引退を示唆?人類が誇る超人、ウサイン・ボルト

ジャマイカ代表の陸上短距離選手ウサイン・ボルト。陸上に興味のない人であっても、誰もがその名を知るスーパーヒーローですよね。

100mで⒐58秒という驚異的な世界記録をもつ彼。オリンピックでは08年北京、12年ロンドン、16年リオで3大会連続3種目制覇(100m、200m、4×100mリレー)という、前代未聞の偉業を成し遂げたことでも知られています。

Licensed by gettyimages ®

どこで行われる試合であっても、彼が登場すれば客席は大歓声に沸き、もはやジャマイカ代表というよりも、”人類代表”といった人気を誇っていますよね。

かねてより示唆されていた”引退”

現在30歳のボルト。リオ五輪ではまだまだ他を寄せ付けない、相変わらずの最速っぷりを見せつけた彼ですが、かねてより今回のオリンピックが最後だと公言しており、今年いっぱいでの引退を示唆してきました。

リオ五輪のメダリスト会見でも、現役続行を望む多くの声に対してきっぱりと引退の意思を示しただけに、彼の決意は固いものと思われますよね。

実は「脊椎側わん症」という背骨が歪んでしまう持病を抱えている彼。それをカバーするような独自のフォームのせいで、繰り返す肉離れに悩まされていたのだそうです。

まだ正式な発表はありませんが、これまでの発言などから来年にも引退発表があるのではないかと言われています。

早くも注目を集める第二の人生

もはや人類の宝であるボルト選手。早くもその引退後の進路に注目が集まっています。

実は、とにかく運動神経抜群で、陸上競技にとどまらず様々な競技をこなしてしまう彼。多くのスポーツイベントに招待されることも多く、その度に驚くべき才能を見せつけ続けています。

五輪選手も顔負けの見事な”やり投げ”

出典 https://www.youtube.com

リオ五輪の際、競技開始前の会場で冗談めかしくやり投げに挑んだボルト。しかし、見事なフォームで放たれたやりは56mという驚異の飛距離を誇り、周囲を唖然とさせるという場面がありました。

女子やり投げのメダリスト記録が60m台ということを知れば、ボルトの”半端なさ”が良く分かると思います。

「ね?言ったでしょ」と見事なダンクシュートも!

北米バスケットリーグのNBAでゲストプレーを披露した際は、事前の宣言通り見事なダンクシュートを決めたボルト。周りの選手たちの表情からも「マジかよぉ…」という雰囲気が伝わってきますよね。
プロ選手を押しのけて、大活躍を見せつけていました。

その身長から繰り出すアタックは無敵!?

ビーチバレーにも挑戦したことがあるボルト。
素人とはいえども、196cmという長身から繰り出されるアタック…考えただけでも恐ろしい破壊力を持っていたことが容易に想像できますね。

紳士のスポーツ、クリケットもお手の物

紳士のスポーツとして知られるイギリス発祥のスポーツ、クリケットだって見事にこなしてみせるボルト。

野球のようにバットにボールを当てるクリケットは、他の球技よりも難しそうに思いますが、さすがは超人…いやいや、紳士ですね。
ちなみに、よく見るとボルト(左)は「9.58」という背番号をつけています。

スポーツだけじゃなかった、ボルトの才能!!

な、な、なんと!!
ピアノまで弾けちゃうというボルト。あの大きな体の指先が繊細に鍵盤をタッチするとは…もはやギャップ萌えが止まりませんね。

スポーツ万能なのはまだしも、ピアノまで弾けちゃうとは恐るべし才能です。

そんな彼が選ぶ、引退後の”転職先”は…?

数々のスポーツを巧みにこなしてしまう超人ボルトですが、彼が引退後に転向するのでは?と言われているのが…サッカー!!!

実は、陸上競技を始める前はサッカー少年だったというボルト。個人的にイギリスの名門チーム「マンチェスター・ユナイテッド」の大ファンであることを明かしており、本人も『引退後はサッカー選手に』と幾度となくインタビューで答えていることから、サッカー選手に転向するのが最も有力ではないかと見られています。

かつて、アルゼンチン代表セルヒオ・アグエロ選手とCMでコラボしたこともあるボルト。スピードが持ち味のセルヒオ選手ですらヘロヘロになってしまうほどの驚異のスピード感とボールさばきを見せつけていました。

出典 https://www.youtube.com

過去には、バスケットボール選手から野球選手へと転向したマイケル・ジョーダンや、サッカー選手からフィギュアスケート選手へ転向したイルハン・マンスズ選手など、他競技で活躍を見せたスーパー選手はちらほら。

サッカー経験
に加え、196cmという長身、さらには人類最速を誇る彼の足を活かせば、サッカー選手として活躍することも容易いことかもしれませんね。

あの名門クラブもボルトに興味津々?

そんなボルトには早くもサッカー界から熱い視線が注がれていて、英紙「ガーディアン」では、ボルトがドイツの名門ドルトムント」の練習に数日間参加する予定であることなどが報じられています。

Licensed by gettyimages ®

「ドルトムント」といえば、現在日本の香川真司選手も所属する超有名クラブ。香川選手との夢のコラボが実現される日もそう遠くないかもしれません。

サッカーでのジャマイカ代表もイケそう??

これまでにも自身がプロデュースしたサッカーボールを寄付するなど、未来のサッカー選手育成にも情熱を注いできたボルト。陸上競技のコーチになることは本人が望んでいないらしく、サッカー選手として第二の人生を歩み出すことが、いっそう現実味を帯びてきています。

現在、ジャマイカはFIFAランキング75位、出場したW杯も98年のフランス大会が最後と、あまり振るわない状況。そんな中、彼の登場で目覚ましい進化を遂げ、ゆくゆくはサッカー選手としてオリンピック出場!なんてゆう、とんでもない偉業をも成し遂げてくれるかもしれませんね。

彼の今後からはまだまだ目が離せません。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
愛する夫とのんびり妊活中♡
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス