記事提供:Conobie

誰にでもある「何気ない一言」…それが私にとって、苦痛なこともありました。一方でそれが、救いになることもあったのです。

息子が生後2ヶ月。

里帰りが終わり、家族3人の生活が始まりました。

父ちゃん(夫)は早く帰宅できても19時半を過ぎることが多く、私は一人で子育てをする時間が多くなりました。

「無理をしない育児」をポリシーに考えていた私ですが、当時何より悩んでいたのが「母乳」か「ミルク」か「混合か」…でした。

助産師さんは、厳しいご意見を言う方でしたが、きっと「完全母乳」に「全力」で指導してくださったんだと思います。(今振り返ると)

ただ…その時はスパルタぶりに気持ちがついていかず、またマッサージを受けるのに費用が毎回高くつくこともあり、私は途中で止めてしまいました

私はこの時、全てがネガティブにしか考えられなかったので、あまり人に会うテンションではありませんでした…

とりあえず、来てもらったから対応しようと思い…。

今までもやもやしていた気持ちを切り替えるように、私は「完母」を目指すことをやめました。

そして「混合」(ミルク多め)の育児に切り替えることに。

今までは母乳の良さを必死に考えていてあまり見てなかった、ミルクの良いところを見るようにもなりました。

生後5ヶ月を過ぎて…

知らない間に、厳しい意見を言われたり…。

知らない間に、助けてもらったり…。

それ繰り返して子育てをして「親」になっていくのかぁと思いました。

子育ては、大変なことも多いですが、新しい何かを発見すること。

子どもの笑顔を見ることができる


それが私にとって、幸せなことだと思うのです。

長々お付き合いくださいましてありがとうございました。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス