記事提供:Conobie

必須?贅沢?ママの息抜きについて考えました。

息抜きしたいと言うと、

「子育てが大変なのは当たり前、母親としての自覚が!」

「子どもが可愛くないの?」など、批判されることがあります。

でも、たとえば自分が大好きなこと、楽しいことだけをして過ごしたとしても、それを24時間365日ずっと続けたら…。

育児も、どんなに楽しくても可愛くてもやり甲斐があっても、24時間365日続けるのは辛い!

はいここテストに出ます。

母親が疲れてぐったりして育児するのが素晴らしいなんて訳ありません。

コンディションが整っていてこそ、しっかりと子どもと向き合い育児を満喫できると思います。

最近は産後うつや育児ノイローゼなどもメディアに取り上げられて周知されており、たぶん昔よりは「本当に辛いなら息抜きもOK」と認められる社会になっていると思われます。

でも、そこまで追い詰められる前に、もう少し気軽に息抜きができればいいのにと思うのです。

ずっと子どもと一緒のほうが落ち着くママや「子どものために」と信念を持って人に預けないママもいるので一概には言えませんが、それでも辛くて逃げ出したくなる前に「好きなものを100%楽しむため」の少しの息抜きが認められるようになればいいなと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス