◆ 世界で最も美しい「ウェディングフォト」

出典 https://www.facebook.com

普段は山を専門に撮影をしている、写真家のKarol Nienartowiczさんがこの度公開したある写真の数々が海外のニュースサイトで話題となっています。

Karol Nienartowiczさんは、これまでにカメラ片手におよそ
20カ国以上を訪問し、様々な山の姿を撮影してきました。ポーランド、スイスとフランスの国境の背後から山脈とタトラ山脈やアルプス、ウクライナのカルパチア山脈などなど。

◆ ノルウェーやスウェーデンで撮影された写真とは?

出典 https://www.facebook.com

話題となっているその写真は、彼とその妻のウェディングフォトなのですが、ただのウェディングフォトではありません。ノルウェーやスウェーデンの大自然を背景に、旅をしながら撮影し続けたというウェディングフォトなのです。

その広大な景色の美しさはもちろんですが、その中に溶け込んでいる花嫁の姿もとっても神秘的。

◆ 10,000キロの旅の途中で撮影された写真の数々

出典 https://www.facebook.com

Karol Nienartowiczさん自身がブログでこの旅について触れています。

結婚式の2週間後、彼は妻を旅に連れて行きました。彼は妻に、「世界で最もユニークな場所」をいくつか紹介したかったのです。それは、ノルウェーとスウェーデンの山と風景でした。

彼と妻は、世界で最も美しく、そして難しい場所へ旅だちました。その素晴らしい45日間の旅の合間に撮影されたのがこの写真の数々なのです。

プレーケストーレン
プレーケストーレンは、ノルウェーにあるフィヨルド、リーセフィヨルドの崖の一つであり、主な観光地である。水面からの高さは垂直で600mになる一枚岩であり、崖の頂上はおよそ25m四方の正方形になっており、「演説台」を意味する名前の「Preikestolen」はこの形状から来ている。

出典 https://ja.wikipedia.org

出典 https://www.facebook.com

彼らは車でおよそ10.000キロを走り、また160キロもの山道を歩きました。
そして、荷物はすべてバックパックの中へ。もちろん、妻のウェディングドレスも入っていたのです。すべての持ち物はバックパックで身に着けていましたが、それぞれがなんと25キロと15キロも重量があったんだとか…。
(※写真はプレーケストーレンにて、日の出の光を浴びながら)

出典 https://www.facebook.com

彼らはこの様な、プレーケストーレン、トロルトゥンガ、ネーロイフィヨルド、ヨステダール氷河、ヴォーリングフォッセン、ロフォーテン諸島、セニヤ島の島とスウェーデンの谷Rapadalenといつ、ノルウェーで最も有名な場所を訪れました。

トロルトゥンガ(Trolltunga、トロールの舌)は、ノルウェーホルダラン県オッダの町の北東にあるダム湖(the lake Ringedalsvatnet)の北側の高さ約700メートルの山の崖から水平に突き出た岩塊である。崖は、ハルダンゲル・フィヨルドから分岐するフィヨルド(Sørfjorden)の沿岸にあるチッセダル村の10キロメートル東方の地区(Skjeggedal)の東に位置する。英語ではトロールの舌(The Troll's tongue)と訳される。

出典 https://ja.wikipedia.org

出典 https://www.facebook.com

時には雨が降り、また風も拭き、キャンプ場ですら眠れない夜もしばしばあったんだそうです。しかし、このような素晴らしい景色とともにウェディングドレスを着た妻を撮影できた瞬間には、疲れは吹っ飛んでしまったんだとか。
(※写真はプレーケストーレンでの日の出を眺めているところ)

出典 https://www.facebook.com

旅を終えた彼らは、合計で580枚のウェディングフォトを撮影したんだそう。その後、2人は沢山の写真の中からTOP30を選び、彼のブログに掲載したのです。その素晴らしい写真の数々はたちまち話題となり、海外のニュースメディア等で取り上げられる事に…。
(※写真はヴォーリングフォッセン、滝の前で)

アイフィヨルド(Eidfjord)から内陸部へ進むと、急峻な渓谷マーボ・ダーレン(Mabødalen)へとさしかかります。この渓谷を抜けるとハダンゲルヴィッダ高原(Hardangervidda)があり、高原の西端には落差182mの滝、ヴォーリングフォッセンがあります。

出典 http://www.visitscandinavia.org

出典 https://www.facebook.com

彼はもともと山専門の写真家でしたので、ウェディングフォトは初挑戦でした。しかし、あまりにも反響が大きく、また美しい妻を写真におさめる事もでき、旅の良い思い出も出来てとてもよかったと述べています。

「私はあなたも写真を楽しむことを願っています!」(本人コメント)
(※写真はスウェーデン、Dolina Rapadalenにて)

出典 https://www.facebook.com

Karol Nienartowiczさんも一緒に。
(※写真はOkshornan, Senjaにて。)

Senja(センジャー)には2つの海岸線があります - 緑色で穏やかな内陸部の海岸と、険しい、露出した海岸です。だから、なぜ外岸に最も重要な集落があるのですか?それが最高の釣りがどこにあるからです。

出典 https://translate.google.co.jp

出典 https://www.facebook.com

野生のオオカミ…?
(※写真はセンジャーの海岸にて)

出典 https://www.facebook.com

Kannesteinenという、不思議な形の岩がある場所にて撮影された1枚。波に削られて数年かけて自然に出来上がった形なんだそうです。石の高さは約3メートルほどあるそう。

出典 https://www.facebook.com

Preikestolen(プレーケストーレン)という、ノルウェーで有名な崖の上で撮影。
花嫁の後ろ姿は凛として美しくもありますが、どこか寂し気な印象も。

出典 https://www.facebook.com

時にはこーんな山の上で撮影した事も。ノルウェーのLitlefjelletという場所で撮影。山を登るとはとても大変ですが、その頂きから眺める光景はとても美しいそうですよ。

出典 https://www.facebook.com

Lysefjord(リーセフィヨルド)に立つ2人。

リーセフィヨルドはノルウェーの南西部ローガラン県フォーサンにあるフィヨルドである。名前はノルウェー語で「光のフィヨルド」を意味する。周辺で見られる花崗岩が光る性質を持つことからこの名が付いたといわれる。

出典 https://ja.wikipedia.org

出典 https://www.facebook.com

Vøringfossen(ヴォーリングフォッセン)の滝をバックに。

◆ 海外メディアでも話題に!

出典 https://www.facebook.com

彼の写真とブログは海外のニュースサイトを中心に取り上げられ、瞬く間に話題となりました。

出典 https://www.facebook.com

広がる大地に一人たたずむ花嫁の姿は、孤独でありながらも花嫁の力強い美しさを的確にとらえた写真となっています。
(※写真はノルウェーのUttakleiv Beachにて、虹とともに)

◆ こんな素敵なウェディングフォト、撮ってみたい!

出典 https://www.facebook.com

ウェディングフォトのアイディアに頭を悩ませている方、いっその事、新婚旅行時に一緒に撮影してみませんか?教会や式場、海外挙式だけがウェディングフォトの舞台ではありませんよ。

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス