外国人が日本の家の「狭さ」以上に驚いたもの

外国人が日本の住宅を訪れると、まず「部屋の狭さ」に驚くことが多いと聞きます。他にも「天井の低さ」などにも驚きの声があるんだそう。母国での私有地の広さや空間の使い方からすると、なかなかのカルチャーショックのようです。

そんなカルチャーショックを余裕で超えてしまった、ある国際カップルの体験動画をご紹介したいと思います。

絶叫顔
の外国人男性が見たものとは!?

男性が思わず絶叫してしまった1時間前にさかのぼってみましょう。

キッチンにて何かを仕込む、怪しいスーツの男…

「クククッ!」


キッチンで何やら不敵な笑みを浮かべるこの怪しい男、実は不動産会社の営業。担当物件にて、内見のお客さんの到着を待っています。

キッチンの棚に何かを仕込んだようです。一体何を…?

そこに内見しにきた国際カップルが!

これから始まる新生活に心をときめかせたカップルが登場。男性は出入り口の高さをゆうに超える高身長な外国人。ヒョイッとくぐり部屋に入って来ました。出入り口も天井も彼には低いようです。

内見スタート。部屋をぐるぐる

こちらの男性には、天井が低いだけでなく廊下の横幅もとっても狭そうです。日本って狭い家多いよなぁと改めて感じますよね。

イチオシの部屋が、鬼せまい!

営業マンの狭いことの良さを語るマシンガントークのかたわら、女性の笑顔はひきつっちゃっています…。男性にいたっては画面から見切れてしまうほどの狭さ。

温度差がやばいことになっています。暗雲立ち込める雰囲気です!?

いろんな部屋を回ってみた感想

営業「いかがですか?」
女性「やっぱりちょっと狭いかな…」

渋い表情を浮かべる女性。ここは残念ながら極小物件のようですね。


満足を得られず、見送りでしょうか。どうする営業!?

さぁ、驚愕のラストシーンを迎えますよ

手持ち無沙汰な外国人男性がおもむろにキッチンの棚を開けると…

ギィッ

「◎△$♪×¥●&%#?!」

棚の中には一体何があったのでしょうか!?内見前、営業がこっそり何かを仕込んでいましたね。

ぜひ動画でお確かめください!

出典 YouTube

日本の住宅では敷地面積が狭かったり部屋数が少なかったりと、満足な収納スペースがないことが多々ありますね。特にキッチン。それでも日々の中で料理を楽しみ、豊かな食事の時間を過ごしたいものです。

限られたキッチンスペースでも、こんな秘策があれば解決ですね!

狭い部屋の掃除にストレスを感じていそうな家族や、引っ越しを考えているお友達にシェアして衝撃の結末について話してみてください。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス