NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」ビジュアル解禁!

2017年1月8日(日)により放送開始されるNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。オフィシャルサイトでは、直虎に扮したNHKキャラクターどーもくんも登場していましたが、

出典 http://www.nhk.or.jp

これはこれで…かわいい…のかな。

公式Twitterや公式Instagramも始動し、来年1月の放送開始に向けて徐々にウォームアップが始まっています。

そんななか、オフィシャルサイトおよびInstagramで柴咲コウさん演じる直虎のビジュアルポスターが公開されました!
それがこちらです。

フランスを拠点に活躍する書家のMaaya さんが手掛けた奔放で力強い題字と、「戦う花」をテーマにアートディレクター古屋遥さんが制作したビジュアルデザイン。尼として生きていた直虎のおかっぱ姿、そして城主として男社会に入っていった姫君とは違った衣装、柴咲コウさんの凛とした視線が相まって、女性の華やかさというより「かっこいい」仕上がりになっています。

公開されたビジュアルからドラマへの期待も高まっているようです。

「おんな城主 直虎」って、どんなドラマになるの?

女性でありながら、姫君ではなく「城主」という役割を果たすこととなる直虎。いったいどんなドラマになるのでしょうか。

▼尼から、次期当主になった「謎の女性」

出典 http://www6.nhk.or.jp

今回、柴咲コウさんが主人公を演じる井伊直虎は、徳川家康の重臣・井伊直政の養母でもある人物。女性でありながら、数奇な運命で井伊家の当主として表舞台に立つことになってしまった歴史上に残る「謎の女性」です。

直虎が生きたのは、戦国時代のまっただ中。

東に駿河の今川家、北に甲斐の武田家、西に三河の松平(徳川)家に囲まれた遠州の井伊家は、戦のたびに当主が討ち死にし、ただ一人残されたのが当時出家していた一人娘、次郎法師(直虎)だった。

出典 http://www.sankei.com

3つの大国が虎視眈々と領地をねらう中、資源も武力も乏しいこの土地で、頼るべきは己の知恵と勇気。直虎は、仲間と力を合わせて国を治め、幼い世継ぎの命を守ってたくましく生き延び、その後の発展の礎を築いた

出典 http://www.nhk.or.jp

松陰の妹を描いた「花燃ゆ」や、秀忠の正室となった「江」とは違い、女性でありながら井伊家当主となった直虎。女性が戦国時代という男社会の中で生き抜く姿が描かれていきそうです。

▼出演者も豪華メンバー!

出典 http://www6.nhk.or.jp

これまでに発表されているキャストには三浦春馬、高橋一生、柳楽優弥、貫地谷しほり、ムロツヨシ、菅田将暉、阿部サダヲなど旬の俳優が勢ぞろい!注目の作品です。

柴咲コウが過去に出演した時代劇と言えば?

大河ドラマはもちろんNHKのドラマには初出演となる柴咲さん。過去に時代劇の経験はあるのか調べてみると、これまでに出演したものはどちらも「ファンタジー色」が入った時代劇モノが多いことがわかりました。

姫君、幽霊、盗賊…演じる役は様々ですが、どちらも「直虎」のような凛とした力強い柴咲さんが登場する作品です。「直虎」を楽しみにしている方も、まずはこちらをチェックしてみてはいかがでしょうか。

▼ドラマ・映画「信長協奏曲」

出典 https://www.amazon.co.jp

石井あゆみによる漫画「信長協奏曲」をフジテレビでドラマ化、続編が映画化された作品。小栗旬さん演じる高校生のサブローが、タイムスリップした戦国時代で織田信長に成り代わり、歴史の世界で奮闘していくストーリー。柴咲コウさんは、信長の正室・帰蝶を演じています。

出演している豪華な俳優陣に注目が集まりがちですが、柴咲コウさんにハマる人が続出しました。

信長に対するツンデレな対応が、めっちゃかわいいですよね!

▼映画「大奥」

出典 http://ameblo.jp

よしながふみによる漫画『大奥』を映画化した作品。謎の疫病が原因で男の人口が激減し、男女の役割・立場が逆転した大奥が舞台となっており、柴咲さんは将軍・徳川吉宗を熱演しています。二宮和也さん・大倉忠義さん・玉木宏さんら美男子が集まる男の園「大奥」を従えて、出世を遂げていく役どころは「直虎」に通じるところもあるかもしれません。

将軍としての貫録ばっちり!すごく男前なんです。

女性が見ても惚れてしまう男っぷり…。

▼映画「47RONIN」

出典 https://www.youtube.com

アメリカで制作された忠臣蔵をモチーフとした時代劇風ファンタジー映画。
主演のキアヌ・リーブス演じる架空の浪人・カイが赤穂浪士とともに吉良上野介と死闘を繰り広げる作品で、柴崎さんは主人公が愛する浅野家の姫君を演じました。

まさにヒロインというキャラクター。ラストの展開は涙です。

時代劇とは一味違った衣装が似合っていて、本当に美しい!

▼映画「どろろ」

出典 http://movie-sakura.cocolog-nifty.com

ファンの間では最高傑作ともうたわれる手塚治虫の漫画「どろろ」。独特の世界を妻夫木聡さんが演じる百鬼丸と、柴咲コウさんが演じるどろろが流浪します。戦で両親を亡くしてから、以来男として盗人家業でたくましく生きているどろろ。まだ若い柴咲さんの少年のような演技がキュートです。

妻夫木さん演じる百鬼丸を兄のように慕うどろろ、じゃれあうようなイチャイチャぶりがかわいすぎ!

1月からの放送が楽しみ!

これまでも、凛々しいキャラクターに定評がある柴咲コウさん。女性でありながら、男社会を生き抜く「直虎」をどう演じていくのでしょうか。来春からの放送が楽しみですね。

この記事を書いたユーザー

みかん箱 このユーザーの他の記事を見る

プリンと焼肉だけ食べて生きていけたら幸せです。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス