「ファンから写真を頼まれたら断れない」など、多くの都市伝説を持つ”さんま”さんにロングインタビューを敢行。

芸能界だけではなく、一般人から寄せられた”さんま”さんの知られざるエピソードや一緒に撮影した写真などが数多く紹介されました。

あのヒトの話題が!

番組の最後の方で、芸能界を引退した島田紳助さんへの思いが明かされました。インタビューの質問内容は、後輩芸人・東野幸治さんからのぶっちゃけた質問でした。

番組スタッフが「島田紳助さんをどう思っているのか?」というシリアスな質問に、さんまさんはこう答えました。

紳助さんをどう思っているのか?

「ぶっちゃけた話をすると、さんまのまんまを2年延ばしたのは、紳助が帰ってくると思ったから」

出典11月26日放送「誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!」(日本テレビ系)

この発言に会場がどよめきました。惜しくも今年の9月末をもってレギュラー放送終了となった、さんまさんの冠番組「さんまのまんま」(フジテレビ系)。この番組が終了する理由について、さんまさんはこれまで真相を明かさず、マスコミやネットでさまざまな憶測が囁かれ話題となっていました。

自身のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(毎日放送)で、「制作費が出ない。俺のギャラが高くて、がんばったけど下げきれずといった感じ...」とコメント。

正直これも理由の1つではあるとは思いますが、真相は闇の中...。ですが、放送終了延期となったのが、紳助さん復帰を待ち望み、2年間延長したという真実が明かされるとは。

紳助が帰るところ最初ココやなと思ってたから・・・

「芸能界に帰ってくると思ってたから。1年くらいしたら帰ってくると思ってた。紳助が帰るところ最初ココやなと、思ってたから2年がんばってやりましたけど。

・・・帰ってこないと思うし、紳助とは気持ちや意見が違うと思う」

出典11月26日放送「誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!」(日本テレビ系)

島田紳助さんといえば、2011年8月23日、『開運!なんでも鑑定団』の放送終了直後に突如引退宣言され、その後一切テレビ出演しないまま5年もの月日が経ちました。

紳助さんは、当時引退に関して真剣に悩み、芸能界で親しい先輩たちに相談をしたといいます。この時、「慰めてくれたり本気で叱ってくれた人の優しさを思いだした...」として、涙の記者会見が印象的でした。また、引退は以前から別の理由で考えていた、とも述べていました。

18歳で吉本に入った同期。苦楽を共にしてきた仲

さんまさんと紳助さんは、18歳の時ともに吉本興業へ入社した同期。駆け出しの頃はふたりでデパートの屋上や市民プールなどで営業をし、苦楽を共にした仲。ふたりの関係は紳助さんが引退するまでの40年にも及び、紳助さんが辛い時や悲しい時、泣きながら”さんま”さんに電話をしてきたというエピソードもあります。

紳助さん引退直後のさんまのエピソード

「さんまさんは、紳助さんが引退した直後、マスコミに対し、"おかげで仕事が増える。復帰してほしくないわ"と話すなど、笑いのネタにしていました。しかし、これは、さんまさん流の紳助さんへのエール。

その後、関西ローカルのラジオ番組では、米スポーツ界の引退選手の復帰を引き合いに、"紳助だって帰ってきたっていいんですよ"と、しみじみと話しているんです」(放送作家)

出典 http://taishu.jp

私たちがテレビで知る限りの”さんま”さんは、いつも明るく何でもギャグにしてしまうようなキャラですが、同期の紳助さんを誰よりも心配し、復帰を待ち望んでいたのは”さんま”さんだったようです。

紳助のことは「俺に任せてくれ。信じてくれ」

「2年前の紳助の引退会見の直後に、吉本興業の大﨑洋社長が、さんまさんを料亭に呼び出したそうです。そこで、さんまさんは紳助さんのことを、すごく心配していたんです。

"あいつはちゃんと目標があるのか、この先どうするのか、生きることに疲れてしまったのか"と。そして、最後に大﨑社長が"どうしたらいいだろうか?"と相談したところ、さんまさんはじっくりと考えた末に、"(紳助のことは)俺に任せてくれ。信じてくれ"と力強くいい切ったそうです」

出典 http://taishu.jp

吉本興業の社長と”さんま”さんとは互いに信頼関係で結ばれているようです。そんなふたりが、紳助さんが芸能界引退について悩んでいる頃から真剣に今後の事を話し合っていたようです。

社長の相談に、「俺に任せてくれ。信じてくれ」と力強い言葉を返したさんまさん。社長にとって、とても心強いひと言だったでしょう。

紳助さんと最近会ってますか?

話は、26日放送の「誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!」に戻ります。

番組スタッフが、「最近(紳助さんと)会ってますか?」との質問に、「ぜんぜん会ってない」。紳助さん引退以来5年間会っていない、と答えていました。

紳助さんはどんな存在ですか?

「同期で・・・お互い認め合いながら・・・けなし合いながらこれたのが幸せやった。1年後に”さんまのまんま”で受け入れようと段取りしてたけど、意見食い違ったのは事実。

紳助は、番組観てるんや。俺のこと、”あいつホンマに頭おかしい”っていってたわ(笑)」

出典11月26日放送「誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!」(日本テレビ系)

「芸能界には帰ってこないだろう・・・」と語る”さんま”さんは、紳助さんとのこれまでの思い出をしみじみと振り返るように、言葉を選びながら応えていました。

誰も知らなかった「さんまのまんま」終了延長の真相や、さんまさんが紳助さんの復帰を待ち望んでいたことが分かり、アンジャッシュの渡部健さんは「鳥肌もの」だと感動。

Twitterの反応は?

泣けましたね・・・

5年も会わなかったことはない

これまで紳助さんと「5年も会わなかったことはない」、と”さんま”さん。辛い時は必ず紳助さんの方から電話をしてくるほど固い絆で結ばれた同期のふたり。紳助さんに対する思いは、特別だと誰もが感じたことでしょう。

「帰ってこないと思う」と語る”さんま”さんの本音は、いつかは帰ってきてほしい...という願望を捨て切れずにいるのではないでしょうか。芸能界を引退して早5年。紳助さんが”さんま”さんの番組をいつも観てくれることを感じながら、明るく笑い飛ばす”さんま”さんがとても素敵に見えました。

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス