記事提供:まだ東京で消耗してるの?

いろいろ解決策があると思うんですよね。

相次ぐ高齢者の事故

最近報道が増えてますよねぇ…ぼくが住んでいるあたりも高齢の方が多いので、あんまり他人事ではありません。

理想的には自動運転で解決できるんでしょうけど、まだ時代が追いついてません。何かいい方法はないのかと考えたとき、このクルマはヒントを与えてくれます。

じゃん。「rimOnO(リモノ)」という電気自動車です。

今年の5月にプロトタイプが発表。市販はまだですが、今から楽しみです。

公式サイトから。中はこんな感じで、大人2人、ないし大人1人+こども2人が乗れるとのこと。

ハンドルが特徴的ですね。自転車と同じ感覚で操作できます。

あとは何より、車体が布製!面白いですね~。

超小型なので操作性もグッド。特に山間部に住む高齢者の方にはうってつけですね。

「もう農業はやってないけど、日常の足として、昔使ってた軽トラに乗っている」みたいな方には受け入れてもらえるんじゃないかなぁ。

セニアカーの延長の乗り物を

同じような概念のクルマとしては「セニアカー(シニアカー)」がありますね。

田舎では割りとポピュラーなんですが、これ、めちゃくちゃ遅いんですよ。徒歩よりちょっと早い程度。日常的な移動手段として使うのはちょっとつらい。あと、見ての通り雨降ったら厳しいです。

というわけで、「車道を走れる安価な超小型EV」とかはかなりありではないかと。30~40万円で買えるモデルがあれば普及するんじゃないかなぁ。

「高齢になっても運転できるクルマ」はこれから世界的にも求められるソリューションだと思うので、日本が先駆けて開発できると面白いですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス