記事提供:しらべぇ

11月21日は「フライドチキンの日」。1970年11月21日の名古屋にケンタッキーフライドチキン(KFC)日本第1号店がオープンした日を記念したものだ。

来日したカーネル・サンダースが「日本は、私の味をもっとも忠実に再現している」とコメントした逸話もある。

そんなKFCの提供するフライドチキンは、上半身(ホワイトミート)と下半身(ダークミート)の指定が可能で、しかも、それぞれに味の違いがあるとのこと。

①ホワイトミート

ホワイトミートは上半身の3種類。キール(胸ササミ)、リブ(アバラ)、ウイング(手羽)だ。肉の量が多く、油は少なめで、さっぱりとしている。

ケンタッキー社員の間では、こちらがより好まれているそうだ。

②ダークミート

ダークミートと呼ばれるのはサイ(腰)、ドラム(足)の下半身2種である。こちらは油たっぷりでガッツリとした味わいを楽しめる。

一般客には、こちらが好まれる傾向があり、とくにサイは人気があるとのこと。

記者の好みとしても、こちらがよりジャンクな味わいで、ケンタッキーフライドチキンを食べるのなら断然こちらを推したい。

■しらべぇ取材班が店員に聞いた

勤務3年目の男性店員「ダークミートやホワイトミートを指定するお客様は一定数いらっしゃいます。

ダークミートかホワイトミートかは、3個まで選ぶことができます。また、嫌いな部位は取り替えることもできます。ドラムが苦手な人は意外と多いんですよ。

そういう対応ができるのは忙しくないときです。店舗や時間帯によって、また、クリスマス前なども対応しかねることがあるのでご了承いただければ。

11月21日はフライドチキンの日ですが、毎月28日は『にわとりの日』として、お得なパックもあるんで、そちらもオススメです」

出典しらべぇ

ダークミートやホワイトミートの食べ比べをしてみたい人は、一度試しに行ってみよう。

権利侵害申告はこちら