Licensed by gettyimages ®

※写真はイメージです。

愛知県刈谷市にある漢方薬局『明寿漢方堂』の薬剤師で店長の深谷朋昭さんが、自身のTwitterアカウント(@FukayaTomoaki)で、「脳に栄養が届いていないかも」というチェックリストを公開して話題になっています。

漢方薬や中医薬を使って身体の悩みを改善するお手伝いをしているという深谷さんが作ったチェック項目と、その解決策をマンガにされているのでご覧ください。

脳に栄養が届いていないかも!?

チェック項目は全部で11個。

以下の項目に自分が当てはまるかチェックしてみましょう!

□物忘れが激しい
□人の話を理解できない
□不安感
□不眠、眠りが浅い
□寝すぎ、常に眠い
□動悸、めまい、たちくらみ
□疲れやすく、疲れがとれない
□食欲減退or甘いモノばかり欲しい
□便秘or下痢
□経血量が多い
□漫画のような状態に心当たりがある

出典 https://twitter.com

※最後の項目の漫画とは以下の事です。

最後の項目…かなり深刻ですね…。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

これには、いくつか心当たりがあるという方も多いのではないでしょうか…。当てはまっている項目が多ければ多いほど、脳に栄養が届いていない可能性が高くなります。

ちなみに私は3つ当てはまったのですが、深谷さん曰く3つなら、今から養生気を付けていれば、比較的早く改善する」とのことです…。気を付けます…。

なぜ栄養が脳に行き届いていないの?

なぜ栄養が脳に行き届かないのか?それは、脾(消化器)に欠陥があると起こるようです。

逆に消化能力が高く吸収力が良いと、血中に栄養素が補充され、心臓がポンプして栄養タップリの血液を各臓器(とくに脳)に届けることができ、全身の歯車がスムーズに動いてハツラツ動けるようになるんだとか。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

脾が弱るとどうなるの…?

を動かすには、ではなくを動かす必要があります。

しかし、脾が弱ると他の臓器と同様に脳に栄養が届かず、臓器栄養を消費して考えたり覚えたり感じたりする本来の能力を発揮出いなくなってしまうんだとか!思考も鈍り、忘れっぽくなったり、感情のコントロールも難しくなったりするんです…。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

じゃあいっぱい食べて脾を動かせばいいの?

脾が弱っているから脳を動かすのが大変ということは…たくさん食べていっぱい動かせばいいんだ!と思うかもしれませんが、そうではありません。

食べ過ぎると消化にエネルギーを使いすぎる上に、消化しきれないため逆効果…。負のスパイラルに突入してしまいます…。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

何故こんなに脾が弱いのか…

脾が弱る理由としては、飲食の不摂生だけではなく、過度なストレスや睡眠不足、運動不足なども原因になるんだそうです。要するに、偏食、早食い、食事をよく噛まない、遅い時間に食べる、冷たいものの摂り過ぎ、空腹感がないのに食べる、間食が多い…などなど、悪習慣の積み重ねですね。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

じゃあどうすればいいの!?

長年の悪習慣で弱った脾を健やかな脾に戻すためには、長期的な生活習慣の改善が必要です。心脾両虚を改善する習慣を心がけましょう。

・早めの夕食で胃腸を休める
・よく噛む
・常に腹八分を意識する
・冷たい飲食を控え、温かいスープを飲む
・早寝早起きを心がけ朝日を浴びる
・ストレスを溜め込まない、解消方法を確保しておく
・適度な運動(とくにストレッチ)

(※権利者の許可を得て掲載しています)

継続が難しいなら漢方もあるよ!とのこと。さすが漢方堂さん!

健やかな脾に戻すために心がけることは、難しいことはほとんどなく、どれも規則正しい生活を送っていれば良さそうなものばかり。日頃の生活習慣が重要のようです。

深谷さんのTwitterでは、話題になっているツイートに相談のリプライを送った人への親切な回答も見られますので、是非チェックしてみてくださいね!

※本記事に掲載しているツイートは、全て権利者の許可を得て掲載しています。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら