数年前から「ワタミはブラック企業だ!」という印象がついてしまい、インターネット上でもバッシングを受けることが多いワタミグループ。

創業者である渡邉美樹氏の根性論的なビジネスは、末端のスタッフに過酷な労働を強いることになり、その点についても批判の声があがっていた。

・モーニングサテライトのニュース

さらにここ数年、さまざまな影響を受けて業績が下がっていたようだが、テレビ東京のニュース番組「Newsモーニングサテライト」が非常に興味深いニュースを報じ、インターネット上で大きな話題となっている。

・ワタミ隠しで業績回復か

ワタミが「ワタミ」であることを隠して別名で店舗展開したところ、業績が回復したと報じているのだ。

同番組は「4~9月期の売上高が482億7000万円」「1年前と比べ1.8%プラスで15年ぶりに前年を上回った」と報じている。ワタミだと思われないことが成功の決め手なのだろうか。

ワタミグループすべてのブランドを調査した結果、以下のような店舗名で展開していることが判明した。

・「ワタミ」が店舗名に含まれないワタミグループの店舗

銀政
炭旬
TGIフライデーズ
ミライザカ
三代目 鳥メロ
WANG'S GARDEN
ちゃぶまる
GOHAN
にくスタ
TEX MEX FACTORY
鶏ふぇす
トリフェス
ニッポンまぐろ漁業団
炭右衛門
旬八
揚旬
DON PORCO
海のめぐみ食堂
ふじのくに酒場
みん家
季鶏屋
三ツ星食堂

・「ワタミ」が店舗名に含まれるワタミグループの店舗

和民
わたみ
わたみん家
坐・和民
渡美

・ワタミ隠しの効果があった?

なんと、ワタミグループの全27ブランド中、22ブランドが店名に「ワタミ」というワードが含まれていないことが判明。

「ワタミ」というワードにネガティブなイメージ化ついているのが事実であるならば、確かに名前は隠したほうがウケは良いだろう。事実、業績が改善しているのであれば、その効果があったといえるのかもしれない。

・インターネット上の声

「ワタミ隠しは流石に草」

「ワタミ隠しっておまえ会社に誇りもプライドもないんか」

「ワタミのワタミ隠しのアレって物量で攻めて来てすごいヤバイと思う」

「なるほど3代目鳥メロはワタミ系列なんだな!なるほど3代目鳥メロはワタミ系列なんだな!覚えた!」

「ワタミの名前隠したら業績あがったんすよ!!!とかテレビで言ったら元の木阿弥じゃねえの」

「ワタミのワタミ隠し悪どいな、最低最悪のブラック企業の大ボスワタミには絶対行かん!」

「ワタミ隠しじゃなくて安価な焼き鳥路線に変更したからじゃないのか」

「ワタミ隠しってまた日本古来伝統武芸の技みたいな名前つけやがって」

「なぜ、隠していることを公表してしまったのか。また業績落ちるでしょ」

「ワタミ隠しウケる」

・ワタミのワタミ離れ

ちなみに、「ワタミ隠し」以外にも鶏肉メニューへ業種を転換させたことも業績回復の理由になっているという。

客としてもブラック企業と言われれば、いくら美味しくても店に行きたくないと思うもの。ワタミ隠しで業績が回復したのが事実であれば、今後はワタミのワタミ離れが進みそうだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス