みなさんは、旅が好きですか?これまで何カ国ほど旅したことがありますか?初めて行ってみた場所が大のお気に入りになれば、同じ場所を毎回訪れるという人もいるでしょう。

筆者は40ン年生きていますが、これまで旅として訪れ、数日滞在したのはたった5カ国だけ。しかも全てヨーロッパ。あとは、飛行機の遅延で予期せぬ滞在になったものの市内をゆっくりと観光する時間がなかったり…といったケースです。

旅は世界を知る貴重な経験

Licensed by gettyimages ®

旅行が趣味という人も多いですよね。なんといっても旅は世界を知る貴重な経験となります。旅は人生の糧。旅をするために仕事をしてお金を稼いでいるという人も少なくありません。訪れた国が多ければ多いほど、様々な文化や習慣を肌で感じ、旅する人の心を豊かにしてくれることでしょう。

世界の国っていくつあるの?

Licensed by gettyimages ®

何を基準に考えるかで数が違ってくるということらしいのですが、国連加盟国として数えると世界は193カ国という答えになるそうです。

普通に生活をしていれば、きっと一生、ほとんどの国のことを知らずに終えてしまうだろう自分の人生…。でも人生は一回こっきり。だから旅をしてこれまで10カ国、15カ国を回ったという人に出会うと「わぁ、凄いね!」と感心してしまいますよね。

ところがここに、27歳にして既に180カ国以上を旅している女性がいます。アメリカに住むカッサンドラさんは、現在「初!世界中の国を訪れた女性」というギネス世界記録にチャレンジ中なのです。

旅を続けるエネルギッシュな美女、カッサンドラさん

健康的で笑顔が良く似合うカッサンドラさんは、この写真を見ているだけでエネルギッシュ感が伝わってきます。カッサンドラさんは現在181カ国を訪れており、国連加盟国以外(パレスチナ、台湾、コソボ)を含む世界中の196カ国を初めて旅しようとしている女性として注目されています。

これまで更新したパスポート

なにしろ181カ国ですからね!ビザや入国時のスタンプなどで、すぐにパスポートは余白無しになってしまうでしょう。2015年の7月以降、更新した数はご覧の通り。

世界記録となるか⁉

「最も早く世界を旅した初の女性旅行者」というギネス記録にチャレンジしているカッサンドラさんは、限られた時間の中で旅をしなければいけません。残り15カ国を40日以内に回り切らないとギネス世界記録として成立しないのだそう。40日しかないっていうのはかなりキツいでしょうね!

Instagramにはこれまでの旅の記録が

カッサンドラさんが入った写真もあれば、景色だけのものもあり、Instagramには相当な数の写真が投稿されています。どれを見てもまるで行ったかのような気分になれることが嬉しいし、全く雰囲気の異なる各国をあちこち旅するカッサンドラさんの体力にも感心させられます。

こちらはグアムの美しい海。こうした景色を見ていると「地球って美しいな」と思わずにいられません。

一枚一枚の写真がとても魅力的

異国の土地で撮る一枚一枚に、カッサンドラさんはどのような思いを寄せているのでしょうか。

ブラジルの大自然の中で深呼吸

死海で泳ぐ

ニュージーランドの山頂でヨガ

パラオの海でクラゲと記念撮影

カッサンドラさんの旅は「Expedition196」と呼ばれ、目的を持つ旅を意味します。というのも、カッサンドラさんは「The International Institute For Peace Through Tourism(観光を通じて平和を推進する国際機関)」と「スコール・インターナショナル」の平和大使として活動しており、今回の世界を巡る旅は、この機関の代表者として行われているのだそう。

ポストカードと同じ景色を見たこの瞬間って興奮しますよね!

普段、どんなお仕事しているの?

カッサンドラさんは、探検家であり、また環境保全の科学者という顔を持っています。科学者としてマイクロプラスチック汚染の調査のために、水のサンプル採取を行っているのだそう。学生の頃から世界中を旅したいという気持ちがあったというカッサンドラさん。それがこういう形で叶ったことをとても光栄に思っている様子。

プライベートでは旅に体力は必須ということで、ボクシングで体を鍛えています。時間があればエクササイズをしているというカッサンドラさんの鍛え抜かれた美ボディは、女性の目から見ても完璧!

これまで255便を利用した

乗り継いだりしなければいけない国もあるために、カッサンドラさんが2015年の7月から利用した便はなんと255便にものぼるそう。そして、これまでの旅費には2000万円以上かかっているのだとか。

こちらはポルトガルにて。平和の大使として世界中を巡るカッサンドラさんは、今、自分の夢をライフワークにできてとても充実した人生を送っていると言えますね。

自然に飲み込まれそうになる

こちらはアイスランドのブルーラグーン。あまりの美しさに息を飲んでしまいます。旅先での平均滞在日数は2日~5日間。「もっといたい!」と思った国もたくさんあったでしょうね。

動物との触れ合いも忘れずに

南アフリカではチーターとこんなに間近に触れ合ったそうです。

リヒテンシュタインでは牛とセルフィー。

幸せの国と呼ばれるブータンにて。カッサンドラさんはもちろん日本も訪れています。

旅をすることは「自分のルーツを知ることでもある」というカッサンドラさん。アメリカや日本、どの国でもそうですが、世界中のいろんな場所から人が寄り集まって文化を築き上げてきました。その民族や文化のルーツを辿ると、驚くべきことが判明したりするものです。「私の国籍はアメリカですが、祖先はヨーロッパ人なんです」というカッサンドラさん。

旅で見知らぬ土地を訪れて「もしかしたらここに自分の先祖がいたかもしれない」と思うことって不思議でしょうね。見知らぬ国なんだけれども、なんだか懐かしくなってしまうような不思議な体験をできるというのは人生でとても貴重ではないでしょうか。

カッサンドラさんの魅力的な世界の旅はInstagramで!

「カメラ無しではどこにも行きません」というカッサンドラさんがこれまでに撮影した様々な国の写真は、Instagramでたっぷりご覧いただけます。現在フォロワー数96,000人以上。あともう少しで終わるカッサンドラさんの魅力的な世界の旅、あなたもInstagramで追いかけてみては?

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス