記事提供:おたぽる

さまざまな分野・立場から、多面的な角度での議論が紛糾してきた文化庁メディア芸術祭も20年が経過(準備含む)。10月15日から11月6日まで、アーツ千代田3331にて「文化庁メディア芸術祭20周年展-変える力」が開催された。

ここでは11月5日に行われたシンポジウム「『メディア芸術祭』の20年」の一部に触れる。

写真:右から富野由悠季、岩谷徹、里中満智子、建畠晢、佐伯知紀、小林桂子。

文化庁メディア芸術祭が初めて開催されたのは1998年。文部省(現:文部科学省)が46年に開始した芸術祭(現:文化庁芸術祭)を援用するかたちで始まった。

今もなお「メディア芸術って何?」と首を傾げる人は少なくないものの、“メディア芸術”なる文言が登場したのは、「メディア芸術祭」開始前年の97年だ。

そうした経緯を知れば言葉の定義で必要以上に悩まずにすむ(ちなみに、つい“クールジャパン”としたくなるところでも、経済産業省ではなく文化庁なので、メディア芸術の呼称を心がけたい)。

「マンガなんて社会の中で爪弾きにされて、だけど、だからこそ絶対に素晴らしい表現形式です。他の分野も振り返ってみれば、最初は非常に下品なものとされているとか、そういった歴史がありますよね。マンガも今にありとあらゆるテーマを作者なりの個性で描かれて、マンガだからとかじゃなくて映画と同じように、この人のこの作品だからという見方に変わるんです」(里中満智子・マンガ家)

写真:文化庁メディア芸術祭関係年表(1ページ目)。

アニメーション部門とマンガ部門で審査委員を務めた経験がある里中は、「メディア芸術祭」開催へ向けた96年の「マルチメディア映像・音響懇談会」にも、メンバーとして参加していたという。

自らの経験を振り返り、「学校でもマンガ家になりたいというと、先生たちから寄ってたかって『大丈夫か?しっかりしろ!』と言われ、家でも『勘当する!』と言われて辛いものでしたが、若者が自己表現としてドラマをやるとなると、こんなに素晴らしい表現形式はないんですよ」と熱を込めたコメント。

「お上が『マンガ部門に賞金あげたくない』と言ってたってのは、上等じゃないかって思ったんですよ。何もお上に認められたくてやってるわけじゃないと。むしろ虐げられて戦う分野でいいやと。みんなそう思って覚悟して入ってきたと思うんです。

ところが振り返ってみると、能でもお茶でも浄瑠璃でも歌舞伎でも、いつのまにか伝統芸能みたいになってしまって、形式に走る部分もありますよね。それでも若い人たちはその中で努力して新しい発想で頑張ってらっしゃる。

だからどんな分野でもいずれ、広まって定着すると硬直する時期を迎えないとは限らないんですよ」(里中)

「メディア芸術祭」の賞金額も文化庁芸術祭の額を参考にしていたとのこと。

里中は仕方がないと思いつつも、海外からも応募があるだけに、経済的に豊かな国からあげる賞としては賞金が安くて恥ずかしく、期待されたら困ると思ったこともあるとボヤいた。

「次から次へと若い人たちがチャレンジすることによって、硬直せずに広がっていく。認められて充分な環境で、とても恵まれた潤沢な資金があってやっていけたらどうなるのかなって心配が却ってあるので、いつまでもマンガに賞金をくれない方がいいやと思うんですが、くれるものならもらっといた方がいいですよね(笑)。だから私は賞金には文句を言いました。前段階から新しい分野には投資しよう、若い人には励みになるだろうと」(里中)

写真:里中満智子と共に当時を知る佐伯知紀が話を補足。

また里中は「メディア芸術」という呼称についても、「何て呼んでいいか分からないんですよね。色んな候補が出たんですが、(それぞれの言葉を)何て説明しようかって。

メディアを通して皆さんに届くもの、そんなこと言ってたら映画だってテレビだって新聞だって、何らかの手段で届くものですから、どんなもんかなと思いながらも従来の芸術と区別するためにつけたんでしょう。

芸術と呼ばれたくてつけてるわけじゃないんです。国がこういう部門も認めていますよという、一種のアリバイ作りかもしれません。関わってる人たちが芸術と呼ばれたいかというと、必ずしもそうではないわけです」と説明。

そして「メディア芸術祭」の歴史の中でも、もっとも強く記憶に刻まれた09年の“メディア芸術総合センター構想”についても、里中は2カ月ほど仕事も何もできず説明に回り疲れ果てたと回顧し、過去に映画の資料館を作る話があった前例を挙げ、国(民主党・当時)が一度撤回したことを、再度実現させることの難しさを力説した。

「その時だって古い意見として『そんなもんに税金を使って』ってのがあります。またそれと違って『国から認めてもらって喜ぶのか』という意見もあります。

何をやるにしてもさまざまな意見が出てきて、それらの意見を全て言えるのが良いところだと思います。だからみんなで大いに意見を言えばいいし、何を実行するかは良識を伴いながら判断しなければならないと。

もしメディア芸術総合センターができていれば、あの時にデジタル上の作品保存だけでよいと思ってたんですよ。ただ箱があるならあるに越したことはなくて、海外からこういう日本の分野をチェックするべき拠点がどこにもないわけですね。

ですからこのメディア芸術を集めた総合案内所みたいなセンターを箱モノとして欲しいなと思いました」(里中)

当時の自民党政権(麻生太郎内閣)が建設費として計上した予算は117億円。里中は母子家庭の支援金と同じ額だと叩かれたこと、福祉予算でもその額は少ないのに叩きやすい方として引き合いに出されたことを嘆いた。

「未だに残念なんですが、最初に計画したのはアニメーション制作現場の制作現場の厳しさを言われてましたので、若い人たちが実地で見学して何か出来るような場所を作れたらいいなと思っておりました。

アニメーションも日本で培った技術が色々あるんですが、経済的な事情から海外発注で任せきりになってしまうことがあります。

そのためにアニメーション技術が空洞化してしまう恐れもありましたので、こうやって作っていくんだと疑似体験できる現場があればいいなと」(里中)

写真:里中満智子

さらに里中は日本のアニメも急に世界に通用すると言われるようになったわけではなく、経済的にも恵まれない中で、アメリカの作品と比べると貧乏くさい安っぽい手抜きだとバカにされてもめげすに、情熱と意欲と夢だけで泥水をすすって頑張ってきたと続けた。

「世間というものは非常に表面的な物の見方しかしませんで、『マンガの絵を額縁に入れて美術館に飾るのか』と、それだけ聞いた人が変な計画してると貶めるんですね。

同業者の人でも、『自分のマンガを額縁に飾ってもらおうと思って描いてるんじゃない』と言い出す。こっちが言いたいのは、かつての古い時代のマンガ、今の日本のマンガを作り上げてきた原点とも言われる戦後の頃からのデータが本当にありません。

原稿も劣化してボロボロで朽ち果てています。社会の注目を浴びた人気作品は何度も単行本化されますが、単行本化されなかった作品も全て歴史なんです。たった1作しか発表されずに消えたマンガ家の作品も、大事な大事な歴史です。

そういうのもそこで発信できたらいいなと思っておりました」(里中)

“国営マンガ喫茶”や“アニメの殿堂”の蔑称と共に波紋を広げたのは周知の通り。

一方で里中はランニングコストが予算に含まれていなかったことも反省していた。しかし、“メディア芸術”の範疇はマンガやアニメに留まらないことを改めて確認しておくべきだろう。

「箱があるといいなと思ったのは、場がないと味わえないアートはデジタルデータだけではどうしようもないんです。実験的なことをやるのは若い方が多いですが、賞をもらったけどこの後に置いておく場所がない、処分するしかないと言われた時に涙が出そうになりまして、どうして国が然るべき場所に保管できないんだろう、ずっと見てもらうことができないんだろうと思いました」(里中)

最近の動きでは、超党派の「マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟」が20年に開館を目指す展示施設構想がある。

ただし、そちらはメディア芸術祭のアート部門やエンターテインメント部門に見られるインスタレーションやガジェットなどは対象となっていないので、あくまで似て非なる話だ。

「悔しい思い出ってエネルギーが湧きますよね。あれで私はまだまだ死ねないと思いましたので、ありがとう民主党!民進党になっちゃいましたけど」(里中)

おまけとして僭越ながら保存の議論について意見しておきたい。デジタルデータとして保管、またそれらを出力して保管するにしても、こうした場で当時のデジタル環境が失われつつあることについて話されることがないように思われる。

OSやソフトのバージョンが古くてデータを開けない、当時のデータや環境で出力しないと再現できない色があるなど、既に問題が山積しているはずなのだが。

文化庁メディア芸術祭20周年展-変える力(公式サイト

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス