今日は突然ですが、どうしても一本の映画を紹介させてください。

ただいま公開中の「湯を沸かすほどの熱い愛」。

公開してから色んな方が「最高だった」「超泣いた」と口コミで、どんどん話題になっています。

主演は宮沢りえさん。娘役に「とと姉ちゃん」の三女でした、杉咲花さん。

この映画、監督とかスタッフさんとか出演者の方が特に知り合いでもないですが(あ、駿河太郎がいた!超いい役とお芝居)

本当に本当に素晴らしい映画で。

うちの妻にもぜひ見てほしいですし、お母さん達にもぜひ見てほしい。

なかなか時間がないので、DVDを待つでもいいですが、公開館がもしそんなに遠くにないところにあって子供を預けられる時があるなら、本当に見て良かったと思える作品。

こんな物語。

宮沢りえさん演じる母・双葉は夫と銭湯をやっていたのだが、一年前に夫(オダギリジョー)が失踪してから、休業状態。

とてもポジティブで強く生きる女、双葉には娘がいた。それが杉咲花さん演じる娘。

これがまた学校でイジメられている。

そんな中、双葉は癌による余命宣告を受ける。

余命二カ月。

そこで、双葉は、「絶対にやっておくべきこと」を決めて動き出す。

まずは家出した夫を連れ帰り銭湯を再開させる。

気が優しすぎる娘を一人立ちさせる。

娘をある人に会わせる。

この母・双葉の行動により、娘や家族は途中衝突もするけど、次第に愛が深まり強い家族になっていく。

そんな中、娘も、母の病気を知り…、

母から大きな愛を受けた家族が、究極の愛をこめて母を天国におくる…というあらすじです。

チラシに書いてある文言から書いているので(笑)ネタばれにはなってませんし、これくらいを知ってみると、余計楽しめると思って僕は書いてます。

自分の余命を知り、娘に対して強く生きるように向き合う母の姿。

今まで隠してきた秘密を明かす母の姿。

僕はプチ泣き、二回に、本気泣き3回。

しかもね、全部、前向きな涙。

ただ悲しい涙じゃない。

誰かがこの世を去ることで大きなことを残していく。

これを見て僕も考えました。

もし自分が双葉さんと同じ立場で余命宣告をされたら…、

息子に何をしてあげるだろうと。

ついつい子供の将来を考える時に自分がこうなってほしいことと、子供のことを考えてこうなってほしいことが混ざってしまうこともあったりします。

子供に、なぜこれをさせたいのか?

なぜこういう教育をしたいのか?

そこに、自分の理由ではなく、子供のことを考えた思いがなければいけないんだなと。

もし自分が余命宣告されたら…、

沢山の時間を一緒に過ごすのは、もちろんですが。

笑福への言葉を沢山、出来る限り残すかもしれませんね。と、熱く書きました。

あまりこういうことハッキリ書きませんが…、

絶対見てほしい映画です!!

このタイトルが、最後に最後に染みます「湯を沸かすほどの熱い愛」。

で、今日は聞きます。

皆さんは…、

もし余命を宣告されたら…、

お子さんに何をしてあげたいですか?

どんなことをしてあげたいですか?

こんなことこの場で聞くな!と思う方もいるかもですが…、

もしこのブログを見ている方でこのような方がいて、この質問に傷ついてしまったらすいません。

ただ、一年後の自分はどうなってるかわからない。

そういうことを沢山考えさせられた2016年。

だから、そういうこともちゃんと考えた自分もいて。

だから、聞きます。

もし良ければ教えてください!!

で…、

昨日の自治体などによる、こんなサービスあったらいいなというコメント。

昨日のイベントが内閣府によるものだったので、その方たちにも是非読んでほしい!!

多かったのは…、

・病気の時のピンチヒッターで預かるサービス増やしてほしい
・インフルエンザ予防接種の助成金!
・雨の日に遊べる室内公園が欲しい!
・夜間診療が近場で受けられる

そしておもしろかったのは、出張美容師があるといいなという声に対して、美容師の方からのコメントで…、

・私は美容師なのですが、お年寄りや障害を持った方に向けての訪問美容があるのに、ママ向けには無いのは何故か!

一般の方はご存知無い内容ですが、美容師法に出張してはいけない決まりがあるんです。

美容所以外でお金を頂いて仕事をしてはいけない、ただし、自分で美容所に行くことが出来ない方にのみ例外という内容です。

美容師免許は国家資格なので何かと決まりが厳しく、照明の明るさなど色々決まりがあります。

法律も変えて欲しいですね

出典 http://ameblo.jp

といったコメント。

こういう厳しい法律があるんですね。

変えるところ変えていいところは変わってほしいですね。

そして、こんなサービスをやっているところも。

・見守りシルバー

うちの地域には『見守りシルバー』という制度?があり、いわば無料学童センターですかね。

学校から帰って来て、親がまだ帰ってないなんて時に、近所のお年寄りが家に上げてくれて、遊んだり宿題したりしてくれる。

もちろん登録して玄関先に『見守りシルバー』のプレートが下げてあります。

ちょっとの時間でも見てくれて安心だし、お年寄りは外に出づらいから子ども達が来てくれて嬉しいって言って、良いシステムだな~と思ってました。

出典 http://ameblo.jp

おもしろいシステムがあるもんですね。

いや、とても勉強になってしまいました。

ありがとうございます!!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス