鯛焼き
150円

鯛焼きの名店といえば、麻布十番の「浪花家総本店」が有名だ。極薄の生地にたっぷりのあんこが詰め込まれている、まさにここだけの味。しかしながら、鯛焼きの名店ならば「柳屋」(東京都中央区日本橋人形町2‐11‐3)を外すわけにはいかない。

・ヤミツキになる和スイーツ

ここの鯛焼きも極薄の生地で、たっぷりのあんこが詰め込まれている。しかし生地はモッチモチのふわふわで、食べれば弾力ある生地の食感を楽しむことができる。

パリパリ生地の「浪花家総本店」と食べ比べればすぐにわかる、その生地の違い。これもまた、ヤミツキになる和スイーツである。

・鯛焼きを一枚一枚焼く

この鯛焼きには、もうひとつ、非常に興味深いポイントがある。なんと、鯛焼きを一枚一枚、職人が丁寧に焼いているのである。

同時に焼く枚数は1枚。つまり大量生産は不可能で、一枚焼いては生地を流し込む「型」を拭き掃除し、そこに生地を流し込んで焼く。それを延々と繰り返すのである。

・いつも行列ができている

職人が一枚一枚に一気入魂して作っていることを考えると、とてもありがたい存在に思えてくる。

ちなみに、「柳屋」はいつも行列ができている。よって、ある程度は余裕を持って店を訪れたいもの。長いと30分以上待つこともあるので、そのつもりで出向こう。

柳屋
住所:東京都中央区日本橋人形町2‐11‐3
時間:12:30~18:00
休日:日祝

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス