記事提供:壁に向かってフルスイング

結婚が全てじゃないし、結婚しない選択肢も全然有りの現代ですが、もし「結婚がしたい」のであれば、やっぱり30歳になる前になんとかしたほうがいいのではと思います。

理由その1

「今日よりも合コンに乗り気の日」はもう来ないから

20代で初めての合コンに行く人も多いとおもいます。

その時の気持ちは「かっこよくてお金持ちの人と運命の出会いをするかもしれな~い!」と思って行きます。わたしもそうでした。

しかし、実際の合コンでそんな人に出会える確率は0.1%ぐらいであり、満足する合コンなんてほっとんど無いわけです。

急な合コンの話が来た時に23だったら「行く!行くいく!(まだ可能性がある!)」となるわけなんですが、30近くなると「いや~ちょっと疲れてるから…今日はいいわ…今日は家でドラマ見たいわ…(どうせいい男いないし)」と断ったりします。

ここで“今日はいい”という感情が生まれるともう危険で、当たり前ですが、人生において「今日」より若い日は来ないのです。

1ヶ月後の自分が「疲れてないから合コンに行きたい!イェイ!」となることはないのです。多少の元気の差はあれど、1年前より確実に体力がなくなるアラサーなんです。

それは年々ひどくなります。

そして、一緒に合コンにいく女側は、いつのまにやら年下ばかりになります。

なので、誘われた合コン、行ける時に行こ!!!

理由その2

30をこえた独身男性を前にすると「とりあえずこいつの欠点はなんだ?」と考えてしまう

よく、30超えたら変なやつしか残ってない。という話を耳にします。実際そんなことはないはずで、タイミングが悪かったりなんだったりで30すぎても独身な男性でいい男はたくさんいます。

しかし、先入観により、あら捜しを始めてしまうわけです

「こんなに普通で彼女いないとかおかしい。おかしすぎる。マザコン…?」

のように。男性側は知りませんが。

誰しも欠点があるんですが、そこばかりが強く見えてしまう色眼鏡をかけてしまうのですなぁ。

理由その3

もうとりあえず、新しい人と仲良くなるのに体力がいる

今までの人生で出来た友達がすでにいるのに、新しい友達や仲いい人をつくるのはとても体力が入ります。

友達の友達、以外の条件で友達になる事って本当なくなりました…「知り合い」にはなれるんだけど。

あまり仲良くない人とあそぶ時、昔は1日ぐらい前からドキドキしてたけど、今は2週間ぐらい前から、ちょっとだけ気が重い。

だったら、気の合うあの子と遊んでたほうが幸せ…。

理由その4

大人の恋愛って何?

「好きで好きでもうずっと一緒にいたい!」という恋愛を経てきている人は多い気がして。でも、28ぐらいからその「好きで好きで!」の感情はドンドン枯れてくる。

少女漫画の恋愛はもうできず、かといってTVドラマの恋愛なんかもっと無理。タラレバ娘だって、立派に恋愛してるけど、“不倫”“二番手”“若い男子”のようなプラスの要素があるからできる。

普通の男性に普通の28歳女子は、恋に恋焦がれて恋に泣けない。

でも、求めてしまう「大好き!」の感情。

ここのジレンマを27~29でこじらせてしまうと、彼氏なし30歳が出来あがる。

‐‐‐‐‐‐‐‐

もちろん、30すぎてもパワフルに出会いを求められる・出会える人もいると思います。でも、周りの女性を見てても、歳をとるにつれ「既存の知り合い」と遊ぶ率が増えていっているのは間違いないと思います。

大学の同級生、サイコ~!

これを読んでいる27歳ぐらいの女子で結婚したい子、今日より元気な日はないから今日アグレッシブに!!!

25歳ぐらいにもどりたい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス