いまYouTubeでピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)が人気沸騰中だが、インドでは「ポケモンの歌」が国民的大ヒットでブレイク中だ。この歌、一度聴きだしたら止まらない「本当にハマる歌」としてインド人が熱狂している。

・iTunesでも配信

そのポケモンの歌は「Pokemon‐Simar Gill|Latest Punjabi Songs 2016」というタイトルでYouTubeにも掲載されており、歌手はSimar Gill氏。

公式にiTunesでも「Pokemon」のタイトルで楽曲を配信しており、インドの身ならず、世界中で注目されている楽曲となっている。

・キュートかつハマる要素が満載

実際に聴いてみると、ときおりピカチュウの鳴き声が入り、非常にキュートかつハマる要素が満載。

この楽曲にハマっている女子に話を聞いたところ、「ずっとかけっぱなしにする歌としてちょうど良いですよ」と話していた。

また、インドではこの歌が流れだすと真似をする子どもたちもいるそうだ。

・ポケモンの人気は世界共通

世界的に大ヒットしている「ポケモンGO」。そしてゲーム以外の分野でも多くの人たちを楽しませてくれるポケモンの世界。

特にこの楽曲「Pokemon」は、ポケモンの人気が世界共通であることを教えてくれた。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス