出典 https://www.facebook.com

こちらの写真の女性は、アメリカ・ウィスコンシン州ミルウォーキーに暮らすコーリー・サルチャートさん。ベテラン看護師でも有り、8人もの子どもを持つゴットマザーでもあります。

2012年のある日、勤先の病院で一人ぼっちの小さな命と出会ったことからすべては始まりました。

出典 https://www.facebook.com

男の子が3人女の子5人、そして、旦那のマークさんとコーリーさん総勢10人の大家族。仕事に家事に子育てに追われる日々の中、ある日病院で小さな命と出会いました。小さな命は、脳に重度の障害を抱えて生まれてきたこと、命を繋ぐために人工呼吸器が必要なこと、そして、その命が残り僅かだということ…その上、命を産んだ母親は行方不明とのこと。身寄りも行く先もない…名もなき小さな命。本当に人ぼっちの頼りない命でした。

この命と出会った時、コーリーさんは生まれて初めて『何かしなければ』との思いに駆られたそうです。

小さな命と向き合うことを決めたコーリーさんが真っ先に考えたこと。それは、この命に名前をつけ引き取ること。『残りわずかな日々、機械に囲まれ、愛の言葉をかける母親が行方不明、温かい手で赤ちゃんを撫で抱きしめる人がいないなんてあんまりだ』そう感じたコーリーさんは、すぐさま養子縁組の手続きに入ったそうです。

経験豊富な看護師であり、母性愛に溢れた献身的なケアで同僚や医師たちからも絶対的な信頼を置かれている彼女、手続きはスムーズに終わり晴れて赤ちゃんはサルチャート家の一員に!名前は『エマリン』と名付けられました。

出典 https://www.facebook.com

コーリーさんの家族は新しい家族ができることを心から喜びました。一人ぼっちだったエマリンはみんなに可愛がられ愛される場所を見つけることができたのです。

コーリーさんのパートナーでもあり、誰よりもコーリーさんの理解者である夫のマークさんも全面的にコーリーさんをサポート。エマリンを心から愛し懸命に介護してくれました。エマリンは一時も目を離すことができない状態。仕事を休んでエマリンを見守るコーリーさん。家族も精一杯の協力を惜しみません。エマリンが家族になり、サルシャート家の家族の絆は更に深まっていったのです。

出典 https://www.facebook.com

コーリーと家族はエマリンの命がそう長くないことを知っていました。だから尚更、エマリンがたくさんの人々と触れ合えるように、様々な場所に連れて行きました。多くの人に抱かれ、撫でてもらい、エマリンは病院にいる時とは見違えるように元気になったそうです。そして人々はいつの日からか、サルシャート家のことを『house of hope (希望の家)』と呼ぶようになりました。

出典 https://www.facebook.com

コーリーさんは、一人ぼっちだった小さな命が、今、輝きを放ちながら懸命に生きていることを知ってもらいたいとFacebookに投稿。するとエマリンのことがたちまち評判になり大きな反響を呼びました。

出典 https://www.facebook.com

サルシャート家にきて50日後…エマリンはコーリーさんの胸の中で静かに息を引き取りました。彼らは長い間、悲しみにくれたと言います。

出典 https://www.facebook.com

サルシャート家に舞い降りた天使は多くのものを家族に与えてくれた、そして、エマリンが最期の日を迎えた時…

エマリンの最期の夜、家族全員がエマリンを囲んだの。みんなが順番にエマリンを抱いて愛してると言いキスをした。夫は、エマリンを深く抱き込むと耳元で優しく歌を歌っていた。

その後、娘のチャリチィーと私が残ってエマリンと一緒に過ごしたの。私はエマリンを胸元に抱いて歌を歌ったの。気が付いた時…エマリンが呼吸をしていなかった。

顔を覗いて彼女が逝ってしまったことを確認した。彼女は私の心臓の音と歌声を聞きながら息を引き取った。苦しみも、痛みもはなかったと思う。そして何よりも、エマリンはひとりぼっちじゃなかった

出典 https://www.facebook.com

エマリンが居なくなった悲しみは想像以上に辛いものだったと言います。それほど家族全員がエマリンを心から愛していたのです。再び、エマリンのような一人ぼっちの命が目の前に現れたら同じことをする?との問いに家族全員が『YES』と応えます。

そして1年後…

出典 https://www.facebook.com

サルシャート家は再び新たな家族の一員を迎え入れました。エマリンと同じように脳の障害を持って生まれ家族のいない一人ぼっちの男の赤ちゃん、チャーリーです。

チャーリーに残されている時間も多くないそうです。サルシャート家のみんなは、また全力で彼を愛しています。希望の家を呼ばれるサルシャート家、エマリンやチャーリーだけでなく、これからも身寄りのない末期患者の子どもたちを迎え入れ続けるつもりだといいます。家族のいない子どもたちにも、愛情に包まれた安らかに眠れる場所を与えたい。一人ぼっちじゃないことを知ってもらいたい。それが家族の願い。

出典 https://www.facebook.com

生と死に正面から向き合う私心なき行動、悲しみを乗り越える強さ、言葉では簡単に言えますが、誰しもができるようなことではありません。その愛情の深さには頭がさがる思いです。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス