Licensed by gettyimages ®

師弟関係のひとつで、身の回りのお世話をしながら先輩芸能人から仕事の仕方を学び、基本的に給料はもらえない「付き人」という仕事。

そして、対外的な交渉や仕事のスケジュールの管理など、制作会社やテレビ局などを相手にマネージメントを行うマネージャーとはまた別で、ジミー大西さんが明石家さんまさんの付き人をしていたということは有名な話ですね。

Licensed by gettyimages ®

付き人をしている方たちは寝る暇もないほど大変な思いをしながらも、いつかデビューする日を夢見て耐え抜き、現在日本の芸能界で活躍している有名人の中には、かつて付き人をしていた経験を持つ人も少なくありません。

そこで、過去に「付き人」をしていた意外な有名人と、師匠とのエピソードをご紹介させていただきたいと思います。

■まずは俳優の皆さんから

加瀬亮→浅野忠信

出典 https://www.facebook.com

加瀬亮さんは浅野忠信さんに憧れ、彼の所属事務所に手紙と履歴書を送り、1998年に事務所入り。最初の1年は浅野さんの付き人として働いていたのは有名な話ですね。

でも、付き人を始めてすぐにこの人は参考にならないなと理解しました(笑)。なぜなら天性のものが備わった特別な人だからです、浅野さんは。ただ、たくさんの現場へ行かせてもらえたのはよかった。それと演技のことだけでなく、人とのコミュニケーションでも何でも、まず自分で考えることの大切さを浅野さんから学びました」

出典 https://tenshoku.mynavi.jp

加瀬さんは付き人を1年間経験した後、2000年に映画『五条霊戦記』でスクリーンデビュー。2007年にはブルーリボン賞主演男優賞に輝きました。浅野さんは修業を終えた加瀬さんに「これからは友人関係だ」と言いましたが、先にブレークしたのは加瀬さん。

そのことに対し、「アイツは生意気なやつですよ(笑)。僕はアイツが頑張ってるから救われた部分もある。でも、あんまりにも売れるから腹立っちゃって。最近はまた『お前は付き人だ!』と言ってます」と語ったことも。弟子の成長が嬉しいのでしょうね。

堤真一→真田広之

出典 http://www.siscompany.com

堤さんは、千葉真一さん主催のジャパンアクションクラブに所属した当時、真田広之さんの付き人をしていました。

日本テレビ系『火曜サプライズ』に出演した際には「どれほど努力してもキレられたことが何度かある」と当時のエピソードを明かしましたが、MCを務めるウエンツ瑛士さんの「今は共演することもあるのでは?」という問いに対し…

「とんでもない!広之さんとなんか絶対無理!今でも広之さんの前に出ると緊張して顔は引きつり、声は上擦り、自然と"付き人根性がでちゃう"」

出典日本テレビ系『火曜サプライズ』

今でも真田さんの前では緊張するそうで、付き人として苦労していた様子が目に浮かぶようですね…。

松平健→勝新太郎

出典 http://www.ken-matsudaira.com

バイトしながら芝居のレッスンを受けていた松平健さんは、21歳の時、勝新太郎さんから突然「京都に来い」と呼びだされてカメラテストを受け、「お前の目が気に入った。目は化粧できねぇからな」と言われ、勝さんの付き人となりました。

「ドラマ『座頭市』の制作発表で突然、勝が『松平!お前はオレだけ見ていればいいんだ!』とどなりつけた。実はあれは意図的に記者に松平の名を売り込むためにやった演出。実際、あの時、初めて松平健の名前を知った記者も多かったんです

出典 http://www.asagei.com

「オレのマネをしろ。タイプが違うからマネをしても大丈夫だ」と言うだけの日々が3年続き、この制作発表の一件のおかげもあり、松平さんは昼ドラ「人間の條件」で主人公を、「暴れん坊将軍」の主役に抜擢されたといいます。

勝さんの『17回忌を偲ぶ会』に参列した松平さんは、「お礼と感謝しかない。40年前にこの世界に入れていただいて『俺が矢を打つから後は自分の努力で飛んでいけ。努力しなかったら落ちるよ』と言われたことが心に残っている」と懐かしみました。

宇梶剛士→錦野旦、菅原文太

出典 http://vv.fm

17歳の時、関東最大の暴走族総長として2000人のトップに立った宇梶さんは、暴走族同士の抗争事件に巻き込まれて逮捕されて少年院へ。そこで映画や舞台の世界に憧れを持つようになります。退院後には母親の紹介で錦野旦さんの事務所で手伝いを始めました。

菅原さんの付き人になったのは、事務所のおつかいで藤映像コーポレーションに行ったところ、事務所に来ていた菅原さんの目に留まり「親父(菅原さん)はすぐ錦野さんの事務所に電話して「おたくのところのでかいの、もらっていいか」って」と、その経緯を明かしたことがあります。

「こんなにうろたえるのか、というぐらいうろたえちゃって……。あのときのしょんぼり感というか、空虚な感覚は、自分の想像を大きく超えたものでしたね。ほんとに親父に依存してたんだなと思いました。2、3年会ってないんですけど、会わなくても依存してたんですよね、心の中で

出典「週刊朝日」2015年2月20日号より抜粋

菅原さんの訃報を聞いた時には、その気持ちをこのように語りました。

■タレントや芸人さんでは…

有吉弘行→オール巨人

出典 http://www.ohtapro.co.jp

有吉さんはオール巨人さんに18歳で弟子入りしたものの、同時期に弟子入りしたもう一人と喧嘩してケガを負わせたため長期謹慎を言い渡され、そのまま上京。その後、お笑いコンビ猿岩石を結成し『進め!電波少年』(日本テレビ)でブレイクしました。

「巨人師匠のもとで修行していたのが8ヶ月、ヒッチハイクが6ヶ月、どっちかもう一回やるとしたらヒッチハイクを選ぶ。それくらい、当時の僕には厳しく感じられた。たまに師匠に会うと、気が引き締まる。短い期間で不義理もしたけど巨人師匠の弟子につかせてもらってよかった

出典関西テレビ・フジテレビ系「有吉弘行のダレトク!?」

お二人そろってテレビ番組に出演した際、有吉さんは感謝を語り、巨人さんは「テレビで観ながら応援はしていた。弟子は人から預かるものだから、自分の子どもだと思っている」とその親心を語りました。

所ジョージ→宇崎竜童

出典 http://www.bsfuji.tv

ダウン・タウン・ブギウギ・バンドのボーヤとして前座を務めていた時に出会った河原崎直彦プロデューサーが縁で、宇崎竜童さんと出会い、お小遣い稼ぎで勝手に宇崎さんのシールを作ってライブ会場で売ったりしていた所さん。芸名の「所ジョージ」という名は宇崎さんが命名。宇崎さんからは音楽の面でも高い評価を受けています。

くりぃむしちゅー→コント山口君と竹田君

出典 http://naturaleight.co.jp

師弟の出会いは1991年。山口弘和さんが代表を務めていた芸能プロダクションに芸人志望として二人が訪ねてきたのがきっかけ。ここから約1年、有田さんは山口さんの、上田さんは竹田高利さんの付き人となりました。

この二人の師匠は人柄が素晴らしく、身の回りの世話や送迎などの雑用は一切させず、アルバイトに奔走されないよう、最低限の生活ができるだけの給料も出したそうです。

「そんな時間があるなら映画やライブを見て感性を磨いてほしかった。落語のような伝承芸と違って、コントや漫才は古い感性を押しつけてもお客さんや視聴者にウケない。彼らはあくまでも自力で今のポジションを確立した」と語ったこともありました。

竹田によると、上田は竹田のことを先輩だとは思っていなかったと言う。当時、「山口君と竹田君」は月に一度ライブを開催していたが、その稽古中、竹田が山口から単純なダメ出しを何度も受ける。「上田はその様子を『こんなこともできないのかよ』という表情で見ていました。何しろ、将来の目標を尋ねたら『竹田さんみたいなコメディアンにはなりたくない』と答えたくらいのヤツですから(笑)」

出典 http://www.asagei.com

上田さん…(笑)。それでもボケ役とツッコミ役の変更だけは師匠たちのアドバイス通り、今のスタンスとなったそうです。

バナナマン→渡辺正行

出典 http://com.horipro.co.jp

お笑い芸人を目指し、父親の友人の紹介で、渡辺正行さんの付き人として芸能界に入った設楽さん。近所に引っ越して通い、日村さんは1か月間だけ、渡辺さん宅の地下に住んで付き人をされたそうです。

リーダーを朝起こしに家に行って、お風呂を準備して、その日の着る服を出して、荷物をまとめて。リーダー起きてお風呂入ったのを確認して車を家の前につけて…って感じ。そのうちに『からくりTV』に一緒に出る時、感動したんだよね。「ついに、ゲストで並んだぞ」っていうね。

出典TBSラジオ系「バナナマンのバナナムーンGOLD」2014年10月17日放送

1年間付き人をしていた師匠と肩を並べてゲスト出演。ラジオでは「感動した」と、日村さんと共に語っていました。

志村けん→加藤茶の付き人

出典 http://izawaoffice.jp

高校生の頃、いかりや長介さんの家に押しかけザ・ドリフターズの付き人ではなく「バンドボーイ」となり、加藤茶さんの付き人に。ですが、1年余りで脱走し、バーテンダーなどのアルバイトをすることとなります。

それでもやはり戻りたかった志村さん。いかりやさんには言いにくかったために加藤さんに頼んで口添えしてもらったところ、「2度も弟子入りするやつはよくよく好きなんだろう」と出戻りを許可され、その後再び加藤さんの付き人兼居候となりました。

当時志村は運転免許を持っていなかったため、無名の付き人だったにもかかわらず、当時国民的人気者の加藤が運転する車の助手席にふんぞりかえったまま帰宅し、加藤を差し置いて母親に晩御飯を用意してもらったり、先に風呂に入ったりという非常識っぷりを見せた。

出典 https://ja.wikipedia.org

さすが志村さんと言いたくなる付き人生活ですね~。その後は22歳の時にお笑いコンビ・マックボンボンを結成して芸能界デビューするも相方の失踪で自然消滅。ドリフターズの付き人に戻り、まずは「メンバー見習い」として加入し、さらに荒井注さんが脱退したのを機に正式にメンバーとなりました。この時、いかりやさんに志村さんを推薦したのは加藤さん。

Licensed by gettyimages ®

小さな雑用からせっせとこなしている姿は今では想像もできないような日本を代表する方ばかりでしたが、そんな苦労が実を結び、同じ舞台で肩を並べるまでになった時の感動は言葉では表せないほどのものがあるのでしょう。

皆さんの今後のご活躍にも期待します!

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス