・感謝祭に家族みんなで集まってディナー!

Licensed by gettyimages ®

11月の第4木曜日は、アメリカでは感謝祭の祝日。多くの方が家族や親せきと共にディナーを楽しむ日です。

しかし、この感謝祭でちょっとした事件が起きた方がいらっしゃいました。

・知らない人からメッセージが来た

Licensed by gettyimages ®

それは11月15日のことでした。
アリゾナ州チャンドラーに住む17歳のジャマル・ヒントンさんの携帯にあるグループメッセージが届いたのです。メッセージの内容は、感謝祭ディナーへの招待だったのですが、送り主も、彼以外の宛先も知らない電話番号でした。

・「誰だよ…」「あんたのおばあちゃんよ」

出典 https://twitter.com

差出人「感謝祭ディナーを私の家で24日の3:00からするわ。出欠の確認をさせてね。みんな来てくれることを期待してます。もちろん、アマンダとジャスティンもね」

ヒントン「誰だよ…」

差出人「あんたのおばあちゃんよ」

ヒントン「おばあちゃん?顔見せてよ」

差出人「誰の?」

ヒントン「あなたの」

身に覚えがないメッセージですが、本当に自分のおばあちゃんなのか確かめるべく、ヒントンさんはおばあちゃんの写真を送ってもらうことにしたのです。

・「わかったわ。ほら私よ、今仕事中。」

出典 https://twitter.com

自称おばあちゃんは自分の自撮り写真を孫と思われる男性に送信しました。そこに写っていたのは優しそうなブロンドの白人女性でした。
すると男性はお返しに自分の顔を送信しました。

・その写真がこちら

出典 https://twitter.com

!?
肌の色が違う!自称おばあちゃんとは血が繋がっていないことがハッキリわかりました。

どうやら本当に人違いだったようです。これで二人の会話は終了かと思いきや…意外な展開に‼

・オレのおばあちゃんじゃない…でも

出典 https://twitter.com

ヒントン「あなたはオレのおばあちゃんじゃないよ」「…オレも参加していいの?」
おばあちゃん「もちろんよ。それがおばあちゃんの仕事だもの。…みんなのお腹を満たしてあげることがね(ケーキ)」

・この温かいやり取りを友人が紹介

メッセージを誤送信した相手、ヒントンさんをディナーに招待することになったおばあちゃん。おばあちゃんの温かい気持ちにジーンときてしまうこのやり取りに感動しますね。

これをヒントンさんの友人のロナルドさんがツイートするとたちまち人気に!19万リツイート、20万いいねされる結果となりました。

・感動する人続出

Licensed by gettyimages ®

「すごくいい話」「感動した」「このおばあちゃんはMVPだわ」「心が温まるわ。最高の感謝祭ね」「おばあちゃんに食事しなさいと言われたら食事するのが私たちよね」

こんなおばあちゃんがいたらいいな、こんな感謝祭に憧れる、と多くの方が感動したようです。

・「このツイート、アメリカに今必要なものだ」

そして、中にはアメリカはもっとこのツイートのようになるべきだと訴える人もいました。

・差別をなくそう

Licensed by gettyimages ®

人種差別、性差別…アメリカにはまだまだ多くの差別が残っています。特に肌の違い、生まれや、育った環境などで受ける差別は日本以上ともいわれています。先日大統領選で勝利したドナルド・トランプ氏の差別発言も話題となりました。

そんな中このように歳も、人種も、性別も違う2人が何の偏見もなく心を通わせる温かいやり取りは、多くのアメリカ人の胸に突き刺さったのです。

・私たちは優しくなれる

Licensed by gettyimages ®

見た目や育った環境、ヒトはそれぞれ自分とは違ったところを持っています。でも、どんな人にでも優しくなれるんだということを実感させられました。

この青年とおばあちゃんのような人がたくさんいれば、差別などの悲しい出来事はなくなっていくのではないか。希望を感じさせてくれる実話のご紹介でした。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス