「クソ上司」問題とならぶ日本社会の大問題、「クソ顧客」問題について。

関連記事:日本にはびこる「クソ上司問題」について語ろう。:まだ電通で消耗してるの?

とあるクソ顧客の事例

これは、ぼくがサラリーマンをやめて独立した直後の話。

関係者の方に迷惑がかかるかもしれないので、ちょっと濁してお伝えします。

当時、とある大手企業のマーケティングを手伝っておりました。ぼくは話の流れで「フェイスブックページの戦略策定」をやることになりました。

この仕事、クライアントとは直接やりとりしておらず、途中に電通的な何か(広告代理店)が入っています。

…ご想像の通り、これがまたひどい仕事になるわけですよ。

まずは、「顔合わせ」という名の無意味な打ち合わせ。

大のおとなががん首並べて、何も発言しない。佐藤可士和の打ち合わせ本を読んでくれ!

厳しい言い方ですが、しゃべらないのであれば、打ち合わせに参加するべきではないとすら僕は思っています。発言しないなら、出てこないほうがいい。

というのも、黙っている人は、本人にその気がなかったとしても、打ち合わせの場に「負のオーラ」を漂わせてしまうのです。いわば「黙るというパワー」が出てしまっている。

生産性低すぎな日本のサラリーマンは、「佐藤可士和の打ち合わせ」を読むべし。

出典 http://www.ikedahayato.com

もちろん末端クリエイターであるぼくには発言機会はありません。なので普通に会議中にブログ書いてました。この時点で撤退するべきだった…。

仕事が開始するや否や、理不尽な指示が電通的な何かから飛んできます。主にスケジュールが腐ってましたね。

「明日の朝までにFbページの企画書出してください(金曜夕方)」

「3ヶ月分のレポートをA4一枚にまとめてくれますか?明日までに(前日夕方)」

「ロゴデザインの案を4つほど作ってくれませんか?明日までに(前日夕方)」

などなど。

何考えてるんだこいつら…と呆然。つか、ぼくデザイナーじゃないからロゴなんて作れないっすよ。そもそもいろいろ勘違いしてる…?

最低限の報酬をいただいて、ソッコードロップアウトしました。このとき、「客を選ぶ」ということの重要性に気づいたわけですね。

関連記事:独立1年目で失敗しがちなこと:ぼくが実際に犯した5つの失敗

クソ顧客ループ

この場合、ぼくにとって「電通的な何か」が「クソ顧客」にあたります。

「お金を払えば働いてくれる、使い捨ての駒」くらいにしか見てないんでしょうね~。ピラミッドの奴隷の方が労働環境マシだったんじゃないかな。

しかし、元を正せば、最上段の「クライアント」がもっとも「クソ顧客」度合いが高いわけです。

擁護しておきますが、その意味で「電通的な何か」は気の毒な存在です。顧客とクリエイターの板ばさみ。

上からは詰められ、下からは文句を言われ。へいへいと言うことを聞けば、クソ顧客の要求はさらに悪化。下からの反発も強くなる。

あぁ、なんてクリエイティブな仕事なんでしょう。ザ・中間管理職!

負のループを断ち切れ

ぼくらクリエイターが電通的な何かに期待したいのは、「クソ顧客のループを生み出さず、根元から絶つ」ことです。

『電通さんなんだから、数字を出せるでしょう。どうして出せないの?改善したレポートを出してくださいよ』

【電通問題】背景にネット広告業界の闇 過労死と不正請求をつなぐ線

出典 https://www.buzzfeed.com

はいはいとひれ伏すからダメなんですよ。

いやいや、ネット広告というのは厳しくて、今の予算だとご要望に応じることはできません。ネット広告に関してはうちを切っていただくか、予算を増やしていただくしかありません

と、素直にいえばいいじゃないですか。そっちの方がみんな幸せになりますよ。

あなたたちも、その下のクリエイターも、顧客の奴隷じゃないんです。人間的な労働環境を作ることも、重要な責務です。

それを理解していないから、いつまでもブラック労働がまかり通るんですよ。上で止めてもらわないと。

そしてそれは、顧客のためにも、業界のためにもなりますよ。無理してがんばってしまうから、効率が悪いままで、イノベーションも起きないのです。

理不尽に顧客にノーを突きつける会社が儲かる

話を広げれば、これからは「理不尽な顧客にノーを突きつける」会社が儲かる時代になるとも思います。

その意味で、「お客様は神様です」はもう古い。これからは「お客様と一緒にものづくりをしていく」んです。

だから、ぼくらはお客様を選ばないといけない。

いいものを作りたければ、信頼できる、尊敬できる人を顧客にしましょう。無論、あなたが尊敬に足る人物であることは前提ですよ。

そうして環境を整え、世の中に価値をもたらすものを創造していきましょう。

機械にできることは機械に任せればいいんです。

会社のために、仲間のために、社会のために、顧客を選びましょう。

高知の山奥からお届けしました。

こちらも合わせて

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス