クリスマスまであと一か月。筆者の住む街にもクリスマスイルミネーションが飾られ、クリスマスショッピングをする人たちのために、ログハウスで建てられたストール(屋台)が並び、様々なギフトが売られています。そんな光景を見てクリスマスの雰囲気を味わうだけでもワクワクしてきます。

そんなワクワクが二重の喜びとなった出来事が、このほど米テキサス州で起こりました。テキサス州のあるレストランで、ウエイターをしているアイルランド出身のベンさんは、ある日、「子供が生まれたらアイルランドの家族の下へ子供を連れて帰りたい」と同僚に話していました。

恋人のタリンさんは現在妊娠中

出典 https://www.facebook.com

ベンさんの恋人、タリンさんは現在妊娠中でもうすぐ息子が生まれてくる予定。アメリカからヨーロッパのアイルランドまでは距離もあるため飛行機代がかかります。それでも孫の顔を親に見せたいと願うベンさんの思いを、テーブル席で一人の客が聞いていました。

750ドルのチップを上乗せしてくれた!

出典 https://www.facebook.com

この親切な客は、会計時にベンさんへとチップを750ドル(約85,000円)も上乗せしてくれたのです。客が支払うべき会計はたった122ドル(約13,000円)ほどでした。通常、チップは会計の10%~20%が目安と言われています。しかし、ベンさんはこの客からかなりのチップをもらいました。

そして、レシートには「このチップがあなたのホリデーの足しになってアイルランドに帰ることができますように!」と書かれてあったのです。

このことをベンさんは恋人のタリンさんに伝えると、タリンさんはFacebookで早速シェア。「本当に嬉しい。憎しみだけが存在する世の中じゃないのね」とタリンさんは感謝の気持ちを綴っています。

シェアすることでみんなの気持ちが優しくなる

出典 https://www.facebook.com

タリンさんのFacebookには「久しぶりに気持ちがほっこりした」「こうした親切は現実にあるのね」「素晴らしい」といったコメントが寄せられています。

誰かの嬉しい出来事をシェアし、見知らぬ人の親切に誰もが心温まるというそんな光景を目にしている人にとってもまた、まるで自分がそんな親切をされたかのように嬉しくなり、気持ちが優しくなるものですよね。

クリスマスは何かと要り様です。出費が重なる分、収入も必要。ベンさんにとってこの思ってもいないチップの額は、少し早めのクリスマスプレゼントとなったようです。タリンさんが元気な赤ちゃんを産んで、近いうちに家族3人でアイルランドにホリデーで帰れる日が来るといいですね!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス