再び津波の恐怖に襲われた、22日早朝の地震

11月22日、午前5時59分に発生した福島県沖を震源とするM7.3の大地震。東北を中心とした広い範囲で震度3〜5弱という強い揺れを観測し、一部沿岸では津波の到達も確認されるなどの影響が確認されています。

出典 http://www.jma.go.jp

なお、今回の地震は東日本大震災の余震と考えられているとのことで、気象庁では今後も1週間程は、同程度の規模の地震が起こる可能性があると発表しています。

今一度見直したい、災害への備え

今回の地震を受けて、改めて災害に備えることの大切さを思い知らされたという人も多かったのではないでしょうか。

Licensed by gettyimages ®

非常食や防災グッズの備えは十分か、使用期限や非常食の賞味期限なども、この機会にぜひ見直しておきたいものですね。

無防備な就寝中は?

また、今回は早朝に起こった地震だっただけに、まだ就寝中だったという人も多かったことと思います。

そんな中、タレントの安田美沙子さんが、就寝中に地震に襲われたことの恐怖と、備えについて、ブログに綴りました。

今日は久々の地震警報。。
びっくりして飛び起きて、テレビを付けました。
皆さん大丈夫でしたか?

くれぐれも、お気を付けください。

前はたまに、ベッドの横に靴を置いていました。
あと、ホイッスルも。
また置こう。

つい先日に第一子の妊娠を発表したばかりの安田さん。身重であるだけに、今回の地震に対する恐怖と危機感はこれまで以上に緊迫したものだったことと思います。

さらに、就寝中の地震への備えとして、靴とホイッスルを近くに置くことにしたと明かしていました。

就寝中の被災を防ぐためにやっておきたいこと

安田さんが明かした、”枕元に靴とホイッスル”。これは、もしも就寝中に地震に襲われた際に、素早く逃げたり、助けを求めたりする際にとっても有効な方法です。

無防備な就寝中だからこそ、万全を期しておきたいものですよね。

そんな、いざという時のために気をつけておきたい、寝室での備えをまとめました。

◎布団は体を守れる優秀アイテム!

Licensed by gettyimages ®

今の時期は毛布や厚手の布団を出しているという家庭がほとんどかと思います。実は、こういった寝具は、体を守ってくれる大切な役割を果たしてくれます。

就寝中に強い揺れを感じた場合は、揺れが収まるまで布団に包まり、身を守りましょう

◎固定されてない家具の移動

Licensed by gettyimages ®

固定されておらず、倒れてきた時に逃げ道を塞いでしまうような場所に置いてある家具や家電は、固定するか、移動させましょう。

また、花瓶や写真立て、照明なども破損すると危険です。高い所を避けて置くようにしましょう。

◎靴・ホイッスル以外にも、備えておきたいもの

Licensed by gettyimages ®

安田さんのように、ホイッスルを近くに備えておくというのはとっても賢い方法です。
さらに、それ以外にも緊急地震速報を受け取ったり、安否情報を知らせることができる携帯電話やスマホ、懐中電灯、ラジオもぜひ枕の近くに置いておきたいものです。

特に、懐中電灯はスマホでも代用ができますが、なるべく電池を温存するためにも、家族それぞれの寝室に懐中電灯を備えておくのが安心と言えましょう。

◎防災グッズは分散させるのが理想的

Licensed by gettyimages ®

水や食料、簡易トイレなどを収めた防災グッズは、もしもの時の強い味方になります。

普段は玄関やリビングなどに置いているという人も多いと思いますが、できれば1箇所に集中させるのではなく、幾つか用意して各部屋や車の中などにも備えておくことが理想的です。寝室から逃れられなくなってしまったときのことも想定して備えておくことができれば、なお安心ですね。

気を抜かず、いざという時に備えておきたい

「いつかしなくては」と思いつつ、なかなかできていない人も多い災害への備え。
特に、就寝中に起こる予期せぬ事態には普段から万全の体制を整えておきたいものです。

この機会に、もう一度防災意識を高め、身の回りの整理や備えを見直してみてください。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
愛する夫とのんびり妊活中♡
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス