出典 http://www.huffingtonpost.jp

皆さんは覚えてますか?世界中を大騒動に巻き込んだ『このドレス何色に見える?騒動』あのドレス問題再来か!と今、新たに出てきた『このサンダル何色に見える?』が世界を分ける大騒動に発展しようとしています。

「青と黒に見える人」と「白と金に見える人」に分断されているのです。このドレス現象とまったく同じですね・・・。

ことの発端はこちらの投稿。Twitterユーザーのarthurさんが何の気なしにツイートしたところ大論争に発展中。

筆者、水色と薄い茶色なんですが…皆さんは何色に見えますか?ちなみに、今カフェにいるので隣にいる見知らぬ人に『これ何色に見えますか?』と聞いたら『黒と青』と言われました。…え?黒どこにある?この画像を見た人たちは何色に見えてるのでしょうか?

・白と金に見えるけど違うの?

・またこのパターンか!青と金でしょ。

・え、青と茶色じゃないの?

・何言ってるの?青と黒以外には見えないんだけど

出典 https://twitter.com

意見が分かれてますね〜。そして、気になる正解がこちら!

出典 http://www.loja.havaianas.com.br

紺と青ですよね。白も茶色も金もない…ちょっと拡大してみます。

出典 http://www.loja.havaianas.com.br

どう見ても紺と青!なぜ、このような目の錯覚を起こしてしまうのか?それは…ドレス問題と同じ原理「光の当たり方」の解釈にあります。ドレス論争が巻き起こった時、Twitterユーザーが画像で解説してくれていました。

どうですか?皆さんなぜ間違ったカラーに見えるのかお分かり頂けたでしょうか?

出典 https://twitter.com

人間の脳は賢く、周囲の状況が変わっても同じ物は同じ色に見えるよう、勝手に補正をかけてくれるそうです。これを『色の恒常性』と言います。

ですが、実際に現物を目の当たりにするのと、写真やイラストで見るモノはイメージも環境光も違いますよね。すると脳が間違った補正をかけてしまうとのこと。写真で見ているサンダル、今まさに私たちの脳は間違った補正をかけているのです。

視覚って面白い、そして複雑…間違った補正をかけられていると分かっているのに、水色と薄い茶色にしか見えません。皆さん何色に見えますか?

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス