“ミレニアル世代“によるNEO TOKYO MAGAZINE「SILLY」が、社会に埋もれた声を代弁するコーナー「アノニマスリポート」。今回は、「猫付きマンション・シェアハウス」という物件を取り扱っている「しっぽ不動産」に取材をお願いした。

運営元はNPO法人東京キャットガーディアンという猫の保護団体。日本で初めて「猫付きマンション・シェアハウス」を企画し、各地で猫に関する講演を行い、『猫を助ける仕事』などの著書をもつ代表の山本葉子さん。

彼女が考える、猫と人間の向かうべき方向とは。

出典SILLY編集部

はじまりは偶然か必然か…次々と動物に出会い続けた日々

愛玩動物として昔から人間に愛されている猫。しかしその裏側で、2016年には約67,000匹もの猫たちが全国の動物愛護相談センター(保健所)で殺処分されていることを知っているだろうか。環境省が掲げる「殺処分ゼロ」にはほど遠い数字だが、その数はゆるやかな減少傾向にあるという。

「処分数減少の理由として、主に都市部の個人単位で、保護や譲渡活動をする方が増えたことが挙げられます。それだけでなく、外猫の不妊虚勢手術を必死になって行う団体や自治体がいます。行政に持ち込まれる猫の数が減れば、数字の上での処分数はゼロに近づきますので、そのために皆さん奮闘されているんです」

―もともと猫がお好きで保護活動をはじめられたんですか?

「私が最初に飼った動物は犬2匹なのですが、ある日近所で里親募集の張り紙を見て、猫2匹を迎えることになりました。その子たちのワクチン接種で行った動物病院で全盲の猫を引き受けることになり、別の日にキャットフードを買いに行った先で具合の悪そうな子猫2匹と出会い病院へ直行……と。当時は養っていくことや世話をすることが楽しくて仕方なかったので、飼育数が多いとは思いませんでした

―行く先々で猫と出会われたんですね(笑)。

「そうですね。私は音楽イベント会社を平成元年から運営していましたが、父が他界したあとに母はパーキンソン病が進行してきて、会社を続けながら母と暮らすにはこの方法しかないと考えて、仕事場の近くに戸建てを用意しました。ですが、病気の悪化が思った以上に早く、半年足らずの同居の後、母は特別養護老人ホームへ入居することになりました。そうして、一軒家(4階建て+屋上)と私と動物たちという環境ができたんです。

前述の全盲の猫を保護した方が、今でいう『地域猫活動』をしていました。初めてそのような関わり方があると知って、ちょうど家もあるし、預かりボランティアをやってみることにしたんです。不幸な命を増やさないように餌付けをして手術をする方、活動のなかで出会ってしまった子猫の里親探しを頑張る方。いろいろな役割のなかで、私の立場は今思うと一時保護の個人シェルターでした。それが2002年のことです」

出典SILLY編集部

―個人での活動から、団体へと移行した経緯はどのようなものですか?

「当時はネット環境がまだ整っていなかったので、里親募集の定番は猫雑誌の巻末の投稿コーナーか、ビラを作って友人知人動物病院などに配って回るといった方法のみでした。今のような拡散はできなかったので、新しいご家庭を必要としている子たちのことを知ってもらう数に限界がありました。

それでも子猫を中心に次々と譲渡は決まります。残っていくのはやはり高齢だったり、感染症のキャリア下半身麻痺・全盲などのハンデのある子たちになります。

犬と猫と狸とアライグマなど、あわせて30頭ほどの大所帯になったあたりで、一旦預かりボランティアを止めました。それから本業の傍らいろいろと調べはじめて、猫の譲渡自体に事業性をつけて仕事として継続できる算段をしてから、保護団体として開始しました。8年ほど前のことです」

出典SILLY編集部

保護活動の一環としてはじまった 「猫付きマンション」

「東京キャットガーディアン」は、6年前に日本初の猫付きマンションを、そして2年前から猫付きシェアハウスを開始した。今ではさまざまなメディアに取り上げられ、話題を呼んでいる「猫付き物件」とは、一体どのようなものなのか。

「猫付き物件に関しては、大人の猫の居場所を増やそうとして工夫しているなかのひとつの成功例です。マンションもシェアハウスも1歳以上の成猫に限定しています。

形態としては、入居者さんが『預かりボランティア』という形でのご入居になります。猫付きマンションと猫付きシェアハウスでは、同じ『猫付き』でも、システムはかなり違うんです。

マンションは、大家さんと合意のうえで『猫付き』を名乗っていただき、入居希望者でかつ私どものシステムもご利用になりたい方は、物件審査とともに猫の適正飼育者かどうかの面談があります。面談に通れば、シェルターにいる猫たちのなかから預かっていただく子を選べます。面談はNGでも物件自体にお住まいになることはできますので、大家さんにとってのデメリットはありません。

シェアハウスは最初から複数の猫たちが住んでいます。イメージとしては『保護猫カフェに住んでいるようなシェアハウス』です。入居ご希望者さんは物件審査と猫の適正飼育者の審査があります。両方に受かってからのご入居となります」

―入居希望者に関して、どういった審査が行われるのですか?

「基本は里親希望者さんと同じです。終生飼育の義務こそありませんが、この方に猫を預かっていただいて大丈夫かどうかの審査をします。みなさんそれぞれ愛情はお持ちなのでそれは当たり前として、気になるのは適正飼育できる能力の有無です。

シェアハウスの場合は、人間も水回りを中心に場所をシェアするので『自分以外の方を尊重できるか』『人とも猫ともある程度の距離感が保てるかどうか』『必要なときに必要なだけコミュニケーション能力を発揮できるかどうか』なども、面談で見ています。

毎日の猫の飼育に関しては当番制です。皆さん猫と暮らすことを楽しみにご入居されますので、ご飯やトイレの清掃は積極的に行っていただいており、毎日報告メールが来ます。体調不良など何か変化があったら即座に私どもの団体にご連絡いただいて、必要であれば専任の獣医師が対応します」

―猫と暮らすことに向いている方というのはどのような方なんでしょうか。

どうしても猫を手放すことができない方ですね、保護団体から言えば(笑)。意外かもしれませんが、猫に対してのこだわりがあまりなくて『まいっか』と、その猫に合わせた生活ができる人。猫との生活に具体的すぎる夢を抱いていると、そうでなかったときの落胆も大きいのではないでしょうか。

『寄ってきてくれないけど、くつろいで寝てるからまいっか』『自動エサ出し機くらいに思って...まいっか』『甘ったれすぎて仕事にならないけど、それもまいっか』….親の都合に合わせられる子供がいないのと同じように、飼い主の都合にだけマッチする猫も、そうはいないでしょう。まして人間の子供のように、成長して物わかりがよくなったり養ってくれたりしません。

すーっと子供状態の猫を、懐かないかもしれないその子を『どんな子でもまあいいよ』と思ってくださる方は、いい飼い主さんです」

Text : 岡田直子 / Naoko Okada



<後編記事に続く>
ーー猫と人間の関係とは?「可愛い」も「癒される」も、人間側からの視点? 猫ブームの光と影に迫る。

この記事を書いたユーザー

SILLY 編集部 このユーザーの他の記事を見る

世界中で起こる最新イノベーションを テクノロジー、ガールズ、カルチャーの視点から
配信するミレニアルマガジン「SILLY」です。
https://silly.amebahypes.com/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ライフハック
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら