ゲーム機にスマホ…どれくらい持っていますか?

出典aoi画

我が家は4人家族。スマホが4台、このうち1台は wifiのみでしか使えません。その他パソコン、タブレット…。ゲーム機も大体のものは揃っています。
パソコンは、仕事用。タブレットは本を読んだり動画を見たり。自分達のスマホのほかに子供の外出時に持たせる用のスマホ。本当に便利。なくてはならないほど依存していたと思います。

パソコンやタブレット、スマホ、現在は所有率がかなり上がってます。この記事を読んでいる人もスマホで読んでいる人がほとんどではないでしょうか。

スマホで便利になるつもりが、なぜか会話が減り、時間がなくなることに…。

出典aoi画

仕事から帰ってきて、まずする事はなんですか?
ソファに座り、スマホをいじる!が筆者の日常でした。もちろん旦那もです。

その当時、ランキングのあるゲームアプリにはまっていた私達夫婦は、毎日ゲームにどっぷりでした。
小学校低学年と保育園の子供達にも子供向けのアプリをダウンロードし、遊ばせていました。

夕飯の支度も合間を見てゲーム、夕食後もゲーム。休みの日もユーチューブを見たり、朝から晩までどっぷりネット中毒でした。

ところが子供達にスマホを渡し、いわゆるスマ放置状態だったのに、家事は進みませんでした。自分もスマホをいじる為なかなか家事が進まなかったでんです。

スマ放置しているのに、自分の時間がないと思っていた。

子供達にスマホを渡し、自分の時間を作る事は出来ていました。しかし、自分の時間がないと筆者は不満に思っていました。
スマホをいじりながら、家事をしている為、落ち着いた時間が持つことができなかったからだと思います。スマホをいじる時間をトータルしたら、かなりの時間になっていたはずですが、スマホ中毒の筆者にはわからなかったんです。

もっとのんびりしたいな、時間がないなといつも思っていました。

子供の視力が下がったのをきっかけに思い切って夫婦でスマホをやめてみた!

小学校低学年の娘が視力が下がったのをきかっけに、夫婦でスマホをやめてみることに。

実際はかなりの大喧嘩をしたり、揉めたりしながら、スマホを止めるという結論を出しました。
一番の理由は視力が下がった事ですが、『子供にスマホやネットを使わせる事への罪悪感』もあったのだと思います。

とはいえ、仕事でスマホやネットは必ず使うので、プライベートの時間はスマホ禁止。にしました。ゲームアプリなどはすべて消しました。

スマ放置を辞めたらむしろ自分の時間が増えた!

出典aoi画

実際のタイムスケジュールです。

まず、朝を1時間早く起きるようにしました。ニュースを見ながらゆっくりコーヒーを飲みます。その後、洗濯や簡単な掃除を済ませ朝食の準備をします。このコーヒータイムが癒しの時間になりました。

仕事から帰宅後は、子供達にお手伝いしてもらいながら掃除をし、前日に下ごしらえをしていた夕飯を仕上げます。すぐに夕飯ができるので家事のストレスがなくなりました。そして早めに夕飯が取れるようになりました。

夕飯後は、早めにみんなでお風呂に入り、時間がたっぷりあるので子供達と色んな遊びをするようになりました。

20時半には子供達を布団に入れるようにしました。子供達も遊んで満足なのと早起きをするようになったせいかすんなり布団にはいるようになりました。いつもなら、寝かしつけの時間もスマホをいじっていた旦那がお話をしてくれるようになり、その間に家事を進めました。
洗い物と次の日の夕飯の下ごしらえ。22時前にはすべて終わりのんびり過ごせるようになりました。

夫婦でスマホをいじらないので、二人の会話も増え夜もぐっすり眠れるようになりました。

スマホやタブレットの代わりに増えたもの。

出典aoi画

ゲームをする事も無くなったので、その代わりにアナログなゲーム達や、本が増えました。
トランプや、ジェンガ、人生ゲーム、自分たちが子供の頃遊んでいたゲームです。

これが、なかなか盛り上がるんです。
家族4人で、夜食べるアイスの種類を選べる権利を賭けたりしてやります。末の子はまだ小さかったので負けてしまう事も多く、悔し泣きをよくしていました。

楽しくてお腹を抱えて笑う、悔しくて涙する。

これはやはり、スマホだけでは経験できなかったのではないのかと思います。子供達が大きくなった時に、思い出として残る日常がスマホをいじっていたことより家族で笑ったことになる方が良いのかなと思いました。

スマホで子育ては悪くない…本当に悪いのはスマホに依存する親

現在、高学年になった娘達。現在もスマホやタブレットを使うことはほとんどありません。調べたいことがある時に親子でいじることはありますが、子供だけで使わせることはありません。

子供達は、外出時に本やノートとペンを持つ習慣が今も続いていて、静かにしなくてはならない場所などでも自分達で工夫して過ごす事が出来るようになりました。
車で遠出の際も、しりとりをしたり、歌を歌ったりで時間をつぶします。

親子での会話も時間も増えたので、良かったなと思っています。

子育ては大変です。お母さんの時間の確保に、夕飯を作る間に、スマホを見て、少しでいいから大人しくしていてほしい!という気持ちもわかります。子供向けの安心安全なアプリや、大人が見ている場所でのスマホの使用など、核家族が多い時代ですので上手に利用してみるのは問題ないと筆者は思います。

問題なのは、筆者のように親がスマホに依存している事なのかもしれません。
スマホをいじりながら、時間がない!と筆者の様に思う人は1度スマホをやめてみると良いかもしれません。子供の顔を見る時間も増え、家族の会話や思い出が増えると思いますよ。

この記事を書いたユーザー

aoi このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライターのaoiです。
Twitterはじめました!フォローお願いします( ´ ▽ ` )

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 育児
  • 恋愛
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス