「モー娘。」OG、タレントとしても大活躍中の保田圭

アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバーで、現在はタレントとして活躍中の保田圭さん。

出典 http://ameblo.jp

料理研究家のご主人にも褒められるほどという料理上手な一面や、家にお花を欠かさないなどのイイ妻っぷりで注目を集めることも多い彼女。

出典 http://ameblo.jp

最近では、バラエティ番組『世界の日本人妻は見た!』(TBS系)の大人気コーナー「Tsumazon」シリーズにも登場し、世界各地をママチャリで滑走する姿もお馴染みとなっていますよね。

約2年前からは”妊活”も開始

約2年前の2014年9月に、ブログで妊活開始を宣言。以降、基礎体温の測定”温活”、子授けのご利益があるというパワースポットを訪れるなど、様々な妊活法を試していることを明かしています。

出典 https://www.amazon.co.jp

妊活雑誌でもコラムを執筆するなど、芸能人だからと飾らない、等身大のその姿に共感を覚えるというファンも少なくありません。

OGたちのオメデタ続きには複雑な心境も…

近頃、とにかく”ベビーブーム状態”となっている「モー娘。」OGたち。
夏には安倍なつみさん、吉澤ひとみさんが立て続けに第一子を出産し、最近でも加護亜依さん、後藤真希さんが第二子の妊娠、そして同期でもある市井紗耶香さんが第四子の妊娠を発表したばかり!!

出典 http://ameblo.jp

元メンバーたちのオメデタを祝福する傍ら、自身の妊活ではなかなか結果が出ていないということもあり、複雑な心境を吐露したこともありました。

正直…

おめでたいニュースを聞くたびに
『いいなぁ…。うちも…。』って思う気持ちが
『無い』って言ったら嘘になるかな

妊活開始から2年、妊娠・出産に沸く周囲を目の当たりにし、こういった感情が芽生えてきてしまうのも無理はありません。

仕事と妊活を”両立”するのは並大抵の苦労ではない

最近では専門のクリニックに通院しながら、”本格的な妊活”を始めていることも明かしている保田さん。

海外や地方ロケなどで各地を忙しく飛び回る仕事と、月経周期に合わせるためスケジュールのコントロールが効かない妊活とを”両立”させるのは、簡単なことではありません。

仕事終了後、時間ギリギリに飛び込みで診察してもらうこともよくあるそうです。

今日のお仕事
終わりました
今日もこれから急いで
妊活の為の
病院へ〜〜

診察時間
ギリギリ
間に合うかな〜〜

わぁー帰宅ラッシュで
電車も激混みだ〜〜

急がなきゃ〜〜

さらに、不妊専門のクリニックは数が少ないこともあり、どこも常に激混みの状態。
待合室で座ることもできず、数時間立ちっぱなし…ということも珍しくないんだとか。

病院に着いたら
案の定…お仕事帰りの
妊活中の方達で
待合室いっぱ〜〜い

座る場所もないくらい
混み混みだし…
駅から病院まで走ったから
汗だくの状態で立ちっぱなし

治療の内容によっては保険が効かない場合もあり、治療費が高額になることもある不妊治療。それに加えて座ることもできないほど激混みなクリニックに毎日のように通わなければならないともなれば、そのストレスは想像を絶するほどのものであることは言うまでもありません。

過酷な妊活をどうやって乗り越えてるの?

多くの妊活中の女性たちからも同じような状況に嘆く声が寄せられている中、彼女が過酷な通院を乗り越えるために大切にしているという”信念”を明かしました…。

『我が家に新しい家族が
来てくれるための準備』
って思えば…
大丈夫

(中略)

『極力…マイペースで』って
心がけて
頑張っていますよ

あくまでも、”私はわたし”とマイペースに妊活に励むことをモットーとしていると語った保田さん。さらに、大変な通院も”赤ちゃんを迎えるための準備”と前向きに捉えていることも明かしました。

100%成功する治療法が無いため、『出口の見えないトンネル』と例えられることも多い不妊治療。そのため、保田さんのように妊活期間が長期に渡ると、精神的・肉体的にも自分を追い込み、負のスパイラルに陥ってしまう人も少なくありません。

そんな人たちに向けて、妊活を前向きに捉えられるようなアドバイスをした彼女には、多くのファンから賞賛の声が寄せられています。

「元気もらえました(-^〇^-) けいちゃんどうもありがとう♪」

「頑張らず、マイペースに…ですね!」

「周りの友達は妊活や不妊治療とは疎遠な人たちばかりで…。
圭ちゃんも妊活を頑張っている姿をブログで拝見して、元気貰えました(o^^o)」

出典 http://ameblo.jp

周りとは共有できない悩みだからこそ、保田さんのブログから元気をもらったという人は多かったようです。

参考にしたい!保田圭の”マイペース妊活”

辛くても治療を続けなければ、妊娠への希望が断たれてしまうというのが不妊治療患者の辛いところですが、保田さんは「心がしんどい」「ついていけない…」と感じた時には迷わず治療を中断し、妊活にも休憩を取り入れることを心がけるようにしているそうです。

35歳という年齢もあり、焦る気持ちもあることとは思いますが、そればかりにのめり込んでしまうことがないように、気をつけているのだそうです。

妊活も”妊娠できない”のではなく、”夫婦2人で居られる時間”と捉えているという保田さん。そのマイペースさを貫く妊活スタイルは、ぜひ参考にしたいですね。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
愛する夫とのんびり妊活中♡
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス