デジカメが普及する前、みなさんはいつもどうやって写真を撮っていましたか?おそらくアラサー世代以降の人々は、旅行やイベントがあるごとに使っていた「とあるカメラ」があるはず。

そう、それが「写ルンです」。普通のカメラがまだまだ高級品であった当時、「いつでも、どこでも、誰にでも、簡単に写真が撮れる」ことをコンセプトに開発された「写ルンです」は今年、1986年の初代モデル発売から30周年を迎えました。

初代モデルの発売以降、フラッシュの搭載や感度の向上により、撮影領域を拡大させたモデルや、パノラマや水中に対応したモデルなどを発売し、これまでに100種類を超える「写ルンです」が発売されてきました。累計本数は全世界で17億本以上!

「写ルンです」ブームが再来?

TwitterなどのSNSでは、その「写ルンです」にハマる人が続出中。デジタル時代にどうして人気になっているのでしょうか?

そこで、発売元である「富士フイルムイメージングシステムズ築地紀和さんに 、その理由を伺いました。

「前略、今どうしてる?」調査隊

「写ルンです」が再び注目を浴びている理由

出典富士フイルム様ご提供

ーー今、「写ルンです」が人気となっていますが、使っている方はどんなところに魅力を感じていると思いますか?

築地さん:仕上がったプリントのフィルム独特の風合いを新鮮に感じていただいていることや、デジカメやスマホと違い、現像をしないと何が写っているかわからないワクワク感に魅力を感じていただいているのではと考えています。

ーー「写ルンです」が主流だった時代をまったく知らない、という若者にも使われているようですね。

築地さん:ここ1~2年、物心付いた時からデジタルに慣れ親しんだ10~20代のデジタルネイティブ世代を中心に注目が集まっています。

富士フイルムは、1986年に初代モデルを発売して以来、「いつでも、どこでも、誰にでも、手軽に写真が撮れる」というコンセプトを変えずに販売を続けてきました。今の若い世代の方たちも、このコンセプトに魅力を感じていただいているのではないかと思います。

確かに、スマホで撮った写真と「写ルンです」で撮った写真では、以下のようにかなりの違いがあります。

出典富士フイルム株式会社

スマホのカメラを使って撮影した写真

出典富士フイルム株式会社

「写ルンです」を使って撮影した写真

出典富士フイルム株式会社

スマホのカメラを使って撮影した写真

出典富士フイルム株式会社

「写ルンです」を使って撮影した写真

今では「写ルンです」の写真をデータ化することもできる

出典富士フイルム株式会社

ーー昔は旅行先やイベント、友だちや家族との記念写真などに使っていましたが、今の「写ルンです」ユーザーはどんな風に使って楽しんでいるのでしょうか?

築地さん:「写ルンです」を使って撮影した写真をデータ化し、友だちと共有したり、SNS(インスタグラム)などでアップして楽しまれる方が多いようです。

ーーおお、今はデータ化することもできるんですね!

築地さん:今は、現像に出した際にCD-RやUSBメモリにデータとして保存できます。なので、撮った写真をSNSにアップすることも簡単にできるんですよ。

出典富士フイルム株式会社

ーー昔ながらのプリントならではの「写ルンです」の楽しみ方はありますか?

築地さん:撮影した淡い感じの仕上がりの写真を絹目調(マット)、白フチありでプリントするのがオススメです。通常のプリントと少し違った、味わいのある雰囲気の写真をお楽しみいただけると思います。

「写ルンです」30周年モデルなら、懐かしのデザインを楽しめる!

出典 http://fujifilm.jp

「写ルンです」30周年の数量限定アニバーサリーキット

ーー「写ルンです」にはいろいろなタイプがあると思いますが、現在の「写ルンです」ラインナップでおすすめの商品を教えてください。

築地さん:発売30周年を記念した「写ルンです 30周年アニバーサリーキット」(第2弾)ですね。現行品である「写ルンです」シンプルエース27枚撮りを、初めてのフラッシュ搭載機種「写ルンですFLASH」をデザインしたカバーに着せ替えて使用することもできます。

ーー昔から愛用していた人にはうれしいモデルですね。最後に、今後の展開について教えてください。

築地さん:今後も「写ルンです」をより多くの方にお使いいただけるようなご提案を続けていきたいと考えています。ぜひ日常に「写ルンです」を取り入れてみてくださいね。

「写ルンです」は使い捨てカメラではない!

ちなみに「写ルンです」は、「使い捨てカメラ」ではなく、「レンズ付フィルム」であるというトリビアも教えていただきました。そのため、「写ルンです」の一つひとつは「個」で数えるのではなく「本」で数えているのだそう。

写ルンですだけじゃない!今、“チェキ”も大人気

出典Spotlight編集部

また、今「写ルンです」だけではなく「チェキ」も人気を博しています。ちょっぴりレトロな色合いや、コロンとしたチェキ本体のフォルムが心をくすぐるんだよなぁ…。そんなチェキの魅力をまとめたムック本が宝島社より発売されました。この一冊で、チェキの今が丸分かりです。

出典Spotlight編集部

ムックは付録の色、柄違いで2パターン発売中。チェキを入れるだけではなく、使い道たっぷりのレゾリヴァードポシェットは要チェキ!

デジタルでなんでもできてしまう便利な世の中ですが、シャッターを押すごとに「ジ~コジ~コ」とフィルムを巻くあの感覚や、紙プリントならではの質感は、一度使うと病みつきに。最近は使ったことが無いな…なんて方も、この機会にぜひ触れてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス