2016年11月14日、中田ヤスタカきゃりーぱみゅぱみゅによるツーマンライブツアー「~SPECIAL DJ×LIVE ZEPP TOUR 2016~『YSTK×KPP』」のファイナル公演が、東京のZepp DiverCityで開催された。

イベント共演はこれまでにもあった二人だが、意外にもツーマンライブを行うのは今回がはじめて。期待度もあってか、会場には開演を今か今かと待ちわびる観客でびっしりと埋め尽くされていた。

キラキラときらめくライティングにスモークが噴射される中、中田ヤスタカが姿を現し、「Dancing Planet ft.VERBAL」からライブはスタート。プロデューサーの側面がフォーカスされがちだが、DJとしても百戦錬磨の中田。冒頭からクラブフロア仕様の低音サウンドでフロアを沸かせる。

立て続けに2曲を披露したところで、お待ちかねのきゃりーがステージに颯爽と登場。赤いワンピースに赤い帽子と“赤づくし”の彼女が披露したのは「CANDY CANDY」。シングルにもなっているポップなナンバーだが、中田のリミックスによりさらにビートが効いた曲に変身。

その後「No No No」と続き、きゃりーが「みんなで踊ろう!」と声を張り上げ鳴らされたのがCAPSULEのナンバー「Motor Force」。矢継ぎ早に繰り出されるアップテンポな曲に、観客も手を挙げて応える。

今日がツアー最終日ということもあってか、きゃりーは終始テンション全開。「きらきらキラー」では、率先してタオルを回し、「にんじゃりばんばん」では「JUMP!JUMP!」と叫ぶなど、幾度となくフロアを煽っていた。

クラブのパーティ要素と、ライヴならではの一体感がミックスしたようなこの『YSTK×KPP』。途中、何度かきゃりーが袖に下がることがあったが、その間も中田は「Another World」や、映画『何者』主題歌の最新曲「NANIMONO(ft.米津玄師)」を披露するなど、二人のファンが存分に満足できる時間が流れていく。

そして終盤、強靭なリズムでアレンジされたヒット曲「インベーダーインベーダー」「ファッションモンスター」を連発した後には、来年1月18日にリリースが決まっている「原宿いやほい」を初披露。

サビの「原宿でいやほい とりあえずいやほい 1、2いやほい」という、耳に残るフレーズに、おそらくはじめて聞くであろう観客も、すぐに歌に合わせ体を揺らす。最後にきゃりーが「YSTK×KPPでした!どうもありがとう」と語り、大盛り上がりの中、本編は終了した。

アンコールでは、大勢からの拍手で迎えられながら二人が登場。同じツアー用Tシャツを着用して「つけまつける」をパフォーマンス。

そしてラスト前のMCでは、きゃりーが中々喋ることのなかった中田に「初のツーマンツアーいかがでしたか?」と、バトンパス。すると中田が「すごくいい経験になりました。皆さんのお陰で僕も新しいステージに立つことができた」と答え、観客から大歓声。きゃりーは「デビューの時から中田ヤスタカさんの大ファンだったので、超緊張してたんですけど、無事に3公演終えることができました。みなさんどうもありがとうございます!」と感慨深く振り返る。

続けて「中田さんとも話してたんですけど、このツアー、3回じゃ足りなくないですか?」と続きを予感させる発言に、フロアも沸いて答える。ラストにかかったのは、そんな観客の気分を代弁するかのような「最&高」。最後までノンストップのエンターテイメント空間が広がっていた。

Twitterでも「最&高」の声が

後日、Twitterでは参加した人からの「最&高」の声が続々と到着。「普段ライブでは声を出さない」という人が大きな歓声をあげて盛り上がっていたというところに、今回のライブが生み出していた熱狂が十分伝わるのではないだろうか。

二人が持つパワーで、楽曲に新たな魅力が引き出された今回のツーマンライブ。再び開催されることがあれば、自信を持って「最&高」な体験が出来るとオススメしたい。

この記事を書いたユーザー

東田俊介 このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 音楽
  • スポーツ
  • おでかけ
  • グルメ
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス