TOKIOの国分太一さんの第1子となる女児が、10月31日に生まれたことを発表しました。自身が司会を務めるTBS系「ビビット」で生報告し、“子どもと一緒に成長していきたい”と語っています。そんな幸せいっぱいの国分さんですが、共演者からの評判がとても良いことでも有名なのです。

とくに「ビビット」で一緒にMCを務めている真矢ミキさんは、国分さんの人柄を大絶賛しています。これはいいパパになること間違いありません。共演者が語る、国分太一さんのいい人エピソードをまとめました。

真矢ミキさんは「あたたかい空気作る天才」と絶賛

出典 http://ameblo.jp

おめでとうございます。
こんなに結婚に向かれている方はいないと日々思っていました。

あたたかい空間をつくる天才。
奥さまは幸せものですね。

これから番組で既婚者話もお聞かせください。
楽しみにしています。

ハロウィンには夫婦でお菓子をプレゼント

出典 http://ameblo.jp

ハロウィンウィークな日々いかがお過ごしでしょうか。

渋谷凄いのでしょうね〜

実はこのお菓子、太一さんからのプレゼント(嬉!)

年々派手な行事になりつつあるハロウィン、今年は俯瞰で見ていようと大人ごころしてたので、、、

嬉しいプレゼントでした。

上の口の部分、革にアルファベット「 BOO! 」を刻印したのはお嫁さんだそうです。
(言っちゃった)

そんなこんなで、国分家の温かさに心地よい秋頂いてます。

アリガタヤ。アッタカイヤ。

自分で育てた野菜をおすそ分け

もったいなくて、こんなに調理する事に戸惑うとは,,,

昨日書かせて頂いた太一君からのカブ、いっぺんに使えなくて先ずはカブ3つを使ってお料理してみました。(ただしくは口でナビレシピ。友達が
切ってくれたのですが,,,とほほ)

じゃーん!(◎_◎;)(⌒-⌒; )

出来ました、カブとミョウガとおじゃこの和え物
薄切りにしたカブを小さじ1/2のお塩でもみ、しんなりしたら水分ぎゅーっと絞りましょう~
そこに

☆彡覚えておきたい和のドレッシング

☆米酢大さじ2
☆砂糖小さじ1
☆塩小さじ1
溶けたら
☆胡麻油1と1/2
を加えてよく混ぜる

カブとミョウガ、おじゃこをボールに入れて、このテストに出したい和のドレッシングを和えれば出来上がり
因みに私は
カブ3つ、ミョウガ2本、おじゃこ30gくらいです。
お好みで。
料理は愛情‼︎ってなつかしいなぁ~(わかる人にはわかる(笑))

あ~

美味しいな。
私の味付けと言うより、太一くんのかぶが本当に新鮮で美味しいです。
優しさが広がる食卓
何でしょう、今週は格別な週末です。

定期的におすそ分けしてくれている

出典 http://ameblo.jp

今日の朝食です。

テリーさんのお兄さんの玉子焼きに、
右上は、昨日友人から貰ったトマト。

手前のトマトは勿論
生産者『国分太一さん』。.:*:・'°☆

ご馳走さまでした。
皆でいただきました。

自分のモノマネされても優しく対応

出典 http://ameblo.jp

ご結婚おめでとうございます!

素敵な発表の仕方ですね。

ファンの方々へのプレゼントでご報告とは恐れ入りました

ますます尊敬致します(。´Д⊂)

初めてジャニーズの方の中でお仕事させていただいたのが
国分太一さんでした

7年近く前にぐるナイでの
フラガールズならぬフラボーイズの企画で

国分太一さんの代わりに誰が入るかをオーディションする内容でした

太一さんのネタをたくさんやらせてもらい
照れながら笑ってたのを覚えています。

そのあとも
TOKIOさんの番組に呼んでいただいた時に
『ジャガーズぅ』と手を振ってくれたり
優しく接して下さいました。

そんな
優しい太一さんだから
必ず温かい幸せな家庭になるんだろうと思います

これからも変わらず応援させていただきます

本当におめでとうございました‼

育てた野菜を差し入れたり、モノマネ芸人に神対応をしたりと、いい人すぎる国分太一さん。人気アイドルグループのメンバーなのに気取らず、親しみやすい。それこそが多くの人の心を掴んでいる理由なのかもしれません。忙しい仕事をこなしながらも、パパとして育児もしっかりと取り組む姿がイメージできます。

共演者のみなさんから、今度はどのような絶賛エピソードが聞けるのか楽しみですね。パパとなった国分太一さんの活躍にも期待しましょう!

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス