出典 https://twitter.com

今クール話題となっているドラマがクランクアップしました。11/10(木)に第7話が放送された「黒い十人の女」です。

「不倫です。みなさんが大好物の。(10股)」という過激なキャッチコピーが話題となっており、船越英一郎さん演じるドラマプロデューサーの風松吉は、奥さんがいるにも関わらず他にも9人の女性と不倫をしているという驚愕のストーリーなのです。

奥さん役の若村麻由美さんを筆頭に、水野美紀さん、成海璃子さん、トリンドル玲奈さん、佐藤仁美さん、佐野ひなこさん、MEGUMIさん、平山あやさん、白羽ゆりさん、ちすんさんと、美しい女性ばかりなので、羨ましい話ですよね。

木曜よる11:59~の深夜枠にも関わらず、面白いと話題のドラマとなっています。その人気の理由とは・・?

脚本はバカリズム!

原作は1961年に公開された映画で、市川崑監督がメガホンを取り、妻の和田夏十がオリジナル脚本を手掛けた名作となっています。この原作を、お笑いタレントであり、脚本家としても活躍しているバカリズムさんが描きました。

連続ドラマ初脚本作品となりましたが、バカリズムさんはテレビドラマの脚本を手掛け、面白いと話題の脚本家として知名度を上げているのです。

打ち上げショットを公開♪

水野美紀さんはTwitterで打ち上げショットを公開しています。ドラマの中では愛人同士数々のバトルを繰り広げらていますが、現場の雰囲気は良かったことが伺えますね。

愛人同士のバトルは清々しい程で、現場は笑いが絶えませんでした。こんなにやり甲斐があって面白い役はそうそうありません。各監督とのコラボも最高に刺激的でした。ラストまで見届けて欲しいです!

出典 http://dogatch.jp

数々のドラマに出演している水野さんも大絶賛の作品となったようです。バトルの行方を最終回まで見守りたいですね。

出演者からも人気♪

#黒い十人の女 打ち上げにて、脚本のバカリズムさんと✨ バカリズムさんの描くドラマが最高に楽しすぎた✨#黒い十人の女 #バカリズム さん#脚本#読んで面白くて演じてて面白くて出来上がって面白い作品#楽しかった#ありがとうございました#まだまだ作品は放送続くよ#来週もヤバすぎる回

出典 https://www.instagram.com

バカリズムさんの描くドラマは、出演している女優さんからも人気が高いです♪

最高! っとしか言いようがないですね。読んでいて楽しい、演じていて楽しい、出来上がって、観て楽しい! のオンパレードでした!

出典 http://dogatch.jp

嫌がらせのシーンも視聴者としてみるとお腹を抱えて笑ってしまうという平山さんも、演じても観ても楽しい最高の作品になったようです。

十人の女の関係は・・?

昨日は、ガラコンサートの稽古の後、黒い十人の女の打ち上げでした。
よく笑いました〜!
改めて、素敵な方々とご一緒出来たんだなぁと実感。
十人の女達が、同じテーブルだったんですが、日に日に団結力が増して来ていて(笑)
みんな、すっかり仲良し。

ドラマではライバルだった分、現場では団結力が深まりいい関係になれたようです。リアルに10又をかけられると心も苦しく辛い想いをしてしまうでしょうが、女優さんだからこそ、ONとOFFの切り替えを上手く出来ているのでしょうね。

印象に残っているのは、顔面真空跳び膝蹴りをしたシーンです。NGを出さないように2時間近く専門の方に教えて貰って挑みました。次の日筋肉痛になりましたし、自分は女優としてどこに向かっているんだろうと一瞬考えましたね(笑)

出典 http://dogatch.jp

体を張って撮影に挑んでいたという白羽さん。NGを出さないように努力も惜しまなかったという撮影エピソードには驚愕ですね。

不倫のドラマにもかかわらず、女優陣からは「最高だった」という声が溢れており、バカリズムさんの脚本だからこそ、素敵な作品を作り上げることが出来たようです。

バカリズムさんも嬉しそう♪

黒い十人の女打ち上げ。二次会からの参加。撮影現場のいろんな話が聞けて面白かった。みなさんには頭があがらない。

出典 https://www.instagram.com

美女に囲まれて、バカリズムさんもまんざらではなさそうですね。バカリズムさんの脚本家としての才能が多くの方に広まったのは、あるドラマの脚本がきっかけとなりました。

船越英一郎さんも絶賛!

昭和の天才脚本家と、平成の天才脚本家の奇跡の化学反応を楽しませてもらいました。記憶に残るドラマになったと思います。

出典 http://dogatch.jp

10人もの女性を虜にする役どころの船越さんも、バカリズムの脚本に「天才」と絶賛するほど、楽しい作品を作れたといいます。

素敵な選TAXI

2014年秋に放送され、今年の4月スペシャルが放送された、竹野内豊さん主演の素敵な選TAXIです。

2014年の放送時には初回視聴率が10.7%を記録し、放送日2日前に放送された宮藤官九郎脚本の「ごめんね青春!」の10.1%を超えたと注目を集めました。人気脚本家の宮藤官九郎さんを超えるほど、期待をされていたことに驚きですね!

脚本が面白くバカリズムのファンになったという方も多いです。

竹野内豊さんも「いちファン」と公言

バカリズムさん、あなたは天才です! これからますますいろんなことにチャレンジして、いろんな“枝分れ”をしていくバカリさんを、私もいちファンとして楽しみにしています。

出典 http://www.cinemacafe.net

竹野内豊さんも「天才」と大絶賛しています。俳優として様々な脚本を見てきている竹野内さんからのこの言葉は、最高の褒め言葉ではないでしょうか。

多彩なバカリズムさんの才能が輝いていますね。

続編を求める声も上がっています。

2014年の放送時の評判が良かったからこそ、スペシャル版が放送されたのでしょうし、今後も要望が多ければ続編も期待できるのではないでしょうか♪

脚本が引き付ける魅力とは?

女の心の声がリアルで面白いところも大きな魅力です。

テレビ局の内情もリアルに再現されているのは、バカリズムさんがお笑いタレントとしてテレビ出演をされてきた経験も生かされているのでしょう。

キャストも大物女優が多く、船越さんもハマり役だからこそ、余計にリアリティーが増して引き込まれてしまうのかもしれませんね。テンポも良くてドラマの世界に引き込まれる魅力があります。

バカリズムさんの魅力とは?

お笑いをちゃんとやってるからこそ、こういう脚本の仕事をやらせてもらえるわけで、お笑いをおろそかにしてると書く資格もないですから。「脚本・バカリズム」って名前が出ますけど、芸人としてある程度がんばってきたから、バカリズムという名前を認識してもらえる。

「あぁ、先生になっちゃったからね」みたいになるのが嫌なんです。両方、それぞれのプロとしてちゃんと評価されることをやりたいですね。

出典 http://natalie.mu

芸人としても脚本家としても、両方プロとして評価されたい、という常に前を向いている姿勢に謙虚さを感じられますし、人柄の良さが伝わってきます。

「素敵な選TAXI」も、「黒い十人の女」も、評判が高く、ますますバカリズムさんの脚本家としての評判は高くなっていますので、今後も脚本家としてますます活躍してくれることでしょう。バカリズムさんの活躍が楽しみですね。

まだ、バカリズムさん脚本のドラマを見たことがないという方は、「黒い十人の女」をチェックしてみてはいかがでしょうか♪

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス