その昔、屋台などで売られている金魚すくいの金魚を家に持ち帰って来て、翌朝、既に数匹死んでいるのを見て悲しくなったということが何度もありました。金魚はすぐに死ぬものなのかと思っていたこともあった筆者ですが、意外と金魚の寿命は長かったのです。みなさんは、金魚がどのぐらい生きるかをご存知ですか?

金魚の平均寿命は10~15年

Licensed by gettyimages ®

家庭内で正しい飼育方法で飼われた場合、金魚でも10年以上生きることがある様子。稀に30年生きる金魚もいるそうですが、イギリスのロンドンに暮らす女性が飼っている金魚はなんと23年も生きているのだそう。

高齢のためにうまく泳げず水槽を漂うだけ…

出典 https://www.youtube.com

サリーと名付けられたこちらの金魚、23歳ということであまりにも高齢なために自力で泳ぐことができず、水槽の中を横になって漂うだけとなっていました。23年も飼い続けている女性は、大切にしているペットの健康状態を心配し恋人のエイデンさんに相談。

そこで、エイデンさんはあるアイデアを思いつきました。

コルクと古くなった水着でライフジャケットを作成

出典 https://www.youtube.com

サリーをまっすぐ泳がせてあげたいという願いから出来上がったのは、コルクと水着のライフジャケットでした。この小さなアイデアが、数か月間水槽の底辺を漂っていただけのサリーに生命力を蘇らせるきっかけとなりました。

まっすぐに泳いだ!

出典 https://www.youtube.com

最初の数回は、慣れないものを付けられて戸惑い失敗したようでしたが、やがて慣れたサリーはまっすぐ泳げるように。そしてまるで生命力が湧いたかのように生き生きと泳ぎ出したのです。

この様子を動画に投稿すると称賛の声が

出典 https://www.youtube.com

エイデンさんは、サリーの元気に泳ぐ姿を動画に収めYouTubeで公開しました。すると英紙にまで取り上げられちょっとした話題に。

ユーザーからは「ペットを残酷に虐待する人がいる中でこんなにもペットをケアしている人がいるというのを知るのは素敵」「また泳ぐことができて良かった…泣けるわ」「動画を見ていると微笑ましくなるね」というエイデンさんの「小さなライフジャケット」のアイデアに称賛の声を寄せています。

思わず笑みが漏れるサリーの復活を是非動画で!

出典 YouTube

23年という長い間、元気で生きてこられたのもきっと飼い主の女性の愛情ある世話のおかげでしょう。飼い主と恋人エイデンさんの優しい心配りが、サリーにまた生きる力を与えることになればいいですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス