父と子が並んで仲良く記念撮影

出典 https://www.facebook.com

一見すると仲良し父子の記念撮影に見える写真です。しかし、少年がこのベンチに座ったこの時、実は隣に座る父はもうこの世にはいませんでした。

いったいどういうことなのでしょう。

アイルランド在住 ジェイミーくん、10才

出典 https://www.facebook.com

ジェイミー(Jamie Featherston)くんは、アイルランド在住の10才の少年です。

彼の父アンディー(Andy)さんは、ジェイミーくんがわずか4才の時、自ら命を絶ってしまったのです。このメッセージをジェイミーくんは写真と共にFacebookの ”Humans of Dublin"というページに投稿しました。

僕が一番好きなお父さんの写真はポーランドで撮影したベンチに座っている写真です。
それが撮影されたのは、ママと2人でホリデーに旅をしていた時でした。お父さんは2010年の大みそかに自殺しました。
僕が最後に父さんの姿を見たのは僕が4才の時でした。

去年ママと僕はあの時お父さんとママが一緒に旅行をしたようにクリスマスにポーランドへ旅をしました。
どうしてもあの写真でお父さんが座っていたベンチを探し出して、あの日のお父さんのように写真が撮りたかったからです。
そして、僕の夢は実現しました。何年も前にお父さんが座ったベンチに座れた喜びを一生忘れることはできません。

出典 https://www.facebook.com

ママは同じ場所で撮影した僕の写真とお父さんの写真を合成してくれました。
それは、まるで僕たち2人が並んでベンチに座っているかのように見えました。
僕はずっと、もしお父さんが生きて居たらどんな感じだったろうと思っていたので、それが実現できてとてもうれしかったです。
僕はお父さんのことが大好きです、そしてお父さんの息子であることを誇りに思います。

出典 https://www.facebook.com

出典 https://static.ijr.com

アンディーさんが亡くなった時、ジェイミーくんはわずか4才。

出典 https://static.ijr.com

アンディーさんが亡くなってから6年後。10才になったジェイミーくんは、ポーランドを訪ね、父が座った同じベンチに座りました。ポーズも同じように、そしてはにかんだような微笑みを浮かべて。

出典 https://static.ijr.com

そして父と息子は、一枚の写真の中で、隣に座ることができました。

僕には2人のヒーローがいて、1人は天国にいるお父さん、そしてもう1人のヒーローはコナー・マグレガーという人です。
大人になったら僕はコナーさんのように強い男になりたいです。
子どもには、絶対に憧れのヒーローが必要です。
僕には2人もヒーローがいるんです。

出典 https://www.facebook.com

10才の少年のメッセージに人々は心を打たれ、感動と称賛のコメントが集まっています。
「なんて賢い子なのでしょう」
「父を尊敬し、父を誇りに思っている、なんて素晴らしい。私も子供達から同じように思われたい。」
「自殺してしまった父に対し、苦い思いを抱いているのではなく、誇りと敬意を持っているというあなたは、人として素晴らしいと思います。」
「お母さんが素敵な人なのだと思います。良い大人に育つことでしょう。」

もう1人のヒーロー コナー・マクレガー

出典 http://rollingstonejapan.com

ジェイミーくんがヒーローと仰いでいるコナー・マクレガー。ジェイミーくんと同じくアイルランド出身の格闘家です。究極格闘技「UFC」で史上初、同時に2階級を制覇したチャンピオンとして日本でも格闘家ファンには良く知られている選手だそうです。

この投稿を見た人々が、コメント欄にマクレガー選手のFacebookページのタグをつけ、「このメッセージを読んでください!」「マクレガーさん、この素晴らしい少年のために時間を見つけて会いに行ってあげてください。」と投稿しています。

近い日、ジェイミーくんとマクレガー選手のツーショットがみられる日が来るような予感がします。

そう、子どもにはもちろん、大人にだってヒーローが必要なのですから!

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス