厚生労働省の「受動喫煙防止対策」案が発表される

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、他人のたばこの煙を吸い込む“受動喫煙”の防止について、厚生労働省から対策案が発表されて波紋を呼んでいます。

厚生労働省が示したのは、国民の健康の増進の観点に基づき、従来の努力義務よりも実効性の高い「受動喫煙防止対策」の具体案で、その方法として、イギリスのように建物内を禁煙とすることが極めて有効であると考え、イギリス、韓国の混合型の制度を導入するとして、以下のようにたたき台をまとめました。

上記図のように、禁煙の範囲は施設の類型によって3段階に分かれています。最も厳しい「敷地内禁煙」は、医療機関や見青年が通う学校(小中高校)が対象となっており、多数の人が訪れる可能性がある運動施設や、代替が難しい官公庁、社会福祉施設、大学などは「建物内禁煙」としています。

「建物内禁煙(喫煙室設置可)」
に分類されているのは、利用者側にある程度他の施設を選択する機会があるものや、娯楽施設のように嗜好性が強いも、いわゆるサービス業の飲食店やホテルなど。これらは原則建物内禁煙としながらも、喫煙室の設置は可能となっています。

サービス業界からは異論が続出

ここで議論になっているのが、「建物内禁煙(喫煙室設置可)」に分類されている飲食店やホテルなどのサービス業界。喫煙室の設置は可能としながらも、副流煙防止のために喫煙席のは認められていないということもあり、「厳しすぎる」「現実的ではない」「敷地内禁煙とすることで、敷地外で喫煙する人が増えて、近隣住民とのトラブルになる」などの声も挙がっています。

厚生労働省では、従来の努力義務よりも実効性を高めるためとして、施設の管理者に対して、「建物内禁煙」「喫煙室を設置」等の掲示を義務付ける他、違反した施設管理者や喫煙者本人に罰則を適用する見込みとなっています。

特に飲食店への影響は大きいとされており、全国の居酒屋やレストランなどが加盟する『日本フードサービス協会』(東京)の担当者は、「法律による一律の規制はいかがなものか」と訴えかけています。

たたき台では、「原則建物内禁煙」となっていて、これはたばこを吸えるのは喫煙室を設けた場合に限られてしまいます。しかし同協会では、既に多くの店舗で“フロア別分煙”や“ランチタイムのみの禁煙”など、様々な対策に自主的に取り組んでいるため、「(厚生労働省には)それらをサポートしていただく形が望ましい」とのこと。

確かに既に対策している内容とのズレがあれば無駄も生じるはず…。難しいですね…。

たばこと切っても切れない関係の店舗からは、こんな声も

Licensed by gettyimages ®

※写真はイメージです。

また、店内での喫煙は自由という大阪市で喫茶店を営む店長からは、「たばことコーヒーは切っても切れない関係。その空間を楽しむ人もいる」と指摘する声が挙がっています。

その他にも、マージャン店約1千店が加盟する『全国麻雀業総連合』(横浜市)からは、「面積が狭い店舗が多く、新たに喫煙室を設けるのは困難ではないか」と、対策案を疑問視する声も出てきていますね。

受動喫煙の危険性とは?

そもそも「受動喫煙」とは何なのか…

受動喫煙とは、喫煙により生じた副流煙(喫煙者が吸い込む主流煙に対してたばこの先から出る煙)、呼出煙(喫煙者が吐き出した煙)を発生源とする、有害物質を含む環境たばこ煙に曝露され、それを吸入することである。

出典 https://ja.wikipedia.org

要するに他人が吐いたたばこの煙を吸うことですね。

他人のたばこの煙だけど、健康などに影響ってあるの…?

受動喫煙をしていると、心筋梗塞や狭心症で死亡する危険性が1.3~2.7倍にもなることが報告されています。他にも受動喫煙により、脳卒中や喘息などのさまざまな病気を発症する危険性が高くなることが知られています。

出典 http://sugu-kinen.jp

自分が吸っているわけでもないのに長期的な悪影響があります…。

そんな受動喫煙に関して、厚生労働省の調査によると(昨年11月に全国のおよそ3500世帯から回答を得たアンケートの結果)過去1ヶ月の間に受動喫煙を経験した場所について複数回答で聞いたところ、「飲食店」と回答した人が41.4%で最も多く、次いで「遊技場」が33.4%、「職場」と「路上」が共に30.9%でした。

また、受動喫煙の対策を強化してほしい場所については、「飲食店」が35.0%と最も多く、次いで「路上」が34.8%、子どもが利用する「公園」や「通学路」が28.2%という結果になりました。

ネットでは賛否両論

今回の「受動喫煙防止対策」案について、並びに「受動喫煙」については、ネット上で賛否両論挙がっています。

愛煙家、嫌煙家、それぞれの意見を見てみましょう!

愛煙家(愛煙家擁護)の意見は…

Licensed by gettyimages ®

嫌煙の言い分もわかるだけに反発しづらいけど、ほんとにこれ以上愛煙を追い詰めないでほしい…
友人愛煙家にマナーが悪いと感じないので、受動喫煙は不快ではない
受動喫煙なんか一々気にしてたら愛煙家の車は乗れませんよ…

嫌煙家の意見は…

Licensed by gettyimages ®

・ごはん中のタバコ臭と香水臭は殺意抱くよね
・タバコ吸ってない側からしたら受動喫煙で大迷惑
父さんもタバコ吸ってるけど正直受動喫煙とかあるから迷惑極まりない
・臭いし臭いし臭い
受動喫煙迷惑でしかない

みなさんそれぞれ色んな意見があるようです。

「飲食店」ひとつとっても、禁煙にすると愛煙家が来なくなって売上が減るという意見もあれば、逆に禁煙にすることで嫌煙家が来るようになって売上が増えるという意見もありますからね…。

一体どうなるのか…。そしてどうするのが良いのか…。悩ましいところです…。

厚生労働省の「受動喫煙防止対策」案、あなたはどう思いますか?

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス