■大いに盛り上がったアメリカ大統領選挙

大接戦の末、大方の予想を裏切りドナルド・トランプ氏の勝利に終わった、アメリカ大統領選挙。いまだその余韻は冷めず、毎日様々な関連ニュースがメディアを騒がせています。

このトランプ氏の勝利で、喜ぶ人悲しむ人は、アメリカ国内ならず多くの国や地域でいるかと思いますが、実は日本のある場所でも、この結果に嘆いている方々がいるらしいんです。

■その村というのが「長野県下伊那郡喬木村」

長野県の南部、下伊那(しもいな)郡にある喬木(たかぎ)村。

喬木村は、長野県の南部、飯田盆地を南流する天竜川の河岸段丘上に立地しています。
喬木村では、いちご狩り、松茸観光、りんごの樹オーナー園などの四季を通じて楽しめる観光や、湖と緑深い山々に囲まれた矢筈公園では、美しい自然や高原レジャー、キャンプなどを楽しむハイカーなどでにぎわっています。

特産品としては、400年の歴史を持つ阿島傘や、 現在では希少価値とも言える在来種の生芋だけを使った手作りの矢筈コンニャクがあります。

また、「大造じいさんとガン」などの作者である児童文学者の「椋鳩十」が生まれ育った村としても有名で、椋鳩十の人と作品をしのびながら歩く「ふれ愛散策路」では、椋文学の素朴な暖かさが感じられるでしょう。

出典 http://www.buratto-map.net

このようなのどかな雰囲気を持つ喬木村。なぜこの村が、クリントンvsトランプのアメリカ大統領選挙選挙の結果にガッカリしているか…。

その理由というのがこちら

喬木村が生産するブランド豚「くりん豚(とん)」の存在

出典 http://www.shinmai.co.jp

クリン豚を生産する知久隆文さんと、その豚さん達の写真

実は喬木村で生産されているブランド豚の名称が、ヒラリー・クリントン候補をイメージさせるような名前、「クリン豚」だったからなんです。

その名前の由来は、村の花「クリンソウ」

出典 https://wakasa15thfd.wordpress.com

リンソウ(九輪草)は、日本原産のサクラソウ科サクラソウ属の多年草。

くりん豚は同村の「知久養豚」が2010年から売り出した。生後4カ月で成育の良い豚を選び、イモとコメを配合した飼料と地下水を与えて育て、上品な脂身の甘さが特長だ。名前の由来は村の花「クリンソウ」。事業主の知久隆文さん(45)は「清らかな水で育ったクリーンなイメージも込めた」と話す。

出典 http://www.shinmai.co.jp

この様に、別にヒラリー・クリントン氏に乗っかったわけでもなんでもありませんが、たまたま同じ名前だったようです。ただ、このビックウェーブに乗らないわけには行かないと考えた同村のNPO「タカギ」は…

クリントン氏と読みが同じ縁を生かそうと、10月27日にケネディ駐日米大使に宛てて「(日米の)クリーンなつながり」の証しに、くりん豚丸々1頭分の精肉をクリントン氏に贈呈したい―との手紙を発送。同29日には米大使館から「大使に趣旨を伝える」と返答があった。クリントン氏が当選すれば「もう一度大使館にプッシュする」(たかぎの田中生輝事務局長)予定だ。

出典 http://www.shinmai.co.jp

選挙前から「クリン豚」の売り込みを開始。まずは、ケネディ駐日米大使に打診しており、この動きに対して、生産者の知久さんも…

「これからは積極的に売り込まないと生き残れない時代。(地元の応援する動きは)本当にありがたい」と感謝し、大統領選の結末を見守っている。

出典 http://www.shinmai.co.jp

この様にコメントされていましたが、残念ながらその願いは叶いませんでした。

■大統領選に絡んだプロモーションといえば…

オバマ当選時に盛り上がった、福井県小浜市

出典 http://www1.city.obama.fukui.jp

現オバマ大統領当選時に、同じ名前ということで盛り上がった福井県小浜市。

「ダジャレかよ!!」という声もありましたが、筆者も福井出身なので、この盛り上がりを喜ばしいような、恥ずかしいような不思議な気持ちで見ていたことを憶えています。

同市がオバマ氏を勝手に応援しはじめたのは、2008(平成20)年米大統領選までさかのぼる。06年に当時上院議員だったオバマ氏が来日した際、税関職員に「(福井県)小浜市出身です」と冗談を言った、とのエピソードがテレビで紹介されたことがきっかけだという。

「小浜の名前を世界に広めるチャンス」と、オバマ大統領を勝手に応援することで地域振興につなげる活動を展開。Tシャツなどの公認グッズ販売だけでなく、地元フラダンス教室のメンバーが中心になって「オバマ・ガール」ならぬ「おばまガールズ」(正木千賀子代表)も結成。こうした話題が次々に世界中へ発信された。

おばまガールズたちは、オバマ大統領の出身地・ハワイにも3度訪問し、11年にホノルルでAPEC首脳会議が行われた際には、現地でオバマ大統領の妹にダンスを披露。10年には当時のジョン・ルース駐日米大使の小浜市訪問も実現。こうした同会の活動に対し、オバマ大統領から礼状が届いたこともあったという。

出典 http://www.sankei.com

色々言われていましたが、間違いなくこの「勝手に応援運動」で小浜市の知名度が色々な意味で向上したのも事実。色々言われてもやったもん勝ちですね。

■そんな、ちょっとガッカリのクリン豚の生産者さんは…

嵐のような2日間が終わりました。マスコミという名の嵐…
世間的には、まさかまさかのトランプ大統領∑(O00O; )なんですかね…。

いろいろ企画していただいた方々には、企画倒れみたいな感じで、ちょっと残念ではありますが、改めて知名度はあがったかなと…。感謝感謝です(*^oo^*)アメリカではクリントンさんが負けちゃいましたが、日本のくりん豚ヾ(≧00≦)は、こんなことにへこたれず頑張りますよp(^00^)q先行き不透明な状況ではありますが、くりん豚を応援していただいている皆様!!これからもよろしくお願いします(;^00^A

出典 https://www.facebook.com

この様にコメント。たしかに残念ではありますが、きっとこの件で多少は知名度が上がったはず!

そんなクリン豚ですが…

▽ふるさと納税で御礼品として貰うことも出来ますよ!

出典 http://www.vill.takagi.nagano.jp

興味がある方は、ふるさと納税で喬木村を支援してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス