スーパーコンピュータと聞いてまず初めに思い浮かぶのは、「京(けい)」という名前と、「2位じゃダメなんでしょうか?」という特徴的なセリフではないでしょうか。

当時与党であった民主党が2010年の予算編成を決めるため、2009年に導入した事業仕分けにて、当時文部科学省・農林水産省・防衛相などの予算編成を担当していた蓮舫議員が発したセリフに、世間の注目が集まりました。

あれから6年あまり。ユタ州ソルトレイクシティで開催されたSC会議16会議で11月14日に発表された最新情報では、世界のスーパーコンピュータ上位500を決める性能ランキング「TOP500」で日本のスーパーコンピュータは大幅に順位を下げ6位に、かつて世界1位を誇った京は7位。つまり、2位もダメでした!

日本の科学への予算投資はこのままで大丈夫なのでしょうか?科学者・研究者でなくとも不安になる、日本の国家予算の使い道。高い技術を誇る日本の科学の未来はどうなる?

「TOP500」8連覇は中国のスパコン

世界のスーパーコンピュータの性能ランキング「TOP500」の首位と第2位は、両方とも中国のスーパーコンピュータが獲得。中国の国立スーパーコンピュータセンターが開発した「神威太湖之光(Sunway TaihuLight)」と、中国国防科学技術大学が開発した「天河2号(Tianhe-2)」が、栄誉を獲得しました。

日本のスーパーコンピュータの順位を確認してみると、最先端共同HPC基盤施設が開発した「Oakforest-PACS」が6位、「京」は7位。2位じゃダメなんですか?とは言えない順位に。

【4期8連覇】の中国スパコンの性能

「TOP500」で6期連続(3年間)首位を獲得した「天河2号(Tainhe-2)」と、直近1年間で2期連続首位を獲得している中国スパコン「神威太湖の光(Sunway Taihu Light)」は、合わせて8期連続で世界のスーパーコンピュータの性能1位評価を受けています。

スーパーコンピュータの性能では、実質独走状態の中国。中国のスパコンは、他の国のスパコンとどのような違いがあるのでしょうか?

「TOP500」の性能検証は、スーパーコンピュータをもってしても計算に数十時間~数時間かかる元数の演算速度やその正確さで競われます。

「TOP500」に掲載されているスパコンランキングには、各スパコンの名前の右横に数字が記載されています。1位の神威太湖の光は93、天河2号の横には34という数字が確認できます。

この数字は、コンピュータ処理能力の単位である「ペタフロップス」の数値を表し、ペタフロップスとは1秒間に浮動小数点計算を何回できるかを表しています。

1G(ギガ=10の9乗)フロップス:1秒間に 1,000,000,000回
1T(テラ=10の12乗)フロップス:1秒間に 1,000,000,000,000回
1P(ペタ=10の15乗)フロップス:1秒間に 1,000,000,000,000,000回

出典 http://www.fujitsu.com

首位の神威太湖之光の演算速度は、同じ中国の天河2号の2倍以上。中国スパコンの性能の高さがわかります。

初登場6位を獲得!日本のスパコン【Oakforest-PACS】

今回、日本のスパコンの中では最高評価を受けた、世界第6位のスーパーコンピュータOakforest-PACS。世界1位評価を獲得したこともある日本のスパコン「京」よりも高い性能を持つスパコンです。

Oakforest-PACSを開発した最先端共同HPC基盤施設は、2013年に筑波大学と東京大学が共同で立ち上げた組織であり、東京大学柏キャンパス東京大学情報基盤センター内にあります。

施設長は東京大学大学院情報工学系研究科教授の中村宏氏。中村教授は今回のOakforest-PACSのTOP500第6位を受けて、最先端共同HPC基盤施設長のご挨拶としてコメントを発表しています。そこには、東京大学と筑波大学の2大学が共同で調達・運用したスパコンの開発について述べられています。

2つの大学による共同調達・運用という国内初めての試みが実を結んだことです。Oakforest-PACSは、その調達・導入・運用の全てを東京大学と筑波大学が共同で実施します。これは国内初の試みであり、日本全体の力の結集へ向けた試金石になるものと考えております。

出典 http://jcahpc.jp

事業仕分けでスパコン開発予算は40億円削減

元々、スーパーコンピュータは速度の速い計算をすることを目的として開発された訳ではありません。スーパーコンピュータによって導き出された答えが、自然災害や気象予報の予測に役立ったり、スパコンの性能が上がることによって、国民の生活の豊かさや便利さ、安全などに役立つのです。

ですから、性能の高いスパコンを保有していることは、国益や国防の点でも大きな意味を持つものであり、そのために高い演算性能がスパコンに求められるのです。

しかし、2009年に予算行われた事業仕分けにより、2010年から日本のスーパーコンピュータ開発費用は40億円も削減されました。

税金などから捻出される日本の国家予算は、社会保障や2015年度末時点で1049兆3661億円ある国の借金返済など、さまざまなことに使われます。

日本の国益を考えたとき、かつて民主党(現民進党)主導で行われた事業仕分けが正しかったかどうかというのはわかりません。

ですが、スパコンを研究・開発・運用している科学者にとって、この「予算40億円削減」は、大きな爪痕を残したと言えるでしょう。それを証明するように、2011年に2期連続で「TOP500」の世界首位を獲得した日本のスパコン「京」は、2012年以降、順位を下げています。

「京」は理化学研究所(理研)と富士通の共同開発

2016年の「TOP500」では7位に順位を落としたスーパーコンピュータ「京」ですが、2016年のHPCG(共役匂配法の処理速度の国際ランキング)では1位を獲得しています。

「京」は、理化学研究所と富士通が共同開発しており、日本のスパコンの開発は基本的にいくつかの施設が共同で行っているようです。

1つの研究施設で独自にスパコン開発を行うよりも、削減されたスパコンの研究開発予算を合理的に使用できる点や、施設ごとの強みを生かし、限られた予算に中で高性能のスパコンを開発するのに、2施設以上の研究機関によるスパコンの共同開発は、かなり有効な方法と言えるでしょう。

日本の科学技術・研究者への投資は今後どうなる?

国の予算の削減で、大幅に減らされてしまった日本の科学技術や研究予算。エネルギー(原発など)にかける予算以外には、国の政治を司る与党・野党の公約に、科学技術に関する予算の記述はおおまかにしか記されていません。

高い技術力を誇る日本の研究者たちは、これからごく限られた予算の中で、研究・開発を進めていくことになりそうです。

それは、科学者の悩みの種というだけではなく、日本の科学技術の衰退にもつながるかもしれません。しかし、国の政治を健全に行う上で、科学技術の発展のためだけに高額の投資ができるような余裕も、今の日本にはないのです。

これからの日本の科学技術は、どうなっていくのでしょうか?

この記事を書いたユーザー

かおり このユーザーの他の記事を見る

1.3.5歳の子供たちを子育て中のかおりです。文章を書くのが好きで、アメブロの更新はほぼ毎日行っています。現在自宅でWEBライターをしています。論理的で根拠のある文章が好き。でも、ぐでたまの横にちょこっと書いてあるだらしない言葉も好き(笑)旦那とは大喧嘩もするけど基本ラブラブです。よろしくお願いします。引き寄せの法則・自分を愛する大切さについて書いてます→http://ameblo.jp/kira-kirakaorin

得意ジャンル
  • マネー
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス