Licensed by gettyimages ®

コンビニの前に置かれていたゴミ箱。最近は店内に置かれているところが多くなったと思いませんか?

その理由が何だか悲しい。日本人の意識の低さ、モラルのなさが原因だったようです。

コンビニに行った時、「あれ?いつもの場所にゴミ箱がない?どうしたんだろう?と思ったら店内にあった。」ということが増えてきました。一体なぜ店内に移動したのか…

原因は利用者の家庭ゴミの持ち込み。それも大量のゴミ…店外に置いてあったゴミ箱、ただ設置していたのではありません。このゴミ箱も大切な集客ツール。ゴミを捨てるついでにお買い物をする方が多かったそう。

店内に設置すれば店員の目が気になる。家庭ゴミの持ち込みは出来ない。店側にとっても、「ついでにお買い物」のお客様が減ってしまう。実際、売り上げに影響を及ぼしているのですが、家庭ゴミの持ち込みするモラルの低さが問題になりゴミ箱は店内へ移動するコンビニが増えています。

コンビニのゴミ箱にゴミを捨てるのは不法投棄にあたるのでしょうか?

『廃棄物処理法 16条』では、次のように謳ってあります。
『何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない』
法律違反者には、『5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金』が課されます。
ここで言う廃棄物には、一般的なゴミも含まれます。

出典 http://doodemo.com

厳密に言えばコンビニの私有地に置かれてあるので、許可なくゴミを捨てることは法に抵触するかと思われるのですが、客商売なのでそうも言ってられません。

ゴミ箱を店内に置く、これって店側にとってもデメリットでしかないのです。

出典 http://geinou5555.com

人によっては、ゴミ箱が店内にあるコンビニには行かないという人もいます。なぜかというと、やはり衛生面で気になるという方がいるのです。

店内にゴミ箱を設置することは、直接売り上げにも影響を及ぼし、更に衛生面でも神経を使います。デメリットしかないのですが、そこまでしても店内に設置しなければならない現状を皆さんはどう思われますか?

世界から『日本人は優しくて親切』などの声をよく聞きますが…なんでしょう。それ勘違いじゃないの?と言いたくなるこの気持ち。同じ日本人としてなんだか悲しい。もちろん筆者も出来た人間ではありません。間違いもたくさんありますし、人を傷つけたこともあります。けど、世の中のルールは守りませんか?

ちょっとだけ、少しだけ、バレなければ、なんてセコイのやめませんか?カッコ悪いですよ。先日、無料貸し出し傘が問題になっているという記事を書かせて頂きました。名古屋で無料貸し出し傘が12万本も返却されないという問題なのですが、コンビニのゴミ箱も同じく誰かの善意です。その善意が残念な結果になることが多くなっていると思いませんか?

そんな中でも明るいニュースもあります。完全善意と助け合いだけで成り立っている『ゴチメシ』を皆さんはご存知でしょうか?

これは見知らぬ誰かが前もって先払いをしてくれている食事の内容が書かれています。お店に訪れた知らない人が、次に来る知らない人のために、食事の代金を払ってくれるという善意でしか成り立たないシステムとなっています。ご飯を食べられない誰かのために、誰かが「どうぞ、ご飯食べて下さい」と優しさを分けてくれるんです。

この取り組みをしているのは、北海道帯広市にある『結』本当にお金に困ってる人に、見知らぬ誰かからの優しさはお腹も心も満たしてくれる。格別な美味しさ。

この取り組みを始めたきっかけは、イタリアの常連客が釣り銭を店に預け、貯まったお金でホームレスの人にコーヒー1杯を提供する「保留コーヒー」を知って始めたとのこと。

このゴチメシで満たされた人は余裕ができた時お返しをすればいい。とてもシンプルだけど心温まるシステム。ゴミ箱問題も、無料貸し出し傘問題も、SNSでは声をあげ注意する人がたくさんいます。日本もまだまだ見捨てたものじゃありません。まだまだ、時間が掛かるかもしれませんが、人の善意が循環するシステムが定着するといいですね。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス