母がキレた!

Licensed by gettyimages ®

ついに母親はキレた!

掃除しても掃除しても、ホコリがたまり、ヨゴレがこびりつき、ゴミが散らかる。今朝ピカピカにしたら、子どもたちが帰宅して、また元どおり。

「このリビングはいつキレイになるの!!(怒)」
手におえなくなった母親はある手段に出ました。

出典 http://star1021.iheart.com

リビング封鎖!!!


まるで事件現場かと思わせるような貼り紙付きの封鎖。

いったいどうしてここまで?!?!

出典 https://twitter.com

実はこれ、アメリカ・オハイオ州に住むNick(ニック)君(17)が、突然自分の家のリビングが封鎖されて、ツイッターに投稿したんです。

それがコチラ

訳)ママが一か月もリビングを封鎖って…

これを見たツイッターユーザーたちが、面白い!と反応!メディア関係者までもが、この写真を紹介させてとお願いしてきたり、リツイートやいいねもものすごい数となりました。

実はこれ…

Licensed by gettyimages ®

でもなぜNick君の母親は、ここまで厳しくしたのでしょうか。

実はアメリカでは、11月24日が「サンクスギビング(感謝祭)」。Nick君のおうちでも大きなパーティーをする予定で、30名ものお客さんが来るのだとか。

でも家の子どもたちがリビングをキレイに保ってくれないため、サンクスギビングまで入室を禁じたのです。このときすでに母親は、リビングのカーペットから家具など隅から隅までクリーニングを済ませていたからです。

Nickくんがツイッターに投稿したのが11月の初め。そしてサンクスギビングは、11月24日。ほぼ丸々11月中は、リビングに入ることができない状態となったのです。そう、1か月間も!

しかし、例外も!

出典 http://www.kcci.com

さて、この貼り紙ですが、何が書かれてあるかといいますと、

「リビングはクリーニングを済ませてあるため、サンクスギビングまで立ち入り禁止とする」

しかし、よく読んでみると、完全立ち入り禁止ではなさそうです。

Special permission(例外)」もあるのだとか…。

・シャワーを浴びて、頭のてっぺんから足の先までヨゴレやニオイを断った者
・洗濯済みの綺麗な服を着ている者
・飲み物食べ物を持ち込まない者

これらに当てはまる者は、リビングへの立ち入りを認められるとのこと。

最高!

Licensed by gettyimages ®

ツイッターを見た人たちや、メディアでも取り上げられたためにそれを見た人たちは、Nick君の母親を大絶賛!「ママ面白すぎ!」、「最高のお母さん!」、「Nick君、あなたのママは天才よ!」、「母親になったらこの手を使おう!」とあっという間に広がりました。

そして今日(アメリカ時間11月24日)、Nick君は新たなツイートを投稿しました。「Living room is back open(リビングの封鎖が解かれた!)」…と。「長かったね!やっとだね!」などという反応。

無事にサンクスギビングの日を迎えたようですが、実はこのNick君のおうちは、Nick君を含めて子どもは4人。それも17~27歳までという、かなりの大人な「子ども」(笑)同居しているのはその内の2人だけだそうですが、よっぽど片づけの苦手な子どもたちなのでしょうね(笑)

でもなんだか家族の温かいほっこりするようなお話でもありました。

この記事を書いたユーザー

シロクマInTheSky このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナライターとして執筆しています。日々の生活に役立つ情報をどんどんネット配信していきたいと思います♪日本も含め、海外などあちこちに出没しています(笑)世界中のいろんな記事を書いていきたいと思います(^_-)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス