記事提供:心身調律セラピスト岡田哲也のブログ

※2015年9月の記事に補足して再アップです。

アダルトチルドレンからの脱却は山登りに例えてもよくわかる。

以前こんな記事を書きました。

◇アダルトチルドレンからの脱却はスキーに例えるとよくわかる。

今回はまた別視点から、

【山登り】で、べきべきアダルトチルドレンから、本当の望む生き方へとシフトしていくプロセスを説明してみます。

◇山登り

義務感、自己犠牲、人のため、両親から言われたから、お金のため、社会的なステータス、思考停止、仕方なく…、

つらつら山(※辛い辛いの略)から、

ただやりたい、なんか好き、
無邪気、無動機、無目的、無意味、でも魂的に、身体的に満たされる、

ピンピン山へとルートを変えると決める。

これがまずアダルトチルドレンからの脱却の第一歩なんです。

で、その時に必ずさんざっぱら抵抗が出るんですよ。

自分の心の声の反映だったり、いわゆるお試しですね。

・『坂を登るのが疲れるのですが、これはピンピン山じゃないからですか?』

・『なかなか上手く登れません』

・『坂道が辛いから坂の無い山を探そうと思います』

・『高次元セミナー講師が【一瞬で変われる】と言ってたので、私も一瞬で山の頂上に着けると思うんですよ』

はい、まとめてお答えしましょう。

『山登りは疲れるに決まってんだろが!』

『どの山登ろうが坂道じゃいっ!』

『練習せいっ!』

『一瞬で頂上に着くのが目的じゃねえしっ!』

です。

言うまでも無いと思いますが言いますが、

坂道で感じる身体の感覚が、感情を感じる感覚とイコール。

ピンピン山の頂上が、思い描く理想の自分って感じです。

望まない山を登らされてようが、自分の好きな山登ってようが、あなたそりゃ身体は疲れますって!嫌なことをやらされてようが、好きなことをやってようが、怒りがあれば怒りは引き出されるし、寂しさがあれば寂しさが引き出されますって!

好きな山とはいえ、楽に登るためには身体の使い方とかコツがいるし、練習もいりますって!

ただそれだけです。


山を間違ったら?
登り直したらええがな。

それも体験。

そして、『で、ほんとはどうしたいの?』Amazonレビューにて、

『アダルトチルドレンからの解放』
とブログタイトルにあるのに、アダルトチルドレンについて書いてない。

と突っ込みをいただいたのですが、

アダルトチルドレンについて勉強するというのは、言うなれば、

望まない山の成り立ちを勉強したり、

コーヒーを味わってたらいいのに、コーヒー原産地うんちくを学んだり、

今寂しいだけなのに、理由探しに過去や過去世にまでトリップしたりするようなもの。

知識を学ぶことと感情を味わうこととは別ですし、あなたがアダルトチルドレンであろうが無かろうが、所詮それは呼び名です。

『アダルトチルドレンだから仕方ない』にならずに、

『アダルトチルドレンだけど、はじめの一歩を踏み出します』と宣言出来るといいですね。

※アダルトチルドレンについては良書がたくさんありますが、岡田尊司著『母という病』あたりがオススメです。

『で、ほんとはどうしたいの?』の先読みURLはこちらから

※第一幕の35ページが読めます!

【出版記念講演会@名古屋】

12月4日午後に名古屋にて開催決定!!!

小冊子プレゼントあります!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス