一向に改善の兆しを見せない待機児童問題

近年、深刻な社会問題として取り上げられることの多い待機児童問題
特に、人口の多い首都圏ではその問題は深刻で、子供を保育園に預けることができないために、母親が仕事を辞めざるを得ない状況に陥ってしまうケースも少なくないと言います。

そんな状況も相まって”保活”なる言葉まで誕生し、多くのママさんたちが、出産前から保育園探しに奔走させられていたり、保育園の入所に有利とされる4月生まれを狙い妊活をするという話も珍しくはありません。

待機児童の問題は数年前から深刻な問題として認識はされているものの、保育所の建設に反対する声は止まず、保育士の不足にも歯止めがかからない状況で、一向に改善の兆しを見せていないといっても過言ではありません。

そんな中、京都市が公開した動画が話題に

そんな状況が続く中、京都市が”待機児童ゼロ”をPRする動画を公開しました。

出典 https://www.youtube.com

京都を意識してでしょうか、能面のようなメイクをしたダンサーと、園児たちがダンスをしているこの動画。

出典 https://www.youtube.com

和モダンな曲調に合わせて、「待機してない」「保育園があ、充実~」「ひとりも待機してないよ」「しかも保育士充実」「みんな仲良く通ってるう」と歌われています。

動画全編はこちらをご覧ください。

出典 YouTube

京都市といえば、言わずと知れた西日本を代表する都市です。

また、公立小学校が私立校並みの教育水準を誇っていることもあり、我が子を京都市内の小学校に進学させようと、近隣府県から、わざわざ就学前に引っ越してくるという家庭も少なくない程、子育て面では西日本屈指の人気を誇っています。

そんな京都市が、待機児童ゼロを実現できているとは「立派だなあ。」というのが率直な感想ではないかと思いますが、実はこれには大きなカラクリが隠されているというのです!

京都市の”待機児童ゼロ”に隠されたカラクリとは…

実は、
・自治体に指定された園が遠くて通園が困難なために入園を拒否
・兄弟で同じ施設に通うことができず、通園させることが困難なために入園を拒否

・両親のどちらかが次子の育休を取得中
・保護者が求職活動を中止
などの場合は、例え保育園に入れなくても国が定義する”待機児童”には当てはならないとされるため、待機児童数からは除外されます。

そういった事情で保育園に入所できない子供たちは”潜在的待機児童”と呼ばれ、表面上の統計では明らかにされない問題として、最近注目を集めています。

統計を見ただけでは気づくことができない潜在的待機児童の数は、全国で6万7,000人超にものぼると言われています。

実は、この動画を作成した京都市にも500人を超す潜在的待機児童が存在しており、市の広報も

潜在的待機児童がいることは把握しているが、国が定める定義のもとで達成した”待機児童ゼロ”をアピールしたかった。

出典「 とくダネ!」(フジテレビ系・11月25日放送)

と、その存在を認めるコメントを発表しています。

動画に寄せられた賛否

潜在的待機児童の問題から目を背け、”待機児童ゼロ”を大々的にアピールした京都市のPR動画には、多くの批判的な意見が寄せられる事態となっています。

実際に多く存在する潜在的待機児童を抱えるママたちは、自分たちの存在が”無視されている”と、この動画を見て不快に感じた人も少なくなかったことと思われます。

一方で、保育園不足が叫ばれる昨今において、入園拒否によって潜在的待機児童となってしまった子供がいることに関しては、”親のわがまま”との厳しい意見も寄せられていました。

さらに、そもそも潜在的待機児童の数を「待機児童にカウントせずともよし」としている国の定義に問題があると、この問題を根本から解決してほしという声も寄せられていました。

などなど、ネット上では賛否が二分し、議論を呼ぶ展開になっています。

潜在数にも目を向けなければ、この問題は解決しない

女性の社会進出を大きく謳う一方で、解決の余地が見られない待機児童問題。
適正な施設運営や保育士の確保を目指すためにも、本当に保育を必要とする児童の数を把握しないことには、この問題は一向に解決することはできません。

自治体にとっては耳が痛い問題ではあると思いますが、”潜在的待機児童”の存在から目を反らすことなく、真摯にこの問題解決に向き合ってほしいと願うばかりです。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
愛する夫とのんびり妊活中♡
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス