ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で大人気の石田ゆり子。47歳になった現在も美しくキャリアを重ねてきた彼女が、“揺らめく心”を余すところなく語った1万字ロングインタビューを掲載した『FraU(フラウ)』12月号が、2016年11月11日(金)に発売された。

高校一年生の時にスカウトされ、16歳で芸能界デビューした石田。

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」には、主人公みくり(演:新垣結衣)の叔母役として登場し、視聴者からは「ガッキーがカワイイ。でもそれ以上に石田ゆり子がかわいい」「石田ゆり子さんが最高に可愛いし大好き」「逃げ恥の石田ゆり子みたいな47歳になりたい!」と大評判の彼女。

今回、『FraU』のインタビューでは、「恋愛観」「結婚観」「女優観」「人生観」を語っている。

「20代の頃に戻りたいかと聞かれたら、戻りたくはないです。今の方が自分らしいと思っているし、今の自分の方が好き」

「45歳を過ぎてから、“こういう人生を私は選んできた”ということに対する覚悟とか責任みたいなものは、強く感じるようになりました」

「人が享受できる最大の幸福というのは、自分がしたことで誰かが喜んでくれることだと思うんです」

そう語る彼女に「生まれ変わっても女がいいですか?」と訊くと、あっさり「次は男がいいなぁ」との答え。

「女がいやだってことじゃないですよ。ただ、男の人って楽しそうじゃないですか。年を取ってバカなことをやっていても、“カッコいい”とか言われるし(笑)。年を取ってからでもお父さんになれたりする。そこはズルいなって思います」

年齢を感じさせない美しさ、愛らしさをあわせ持つ彼女の今に迫る大ボリュームインタビューは必見。

同号ではそのほかに「女優・蒼井優とその仲間たち」で映画「アズミ・ハルコは行方不明」から生まれた同世代4人の愉快な関係を3部構成の対談で紹介。

同作で主人公のアラサーOL・安曇春子役を演じた蒼井優と、同作の原作者で作家・エッセイストの山内マリコ、同作で映画デビューを飾ったシンガー・ソングライターの石崎ひゅーい。そして、監督を務めた松井大悟。

この映画をきっかけにグッと距離が近寄ったという面々が、「アズミハルコは行方不明」と、お互いのいい感じの関係についても語っている。

出典 https://www.amazon.co.jp

※掲載内容は変更になる場合があります。

この記事で紹介した書籍

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス