西陽が射す放課後の教室。憧れの教師に呼び出された女子生徒…。

今回Spotlightでは、こんなドキドキなシチュエーションから始まり、最後には思わず「そんなにいいことが!?」と言ってしまう意外な展開を見せるアニメに注目してみました。

テッパンのイケメン教師が切り出した一言

胸キュンアニメにはテッパンの現実離れしたイケメン教師。大学受験を控えた女子生徒に、ある重大な真実を告げます。

「いいか、人間にはな…」

いきなり哲学的な!気になりますが、実はここまでの教師と生徒のやりとりはイントロにすぎません。

本題は『マンガでわかる「プラズマ乳酸菌」のチカラ —免疫の根本を強くする!?驚異の乳酸菌—』のほう。

本題はこちら

!!

急に何でしょうか。「プラズマ乳酸菌」って何でしょうか。イケメン教師はどこへ行ってしまったんでしょうか…。

いろいろと気になりますが、ともかく中身を見てみましょう。

「プラズマ乳酸菌」って…人間!?

放課後の教師と生徒という胸キュンシチュエーションから一転、めちゃくちゃデキる風の女性が登場。そして彼女こそが「プラズマ乳酸菌」だというのです。

どうやら、いま流行りの擬人化アニメのようです。人の体に有益な成分を擬人化し、そのはたらきを分かりやすく伝えたいのでしょう。

アニメの意図はわかりました。おとなしくイケメン教師のことは忘れて、ここからは本題をしっかり紹介してきます。

「プラズマ乳酸菌」の上司はとんでもないダメ上司

こちらがデキ女「プラズマ乳酸菌」さんの上司で、感染対策本部の隊長・免疫細胞「pDC」隊長。任務中に昼寝とは…とんでもないダメっぷり。

上司がこんなんだと部下が苦労するか、部下までサボりまくってチームが機能しないかは明らかですね。皆さんの中にも、こんなダメ上司にイライラしたり苦労したりしてる人がいるのでは?

同じく免疫細胞の部下からもこの言われよう。見てるほうもだんだんイライラしてきて「はたらけよ!」と言いたくなります。感染対策本部という人の体には重要極まりない組織の隊長がこんなにはたらかないなんて、アニメとわかっていながら本気で心配。何とかしてほしいとすら思ってしまいます。

ちなみに、このダメ上司の部下は最初に紹介した「プラズマ乳酸菌」さんのほかに3名。

1人だけコキ使われる「NK細胞」くん

金髪でチャラそうな彼は、異常な細胞を見つけたらそれを分解して排除するという重要なミッションの持ち主。見た目によらず硬派な役割を担っているわけですが、“普通の乳酸菌”だと「NK細胞」くんだけにしか命令しないので、かなり酷使されているのだそう。

威勢だけはいい「B細胞」くん

「このミサイル型抗体銃でウイルスをやっつけるのがオレの役目」と、パンクバンド的に威勢のいいことを言っているのは「B細胞」くん。

免疫界の腕利き侍「キラーT細胞」くん

寄らば斬らん!そんな腕利き侍のような「キラーT細胞」くん。ウイルスに感染した細胞だけを殺すのが仕事らしいです。

デキ女「プラズマ乳酸菌」さんは気づいてしまった

ヘタレ上司(pDC)が本来の仕事である免疫細胞への指示を怠っていること、つまり、「pDC」隊長自身が活性化していないことが組織怠慢の原因だと見破ってしまった「プラズマ乳酸菌」さん。

ダメ上司を一喝!

「活性化しなければいけないのは隊長である“あなた”だ!」この一喝はスカッとする!

有能な「プラズマ乳酸菌」で活性化!

有能な「プラズマ乳酸菌」さんの一喝で目を覚ました「pDC」隊長は、結果的にはたらくようになって一件落着だったわけですが、すでに名前は聞いたことがあって「プラズマ乳酸菌」って何だろう…と気になっていた人もいるのでは?

そんな人は、今回紹介したアニメを思い出しながら自分の中のヘタレpDC活性化を目的に摂取してみてると楽しいかもしれません。そうやってプラズマ乳酸菌でpDCを活性化すると“いいこと”があるかも。

最後にイケメン教師からメッセージが

デキ女「プラズマ乳酸菌」さんの一喝でヘタレ上司(pDC)が活性化し、3人の部下(NK細胞、B細胞、キラーT細胞)も見事に活性化。結果、私たちの体の中にある感染対策本部もしっかり機能してくれるという擬人化アニメ、いかがでしたか?

せっかくなので、イントロで登場したイケメン教師がエンディングで教えてくれた“いいこと”を動画でチェックしてみてください。風邪をひいている場合ではない受験生だけでなく、皆さんに“いいこと”がわかりますよ。

▼イケメン教師の告白をもう一度

出典 YouTube

声優:細谷佳正、高橋李依

免疫力を高めておきたいこれからの季節。アニメのように寝てばかりのダメ「pDC」隊長に「プラズマ乳酸菌」で喝を入れ、皆さんの体の中にある感染対策本部を活性化させてみませんか?

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス