遺灰で食器?!

出典 https://twitter.com

アメリカ・ミューメキシコ州を拠点としたアーティスト、ジャスティン・クロー氏。彼のプロジェクトがびっくりするような内容で、世間を驚かせています。

そのプロジェクトとは、人間の遺灰を使って食器を作るというもの。

出典 https://www.theguardian.com

一見なんの変哲もないカップや食器類ではありますが、実はこれには遺灰が使われているのです。

クロー氏は、初めて遺灰で食器を作ったときのことをこう話します。

I wanted to create a dinnerware set that infuses a sense of mortality into everyday life

出典 https://www.theguardian.com

訳)私は日々の生活の中に、「死」という運命を取り込んだ食器を作りたかったんです。

なんともアーティストらしい思いつきだとは感じますが、「遺灰」を使う…ということは、抵抗がある人も多いのでは?

出典 https://www.theguardian.com

2015年にクロー氏は、200片の人骨を買い取りました。それらをつぶして細かいパウダー状に。それを陶器の材料の中(詳しくは釉薬(うわぐすり)に混ぜ込んで、お皿やカップ、ボウルなどを作り上げたのです。

アメリカだとさまざまな宗教がありますが、クロー氏はしきたりにとらわれないディナーパーティを催し、そこで遺灰から作られた食器類で料理を提供しました。

このプロジェクトは「Nourish(ノーリッシュ)」という名で知られていますが、もちろん賛否両論も。食器類を作る人骨を探しながら、ネットのコミュニティサイト上で食器類の販売も始めました。反応はすぐにありました。聖書を引用して罵倒されたり、捜査に入ると言われたこともあったとか。

出典 http://www.justincrowestudio.com

とても品のある優しいフォルムの食器類。静かな大人のパーティーに使えそうです。これがまさか遺灰から作られているとは…。

しかし、反対する者もいる中、クロー氏の友人関係の中からも、次から次へと、遺灰を陶器に混ぜて作ってもらいたいという依頼を受けるように…。

新しい「火葬」のかたち

Licensed by gettyimages ®

依頼を付ける内に、クロー氏は、これは新しいかたちの「火葬」ではないかと考えるようになったのです。

Integrating someone’s ashes into ceramics is a way of infusing their memory into everyday life. So you can have coffee every morning with the memories of your grandmother, or have a bowl on the table to spark stories at family dinners

出典 https://www.theguardian.com

訳)陶器の中に人の遺灰を混ぜ込むというのは、故人の想い出を生活に取り込むということ。毎朝コーヒーを飲むときに、亡きおばあさんを思い出すことができますし、家族とのディナーの際には、故人のお皿を使うことで、思い出話に花を咲かすこともできます。

出典 https://www.youtube.com

大人を一人火葬すると、1.8~2.7kgの灰ができます。しかしクロー氏が陶器のカップなどを作成するのに必要とする灰はわずか100g。

出典 https://www.youtube.com

完成すると「灰」は目では見えません。窯に入れると、灰は陶器の釉薬(うわぐすり)のガラス質中で溶けてしまいます。

出典 https://www.youtube.com

クロー氏は、$399(約¥41,100)で遺灰から釉薬(うわぐすり:素焼きの段階の陶磁器の表面に塗っておく薬品)を作り、$159~649(約¥16,300円~67,000円)で希望の陶器を作成するとのことです。

クロー氏いはく、人間の灰の成分は、陶芸の釉薬と同じく天然素材からできている…と。

These just happen to originate from a previously living person. It really puts into perspective that we are all just made of the same dust we walk on. It’s pretty beautiful.

出典 https://www.theguardian.com

訳)こういったことは、先人の知恵から始まっています。我々人間は、日々踏みしめる大地から作られていると考えると、とても美しいことじゃないですか…

このプロジェクトが大衆にどれだけ興味をもたれるかは、まだまだ分かりません。

遺灰の陶器を注文すると、灰採取キットが送られてきます。そのキット内に遺灰を入れて送り返します。会社側はそれを受け取ると作成を開始し、亡き人の遺灰でできた陶器が完成するのです。

クロー氏が設立した会社、「Chronicle Cremation Designs(クロニクル・クリメーション・デザイン)」が作成しています。

ウェブサイト: https://cremationdesigns.com/about-chronicle-cremation-designs/

それぞれどう考えるかが問題。

出典 https://www.youtube.com

故人の「遺灰」を使って陶器を作るというのは、考える角度が少しでも違ってしまうと、大批判となり、倫理的に…という問題に発展してしまいます。しかしクロー氏らメンバーの考える「故人を偲び、生活を共にしたい」という人々には、最高の品なのかもしれません。誰もが賛成するものではないので、もしも作ったのなら、故人と常に一緒にいたいという家族などのみで使用するのが最高なのだと思います。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

シロクマInTheSky このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナライターとして執筆しています。日々の生活に役立つ情報をどんどんネット配信していきたいと思います♪日本も含め、海外などあちこちに出没しています(笑)世界中のいろんな記事を書いていきたいと思います(^_-)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス