アメリカはテキサス州、ベイラー大学へ通うナターシャさん。ある日、とてもショッキングな出来事が彼女を襲いました。

出典 https://twitter.com

いつものように、キャンパスへ向かっていたナターシャさんに、突然、男性がぶつかってきたのです。そして、彼女に放った言葉は信じられない差別的発言。

『黒人がこの道を歩くことは許されてないぞ!』

出典 https://twitter.com

あまりに突然、そして侮辱的な発言にショックを隠せなかったナターシャさんは、ただ、その場に立ち尽くしたまま。たまたま通りがかった知人の男子学生が彼女を助けてくれたそうです。

そして、故意にぶつかってきた男性の言い分は…

"Make America Great Again(アメリカを再び偉大に)"

出典 https://twitter.com

次期大統領トランプさんの言葉を実践しているだけだと言い放ったのです。

この許されない行為に差別的発言。この時のことを、ナターシャさんは動画にて説明、友達がTwitterに投稿し大きな反響を呼びました。

この投稿はベイラー大学生の間で瞬く間に話題になりました。多くの生徒が衝撃を受け、男性の行為を非難し、ナターシャさんを守ろうと行動に移したのです。

その行動とは…

『#IWalkWithNatasha(ナターシャと一緒に歩こう)』

出典 https://twitter.com

どこからともなく自発的に始まった企画『#IWalkWithNatasha(ナターシャと一緒に歩こう)』ナターシャさんを守るためにも、人種差別に一石を投じるためにも、心ある者が繋がるべきだと、多くの生徒たちがこの企画に参加し、ナターシャさんを中心にみんなで歩こうというもの。

この企画には、大学側も授業を早めに終わらせてくれたりと配慮を見せてくれたそうです。ナターシャさんの盾になるように彼女を送り届けた人数はなんと300人以上。

彼らはこの時、黒人奴隷制度が生きていた時代の物語が隠されている『アメイジング・グレイス』を大合唱したそうです。。黒人の心を歌ったと言われ歌い継がれてきた名曲ですね。

人種なんて関係ない。私たちはみんな同じ、全員で手をとり、声を合わせ魂の歌を大合唱。

この時の模様は、Twitter上で大きな話題となりあちこちで実況のツイートがなされていたそうです。

そして、最後にナターシャさんから感謝の言葉が…

皆さん、私のことを守ってくれてありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。

この大学に来てよかった。とても温かい人たちばかりで
愛にあふれた場所だと感じました。

私は、あの日ぶつかってきた男性も愛しています。

この世界がこれからも優しさと愛に満ちた、素敵な世界でありますように

出典 https://twitter.com

一人の女子大生を巡って起こった人種差別。珍しい話ではないと思います。ただ、彼らはSNSを通じ立ち上がりました。多くの人が繋がり人種差別と闘いました。

"Make America Great Again(アメリカを再び偉大に)"

この言葉を真に実践したのは、ぶつかってきた男性ではなくナターシャさんを含め多くの心ある学生たちなのではないでしょうか。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス