記事提供:おたぽる

さまざまな分野・立場から、多面的な角度での議論が紛糾してきた文化庁メディア芸術祭も20年が経過(準備含む)。10月15日から11月6日まで、アーツ千代田3331にて「文化庁メディア芸術祭20周年展-変える力」が開催された。

先日に続き(記事参照)、11月5日に行われたシンポジウム「『メディア芸術祭』の20年」より、本記事では富野由悠季にスポットをあて、そのコメントを紹介したい。

写真:右から富野由悠季、岩谷徹、里中満智子、建畠晢、佐伯知紀、小林桂子

文化庁メディア芸術祭」で設けられているのは、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門。なかでもアート部門とエンターテインメント部門には、ジャンルを横断した、多岐に分類可能な作品が集まりやすい。

もちろんアニメーションに該当する作品もアニメーション部門だけでなく、アート部門やエンターテインメント部門でも見られる。

「実を言うと僕の立場はとても特殊で、メディア芸術祭の受賞者ではないんです。受賞者ではないのに、何故か3回目(00年)に草月会館でやった時からゲストという形で呼ばれてます。

(観客の)動員をどうかけたらよいのかわからないということがあったので、『ガンダム』と『イデオン』を上映させてくれ、上映するだけではどうにもならないので、ゲストで来て話をしてくれないかというのが縁です。

言ってしまえば僕の場合は、一般の人たちに宣伝する方法ってないんだろうかっていう。メディア芸術祭(の名称)では、なかなかお客さんが来てくれない、だから旗振り役で来てくれって呼ばれたんです」

とぶっちゃけた富野由悠季監督。

写真:文化庁メディア芸術祭関係年表(2ページ目)

当時、富野には「何でこういうものを中央官僚の人たちが仕掛けて、『メディア芸術祭』を開催する事務局みたいなのを立ち上げてやってるんだろう、こんなことをやってもしょうがないんだよね」という印象しかなかったとのこと。

当時の会場・草月会館にも触れ、「芸術論的に言うと右翼のとこで、とても特別な場所なんですよ。知ってる人は知ってる、知らない人は知らない、素人が行こうと思ってもなかなか行けない場所に現在もあります。というようなところでやってて何なんだかな~って思いはしましたけど、その時のことはあまり覚えてないんです」と振り返った。

また、アニメーション部門の審査委員(主査)を務めた第9回と第10回(06~07年)を振り返り、「お上が60万円しか出さないって言うのに噛み付きました。アニメに優勝とかグランプリって賞を渡すなら、1000万は出せって。1000万は伊達じゃないんですよ。最低限、1本短編を作るんだったら、そのくらい現金が要るんだから。そのくらいのことをしてサポートするみたいなことをしてくれないんだったら、みたいなことを言いたいんだよね~。結局は言いませんでした(笑)」と笑いを誘った。

第10回でアニメーション部門の大賞となったのは、長編の『時をかける少女』(細田守)。

富野は当時行われたシンポジウムについて「『時をかける少女』の印象に関して言えば、基本的に悪くなかったですからね。ただ細田監督と樋口(真嗣)監督(審査委員)が一緒くたになってグダグダ言い始めたら、『お前ら考えが足りないぞ!』ということで怒ったかもしれません。

辛辣な批判ということに関しては、作品の映像のことしか覚えていないんだけれども、細田監督の仕事のことはアニメを気をつけて見られる方ならご存知の通りで、かなり粗い部分があったりします」と改めて意見した。

写真:第9回にアニメーション部門で大賞となった短編の『浮楼』(榊原澄人)

一方、前年の第9回でアニメーション部門の大賞に選ばれた短編の『浮楼』(榊原澄人)には、「一般的に知られるようなかたちで流布されていないので、説明は難しいですが、こういう風に極限状態でしか見られないというのは知られてることにはならないんです。こういうのが一般的に露出してくれるとうれしい」と希望し、

「この作品について何が素敵かというと、『ガンダム』がアニメだと思ってるような今時の奴らに、本当はこういう風にできるんだよというのをもっと知ってほしいんだよね。それだけのことなんです。こういう話が通じないのが嫌なんだけど。『ガンダム』だけが好きでアニメやってると思ってほしくない」と、もどかしそうにしていた。

近年、富野は村上隆から『イデオン』を上映した後でインタビューをしたのは自分だったことを明かされた逸話も披露。

その理由が当時貧乏学生で日当がいいアルバイトだったからという逸話を導入に「そこまでは冗談めいた話なんですけども、(彼が)ワールドワイドなネーミングになってしまった時に、つくづく思ったことがあります」と切り出した。

「アートの立ち上げとかは確かに入れ物の容器があった方がいいんだけども、きっかけとして動員されていく人たちがひょっとしたら本物のアーティストになるかもしれない。村上隆が本物のアーティストかどうかは別問題ですよ(笑)。

ビジネスとして上手いことやっててスゴいなって思ってるだけですから誤解ないように。だけど半分ぐらいは実力を認めてます。今こういうことが言えるのも、彼がワールドワイドなネーミングを持ってるからです。

どういうことかというと、アートというものは東京にいる偉い人たちが立ち上げてくれているんだけれども、そんなもんじゃないんだよねっていうのがあります。

毎日毎日、絵を描かなきゃいけない、仕事をしなければいけないという人には生活の糧でしかないし、そういう価値論は一切ないんです」(富野)

さらに富野は、「我々みたいなアニメの人は後発部隊ですから、本当にアンダーグラウンドな世界の中で、泥水すすりながらやってきた。やってきたんだけども、この10年くらいでコロっと事態が変わった時に、こういうところでアニメ出身者でもお話させてもらってんだというギャップをどう埋めたらいいんだろうと。埋めようがないんですよ」

とぼやき、「つまり、60、70歳になって勉強しはじめてアーティストになれると思います?なれるわけないでしょう。この40、50年を取り返すことができないってことを知るのが現実です」と吐露。

その後、「380万円にもならない年収でアニメをやってる人たちを、もっと表に出してほしいんだけれども、出せる方法がない。やっはり箱はある方がいい。年収380万にもならない人たちがそこに行ったら間違いなく仕事がある、そういう受け皿になってほしい」と、立ち消えとなった09年のメディア芸術総合センター構想も引き合いに出した。

写真:富野由悠季

「アーティストにも労働者にもなれない人らが集まってくるとどういうことが起こるか、社会的に活気のある場所になってくるだろうと。地域活性していく方向もあるのではないかと思いますので、もう一度メディア芸術総合センターを何とか作る方向で…。オリンピックの予算から2億を引っ張ってくればいいんじゃないかな。予算を獲得してくるのはここにいる年寄りじゃなくて、そこにいる君たちです」(富野)

当シンポジウムのトーク内容がこんな展開を見せたのも、開催された11月5日が富野の誕生日でもあるからだった。

75歳となった富野は「こんな話をしている自分ですから、死に支度をしなきゃならない年齢なんです。その死に支度をしなきゃならないところで、何をするべきかということをこの5年とか最長10年のスパンで考え始めています」という。

「今みなさんのお立場が全然違う中で言うのもなんですけども、50年後にどうなってるかわからないんだから、僕みたいな年寄りになってからギャップがあるのかも知れない。だったら油断せずに何をやったらいいのか、ちょっと想像してみてください。

みんな古いもので過去のものなんですけど、ここで展示されてたようなものや、今インターネット上とかIT技術で使われている先駆的なものを含めて、これから50年先の先駆的なものっていうのが、今みなさんの手元にあるはずなんです。

自分の手にはどういうものがあるのかというのを考えて頂きたい。漫然とコピペの仕事をしないことを生活の中で10分の1でも100分の1でも思っていて頂きたい。

思うことができれば、50年後に皆さん方が亡くなる時には後悔しなくてすむんじゃないかと思ってます」(富野)

締めに歴代のメディア芸術祭でオススメの作品を聞かれると、富野は「僕からは何も言えません」と返した。

「本当にシリアスな話なんですけども、他人の言うこと聞いて、それを見に行ってとか知ってとか、身についたことは僕にはなかったんです。結局自分で発見するしかなくて、発見するプロセスがないもの。必ずしも学習しろとは言ってません。

ある日突然見た絵1枚かもしれない、景色かもしれない、ショックを受けることがあるわけです。僕にもそういう経験はありました。これは僕の経験でしかないから、これを『お前らやれよ!』とは絶対に言えないわけです。

ただここにいらしている皆さん方に言える、とても素敵なことがあります。だって、こういう状況見てるじゃない。こうやって経験してればそれで充分かもしれない。それを充分にするかどうかは皆さん方の問題ですから。

とても冷たい言い方しますが俺は知ったこっちゃない。俺は死に支度で忙しいんだから!!」(富野)

文化庁メディア芸術祭20周年展-変える力(公式サイト

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス