まるでスイーツのように色鮮やかで繊細なパスタを作るのは、米シアトル在住のリンダ・ミラーさん。彼女がこれらのカラフルでキュートなパスタを作るようになったのは、息子さんの偏食が原因だったのだとか。

最初は隠して食べさせていたけど…

野菜嫌いという息子さんに、以前はスムージーに混ぜたりピザのトッピングに密かに入れたりして工夫をして食べさせていたリンダさんですが、「いっそのことパスタにしちゃえばいいんだわ」というアイデアが閃き、以降、何ともカラフルでキュートなパスタを作っています。

カラフルだけど、とっても栄養価が高い

子供に食べさせるパスタというだけあって、もちろん着色料は一切使用していません。果物や野菜、食用の花、そしてターメリックなどの香辛料を使って作っています。ラビオリ、フェットチーネなどパスタの種類も多種多様。

「ファッションやアートが好きだから意識して作るようにしているの。パッと人目を引くようなパスタを作るのは結構楽しいわ」というリンダさん。現在30種類以上のレパートリーを持っていてまだまだアイデアは尽きそうにないのだとか。どのパスタにもいろんな材料が織り込まれているので、栄養価値も高く子供に喜ばれること間違いなしですね。

どんな材料が使われているのか考えるのも楽しそう!

人気のEMOJIだってラビオリに!

食べるのがもったいないほどの完成度ですね。

カラフルなパスタで食卓が華やかに

鮮やかなパスタで作られたパスタ料理は、更にカラフルに。卵黄のみを使って作られたこちらのスパゲッティも美味しそう。

どんなにカラフルでも、全て安心できる材料から作られているのはやはり子供への思いから。リンダさんがこのカラフルなパスタを作り始めて以来、息子さんは食べてくれるようになったそう。完成度の高さだけでなくそこには母親の愛情がたっぷりと含まれているパスタ、美味しくないはずがありません。

こちらでご紹介したのはほんの一部。他にも目を奪われるようなパスタがリンダさんのInstagramに公開されています。作り方のあるサイトもリンク先に記載してあるので、興味がある方はそちらもご覧ください。

手間暇がかかって大変そうなパスタ作りですが、楽しみながらしているというリンダさん。これからもリンダさんのユニークなアイデア満載のパスタを、息子さんだけではなくフォロワーも楽しみにしていることでしょう。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス