記事提供:日刊大衆

11月8日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、オードリーの春日俊彰(37)が出演。海外の空港でトラブルに見舞われたことを告白し、お笑いタレントの明石家さんま(61)らを驚かせる場面が見られた。

この日は“私にとってどうも苦手なこと”というテーマで、ゲストたちがそれぞれトークを披露した。この中でさんまから話を振られた春日は、“海外ロケにいったとき、空港で行われる手荷物検査が苦手だ”と発言。

春日は長いロケになる場合、向こうでトレーニングができるよう器具などを持っていくのだが、その中のプロテインが毎回、手荷物検査で引っかかってしまうのだという。

春日はかつてタンザニアに行ったときも止められ、説明しようと「パウダー、マッチョパウダー、ヘイ!マッチョパウダー」と空港の係員に言ったのだが、相手には伝わらず。

そこで春日は「しょうがないから、バーっと(シャツを)脱いで、上、裸になって“マッチョパウダー!”」と言ったのだが、それでも伝わらなかったのだという。

そのとき、後ろからカメラのシャッター音が聞こえ、春日が振り向くと、そこに日本人客の姿が。騒いでいるのが春日だと気づいたその人が、記念にと写真を撮っていたのだ。

春日がその人に説明を頼んだところ、プロテインを持っている理由を上手に伝えてくれ、係員も納得。ようやく手荷物検査を通過できたと語っていた。

「ボディビルにフィンスイミングにレスリングと、完全にアスリート化している春日ですが、あまりに入れ込んでいるため、かつては相方の若林正恭(38)から、“漫才の稽古ができない”とぼやかれたこともありました。とはいえ、今ではトレーニングをしっかりネタにしているのですから、若林も文句は言えないでしょう。最近は若林もトレーニングを始めたと聞きますし、どうやら春日に影響されてしまったみたいですね」(芸能誌記者)

――筋肉コンビとして活躍する日も近い!?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス