世界160ヶ国以上で販売・愛されているエナジードリンク「Red Bull(レッドブル)」の公式YouTubeチャンネルがアップした…新感覚アクティビティ!

空中サーフィン

これが、いつも以上にブッ飛んだ、衝撃のアクティビティスポーツだったので紹介したいと思います。

フランスのプレアルプス山脈にあるマッシフ・デュ・ヴェルコルで行われた、常軌を逸したこの「空中サーフィン」。

なお、その遊び方は至ってシンプルでして、山と山の間にロープを渡し、その上にローラーを付けたサーフボードを設置。そして、ロープスライダーの如く、空中をサーフィンするという…どこまでもクレイジーな仕様となっています。

サーフボードを安定させる為、サーフボードの上、そして、下と、二人乗る必要性がある…この「空中サーフィン」。

上も怖いが、下も怖いという…高所恐怖症の方なら生き地獄のようなこのスポーツ。

ちなみに、高さは2000フィート(約610m)、また、最高スピードは45マイル(約72km)!

過去にこれほどまでにクレイジーなアクティビティ。存在したでしょうか?

「あっ!?落ちた!!!」

実はこのスポーツ。ベースジャンプの愛好家が考え出したモノなのだそうで

ベースジャンプとサーフィンを合わせたら最高じゃん!

という考えの下、生み出されたスポーツ。ですので、落ちても大丈夫なのですが…

あまりにも理解の範疇を超えた…この「空中サーフィン」。

彼らの求めるスリル。ゴールは一体、どこにあるのでしょうか。

落ちる前提とは言え、なんとも軽装なスタイルで、空中サーフィンを楽しむ彼ら。

コチラの方は、かなり気合が入った感じですが…

この方に至っては、完全に「空」を、「海」だと勘違いしている模様。(笑)

空をバックにテイクオフ!

では、クレイジーすぎると話題の、最新アクティビティ「空中サーフィン」。どうぞご覧下さい!

出典 YouTube

彼等には「怖い」という感覚はないのだろうか…。

空中サーフィンだけでは飽き足らず、今度は空中演奏会を開き、またも落ちていくパフォーマーたち。もはや彼らの辞書には「怖い」という文字は存在しないのでしょうね。

毎回、期待を完全に上回る…レッドブルの最新アクティビティ。次回も大いに期待したいですね!

コチラも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス