辛すぎる「二日酔い」

Licensed by gettyimages ®

飲みまくって、踊りまくって、どれだけ飲んだのかも分からない…。気づくと朝が明けていた…。そこで襲ってくるのは、あの恐怖の「二日酔い」。後悔先に立たずとはこのこと。週末をずっと二日酔いと闘う人もいるのでは?

出典 http://www.elledecor.com

しかしある街では、そんな辛い「二日酔い」と一人で格闘しなくてもいいらしいのです!

お客さんがやってきました。店員さんがある男性の何かを測定しています。

出典 https://www.youtube.com

その男性を含め、何人もの人たちが測定で「合格」。店内に誘導されました!

そう!その「測定」というのは、呼気による血中アルコール濃度チェックをしていたのです。そして「合格」になると、入店が許されます。「二日酔い」の人しか入ることのできない「バー」へ誘導されるのです!

二日酔いの集まるバーとは?!

出典 http://elestimulo.com

場所は、オランダ・アムステルダムにある「Hangover Bar(ハングオーバー バー)」。「Hangover」とは「二日酔い」。つまり「二日酔いのバー」という店名なんです!

入口で血中アルコール濃度チェックまでするという徹底ぶり。確実に二日酔いと判断されなければ、入店が許されないんですね。

このバーは、(金)~(日)10時~18時にオープンしています。ちょうど飲みすぎるであろう、週末に開いているということで嬉しいかぎり。

出典 https://theculturetrip.com

「Hangover bar」に入ると、そこは楽園。まるで南の島にいるかのような、自然のグリーンがいっぱい。

出典 http://elestimulo.com

体をほぐすマッサージまで。気持ちよさそう!

出典 https://theculturetrip.com

ふっかふかの気持ちのいいベッドでもゆったり寝ることが可能。スクリーン付きで、映画などを自由に見ることができます。

また二日酔いには必要な水分補給。フレッシュな水を自由に!

出典 http://www.elledecor.com

酸素バーの設備もあります。これで体がスッキリ!

出典 http://www.elledecor.com

バーはバーでも、ここはアルコールを飲むバーではなく、アルコールで二日酔いになった体を癒すためのバーなんですね。リゾート地でバカンスを過ごすかのような空間です。一緒に飲み明かした友達やカップルで来ると楽しそうですね。

出典 https://www.youtube.com

そして飲み物や食べ物も充実しています。ビタミンを補給できるフレッシュジュースやスムージーまでも頂けるのです。

出典 https://www.youtube.com

二日酔いとはいえ、お腹もすいてくることでしょう。ここでは、「foodora」がフードデリバリーまでもしてくれるのです。なんと二日酔いの人への特別メニューもあるのだとか。お腹に優しい料理を食べたいですね。

出典 https://www.youtube.com

アルコールを全く置かない、二日酔いの人たちへの「バー」。こんな空間を必要としている人たちもいますよね。とても面白いところに目をつけたビジネスでもあります。

「マットレス」の会社?!

出典 http://metro.co.uk

この「ハングオーバー バー」のもう1つの驚きは、なんと「マットレス」の会社が手掛けているビジネスだそうです!2016年9月に始まった期間限定のお店です。「Matt Sleeps」というマットレスのベンチャー企業。

※Matt Sleepsのウェブサイト:https://www.mattsleeps.com/nl

出典 https://www.facebook.com

「ハングオーバー バー」で使われているふかふかの気持ちいいベッドは、みんなこの会社の製品です。斬新なビジネス手法ですね。

出典 http://metro.co.uk

自社製品をバーに置いて、二日酔いの人々をリラックスさせ、「こんな気持ちいいベッドは初めて!」なんて思わず買ってしまいそう??ですよね。例えここで購入しなくても、今後マットレスを買う際には、選択肢に十分に入るはず。

発想を変えた新しいビジネスのやりかた♪

出典 http://metro.co.uk

期間限定とはいえ、マットレスの会社が手掛けた「二日酔い」の人たちの癒しのバーなんて、とってもユニークです。お酒で辛い思いをする週末が、こんな楽園だったら、今後もぜひ利用したいと思いますよね。苦しい二日酔いの体調のときに、気持ちの良いマットレスで寝られたら、きっとずっと忘れられない心地よさでしょう。こんな魅力的なビジネス、ちょっと頭をひねって考えてみるのも楽しいかも?!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

シロクマInTheSky このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナライターとして執筆しています。日々の生活に役立つ情報をどんどんネット配信していきたいと思います♪日本も含め、海外などあちこちに出没しています(笑)世界中のいろんな記事を書いていきたいと思います(^_-)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス