保育士の独身女子寮へ突撃インタビュー

MC・総合演出のマツコ・デラックスさんが、毎回、ある話題になっている場所と中継をつなぐバラエティ番組『マツコ会議』(日テレ系列)の11月12日放送回で、男性スタッフが保育士さんたちが暮らす巨大独身女子寮への突撃インタビューを試みました。

部屋を訪問して気になるのは、やはり保育士さんたちの恋愛事情。とあるアンケートでは、“男性が結婚したい職業”の1位に輝く保育士さん。しかし、実際の現場の声はというと、その多くが「出会いがない」と回答している様子。

番組内でマツコがカミングアウト!

それでも、「日々、子どもたちからのプロポーズを受けているので、それで満たされている面もある」という声が番組内でも出てきましたが、マツコさんはそれを受け、「子どもたちにとって、幼稚園・保育園の先生は初恋の人」とコメントした後、自身の幼稚園での思い出をカミングアウトしました。

マツコさんがカミングアウトした内容とは…

「キャベツを食べられるようになったのは幼稚園の先生のおかげ」

そう語るマツコさん。実は幼少期のマツコさんは、キャベツの千切りを1本口にしただけで吐きそうになるくらいのキャベツ嫌いだったんだそうなのですが、ある先生がそんなマツコさんに毎日のように付き合って、キャベツの千切りを1本だけ食べさせてくれたと言います。

今になって思えば「先生が多分、キャベツを千切りにして持ってきてくれたのだろう」ということ。たしかにいつも給食の献立にキャベツがあるわけではないですからね…。「へこたれずに繰り返しやってくれたので、それでキャベツを食べられるようになった」と振り返っていました。

「私は天職だと思っているので」

そんなやり取りの中、前述の「日々、子どもたちからプロポーズを受けている」と話した保育士さんは、マツコさんから「そうやってみんな覚えていたりするので、素敵な仕事」という言葉をもらって、「私は天職だと思っているので」と微笑んでいました。

これには番組を観ていた人たちからも…

・マツコ会議で言ってること すごい共感した〜

・マツコ会議で、保育士さんが自分の仕事は天職だって言ってた(中略)いいなーー。そんな風に思えるって。

・彼氏ほしいけど、毎日子どもたちから愛の告白されてるから心は満たされてるって話してて保育科の妹とわかる〜〜〜ってなった(笑)

マツコ会議みたけど、保育士さんの仕事への向き合い方ステキだったな。天職だと思ってます!ってハッキリ言えるってホント羨ましい。

・子供と遊ぶのが楽しいですって言える保育士さん、素敵です。絶対楽しいことばかりではないと思うけど、それでも楽しいって言ってくれるのが嬉しい。

といった反響が!

マツコさんの思わぬカミングアウトで、保育士さんのイメージも一気にアップ!

番組内では「出会いがない」と多くの保育士さんが嘆いていましたが、(マツコさんのキャベツ嫌い克服するために付き合ってくれた)こんな素敵な保育士さんばかりなら、きっと素晴らしい出会いが待っていることでしょう!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス